共用施設&デザイン|さっぽろ駅のマンション|イニシアグラン札幌イースト【公式】

エントランスホール完成予想CG

エントランスホール(2022年1月撮影)

セカンドライフを豊かにする
多彩な共用施設をご用意。

「イニシアグラン札幌イースト」の共用部には、9つの多彩な共用施設をしつらえました。
単なる“場所”の提供だけではなく、様々な趣味や特技、
それを存分に愉しめる工夫や、お披露目の“舞台”となるようなご提案もいたします。
同世代だからこそ話もはずみ、ますますお友だちの輪も広がって、
これからの人生をもっと豊かに、未来をよりあざやかに彩ります。

各階平面図

各階平面図

 image photo

image photo

1

多目的ルームA・B

体操教室や書道、ミーティングなど幅広い用途にご活用いただけます。

 image photo

image photo

4

ミュージックスタジオ

防音仕様なのでカラオケや楽器の演奏も存分に楽しめます。

 image photo

image photo

8

プレイルーム

仲間との交流を深め、脳のトレーニングにもなると人気の麻雀や将棋なども愉しめます。

 image photo

image photo

9

ゲストルーム

遠方からお越しのご家族やご友人に、気兼ねなくご宿泊いただけます。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

開放感と温もりが
穏やかに迎えるエントランス。

住まいの顔ともいえるエントランスホールは開放感あふれる二層吹き抜けの大空間に。
日々ときめきと豊かさを感じさせる場所として落ち着いたアースカラーの色調と上質な風合いに
こだわり選び抜いたタイルや天然石で優美に仕上げました。ホールの一画には皆さまの暮らしを見守るライフサポートデスクをご用意。
大らかな包容力と格調に満ちたこの空間を訪れるたびに心地よい会話と、そして安心感が生まれます。

エントランスホール完成予想CG

エントランスホール(2022年1月撮影)

マテリアル素材(2020年8月撮影)

マテリアル素材(2020年8月撮影)

日常に寄り添うコンシェルジュサービス

image photo

image photo

専任のライフサポートスタッフが常駐。いつでも直にお話を伺い“体温の感じられるサービス”できめ細やかに暮らしをサポートします。

カフェダイニング完成予想CG

カフェダイニング(2022年1月撮影)

食の楽しみは人生を根本からささえる。

日替わりのお夕食に舌鼓を打ちながら心と体を満たす毎日は、人生に彩りを添えます。
お食事を召し上がっていただくのは1階のカフェダイニング。
日中は読書をしたり、おしゃべりを楽しんだり、新しいおともだちを見つけたりと交流の場ともなります。
また、「食」をテーマにした様々なイベントを開催しご入居者さま同士のコミュニケーションを深め合う場ともなります。

季節を感じられる日替わりのお食事で自然に笑顔もこぼれます。

洋食の一例

洋食の一例

洋食の一例

洋食の一例

和食の一例

和食の一例

和食の一例

和食の一例

All image photos

※食事の提供は夕食のみとなり有償です。※サービス内容については計画段階のものであり、今後変更になる可能性がございます。

ホワイエ完成予想CG

ホワイエ(2022年1月撮影)

本に囲まれて暮らす幸せ。

各施設をつなぎ交流の場となるホワイエには、選書のプロが手がけるライブラリーを設置。
知的好奇心を刺激するとともに、読書を通じて人と人を結び新たな出会いをもたらします。
選び抜かれた魅力的な書籍に囲まれ、時を忘れて心ゆくまで本の世界に浸る贅沢を。

人と本がうまく出会える場所を国内外でプロデュース。

選書実績/札幌市図書・情報館

選書実績/札幌市図書・情報館

ブックディレクターの幅允孝を代表とする選書チーム。様々な場所でインタビューワークをベースにした選書やその差し出し方に留意したライブラリーの制作をしている。最近の仕事として、札幌市図書・情報館の立ち上げや、ロンドン、サンパウロ、ロサンゼルスのJAPAN HOUSEプロジェクトなど。2020年7月に開館した安藤忠雄建築の「こども本の森 中之島」ではクリエイティブ・ディレクションを担当した。

Book coordinator

photo:Kazuhiro Fujita

有限会社BACH(バッハ)代表
幅 允孝

ブックディレクター。人と本の距離を縮めるため、公共図書館や病院、動物園、学校、ホテル、オフィスなど様々な場所でライブラリーの制作をしている。近年は本をリソースにした企画・編集の仕事も多く手掛ける。 http://www.bach-inc.com

大浴場(女湯)完成予想CG

大浴場(女湯)(2022年1月撮影)

清潔感を重視したシンプルで研ぎ澄ませた空間。

たっぷりのお湯につかり、手足を伸ばしてリラックスできる大きな湯船。
大浴場では、毎日心地良い癒しとあたたかな交流のひとときが待っています。
お風呂の準備や掃除など日々の手間から解放されるだけではなくほぐれた心で自然と会話が弾み、
コミュニケーションが深まる場ともなります。

深みのある風合いと
シンプルな美しさを追求。

日々気持ちよくお使いいただくため、清潔感を第一に素材の風合いや色合いを吟味。心を和ませる優しいアースカラーの素材を中心に、浴槽部分には清らかな十和田石調のタイルを採用。無駄を削ぎ落し、洗練された飽きのこない意匠としました。

マテリアルイメージ

マテリアルイメージ

※掲載の外観完成予想CGは図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なる場合や、今後形状等が変更となる場合があります。植栽につきましては特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。外観の設備機器につきましては、表現上省略しております。また、敷地内のみを表現しており、敷地周辺については再現しておりません。 ※掲載の各完成予想CGは、図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なる場合があります。設備機器につきましては、表現上省略しております。家具・調度品等は実際とは異なる場合があります。植栽につきましては特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。