コスモスイニシアの
不動産ソリューション

Cosmos Initia’s
Real Estate Solutions

カンタン
WEB相談

コスモスイニシアの不動産ソリューション

不動産投資

小額投資から始める不動産投資「REIT」「不動産小口化商品」「不動産クラウドファンディング」

 

不動産投資に興味はあるけれど、「不動産投資を始めたいが資金が…」と考える人は多いでしょう。また、リスクの大きさや運営の難しさなどに敷居が高いと思っている方も多いのではないでしょうか。

現在、そうしたニーズに応えるために、さまざまな少額からの不動産投資商品が登場しています。

 

そのなかでも代表的な、3つの少額不動産投資、「REIT(不動産投資信託)」「不動産小口化商品」「不動産クラウドファンディング」について紹介します。

いずれの少額不動産投資も「出資する」ことで、収益の一部が配当、分配される仕組みの不動産投資です。

文字通り、いずれも少額から購入できるものもあり、収入や職業を問わず、誰でも始めることができる投資だと言えるでしょう。また、1棟購入して自身で経営を行う場合と違い、不動産を実際に運用するのは、投資のプロですから、深い知識がない不動産投資初心者にとって始めやすい投資と言えるでしょう。

ただし、始めやすいと言っても、あくまで投資です。リスクのない投資は存在せず、少額不動産投資についても、商品の特徴や想定されるリスクを理解しておくことが大切です。

 

 

少額から投資可能で、リスク分散できる不動産投資信託(REIT)

最初に紹介するのは、本サイトの「REIT(リート)と不動産投資の違いは?メリットとデメリットを比較」でも解説している、不動産投資信託(REIT)という投資信託です。

REITは「Real Estate Investment Trust」の頭文字をとったもので、もともとアメリカで生まれた金融商品です。日本の不動産投資信託(REIT)はJ-REITと呼ばれ、投資家から集めた資金を元手に、専門家である投資法人が不動産投資を行い、そこから得られた収益を投資家に分配する仕組みです。

 

REITのメリットとリスクを下記にまとめていますが、大きなメリットは、少額から投資が可能で、手間がかからず、分散投資によってリスクも分散できる点です。また、リスクとして考えておかなければならないのは、比較的安定していると言われる実物不動産と異なり、市場の影響を受けやすいことでしょう。実際に、2020年のコロナ禍においては、大きく下落しました。


J-REITの購入法は大きく分けて以下の3種類があります。

【個別銘柄】証券会社を通じて、個別銘柄を売買

【J-REIT ETF】 複数の銘柄が組み合わされ、東証REIT指数、その他指数に価格が連動する仕組みの上場投資信託

【J-REIT ファンド】投資家から集めた資金を専門家(投資信託 の運用会社)が運用する商品

 

 

相続対策にも活用できる、不動産小口化商品

REITは不動産投資法人への出資ですが、「不動産小口化商品」は、実際に不動産のオーナーとなる権利(小口化された)を持つことができる投資商品です。小口に分割されていますので、何億円もする物件でも、小口化して100人で投資すれば、1人当たりの金額は100分の1になります。

事業者は、複数の投資家から出資された資金によって不動産を購入し、運用することで、生まれた収益を投資家の出資金額に応じて分配するという仕組みです。

REITと異なり、不動産の所有権も得ることができますから、相続税対策にもなる投資商品だと言えるでしょう。

また、REITは自分で出資対象の不動産を選ぶことはできませんが、不動産小口化商品は自分がこれと思った不動産を選択したうえで投資することができます。

 

不動産小口化商品のメリットとリスクをまとめておきましょう。最大のメリットは、一般の投資家が単独では購入できないような物件に投資できることでしょう。さらに、所有者はいわゆる管理業務を行う必要もなく、手間もかかりません。リスクとしては、融資を利用できないこと、すぐには解約できないことなどがあげられます。

 

不動産クラウドファンディング

不動産投資クラウドファンディングとは、インターネットを通じて投資家を集め、その資金によって不動産投資を行い、生まれたインカムゲインやキャピタルゲインを投資家に分配するという仕組みの投資商品です。まだ歴史は浅く、2019年に、不動産投資型クラウドファンディングに参入したい企業に関する条件が緩和され、これを機に増加しました。貸付型クラウドファンディングとも呼ばれるソーシャルレンディングに近い商品と言えそうです。

インターネットで完結することができるうえに、1万円程度から始めることができるので、手軽に行える投資です。

不動産クラウドファンディングを活用することで、少額の資金で不動産投資を始めることができますが、物件の所有権がなく途中で売却できない制約があることが多く、注意が必要です。

 

不動産クラウドファンディングは次のように、2つに分類することができますが、初期投資額や運用の方式が異なります。

不動産クラウドファンディングのメリット・リスクをまとめておきましょう。

不動産クラウドファンディングは、「匿名組合型」の場合、プロジェクトの成否によっては、想定利回りより分配金が下がるリスクもありますが、価格変動もなく、安定した配当が期待できる商品であると言えるでしょう。ただし、解約できない場合が多く、流動性が低いという欠点もあります。


*上記の内容は、「匿名組合型」の場合となります。

 

最後に、3つの少額不動産投資についてまとめておきます。

あくまで参考ですので、実際の投資は、十分に検討したうえで行うようにしてください。


構成:猪口真(株式会社パトス 代表取締役)

編集者 ビジネス書籍の編集・執筆、ビジネス雑誌・Webメディアへの寄稿、取材・調査による分析レポート、教育コンテンツ開発、映像制作ほか、マーケティング・コンサルティングまで行う。

この記事に関するオススメ記事