株主・投資家のみなさまへ

ごあいさつ

ごあいさつ

「Next GOOD」お客さまへ。社会へ。一歩先の発想で、一歩先の価値を。

(左)代表取締役会長 高木 嘉幸 (右)代表取締役社長 髙智 亮大朗

株主のみなさまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、1974年に創業し、10万戸を超える供給実績のある新築マンションをはじめ、新築一戸建やリノベーションマンションを供給するほか、投資用不動産の開発・再生、不動産賃貸管理、アパートメントホテルの開発・運営などへ業容の拡大を進めてまいりました。

当社は、さらなる⾶躍をめざし、新たなステージに向けて成⻑を加速させるため、2019年5月に新たなミッションと中⻑期経営方針を設定するとともに、新たなステージの第一歩となる「中期経営計画2021」を策定いたしました。

「中期経営計画2021」の中間年度である2021年3月期は、新型コロナウイルス感染症影響による宿泊事業の業績悪化等により、前期比減収・減益となりましたが、宿泊事業以外の事業セグメントにおける新型コロナウイルス感染症の影響が限定的であったこと、工事事業における受注が増加したこと等から、2020年11月公表の業績予想比で増収・増益となり、売上高1,073億円、営業利益24億円、経常利益22億円、親会社に帰属する当期純利益20億円を計上いたしました。
また、今回の業績及び今後の経営環境等を総合的に勘案し、当期の期末配当金は1株あたり7円といたしました。

新型コロナウイルス感染症の影響により働き方やライフスタイルの変化がさらに加速する中、ますます不動産の利活用に対するニーズが多様化しています。当社はMission(存在意義)として、『「Next GOOD」お客さまへ。社会へ。一歩先の発想で、一歩先の価値を。』 を掲げ、これらの変化と多様化にこたえる、一歩先の都市環境のプロデュースを進めてまいるとともに、社会的価値創出と事業創造・革新への挑戦を通じて、企業価値の向上と株主価値の創造に努めてまいります。

株主のみなさまにおかれましては、今後ともなお一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2021年6月
代表取締役会長 高木 嘉幸
代表取締役社長 髙智 亮大朗