• ホーム
  • 取組
  • 不動産デベロッパーのノウハウと実績を生かし、安定した収益性の高さにこだわった一棟の投資用不動産(再生)

持続のNext2017.09.14

社会課題 「既存建物の有効活用」に対して私たちが取り組んだこと

不動産デベロッパーのノウハウと実績を生かし、安定した収益性の高さにこだわった一棟の投資用不動産(再生)

リビング・ダイニング・多目的スペース(102号室)

「コスモリード学芸大学」※平成29年5月工事完了コスモスイニシアの投資用不動産(再生)の 一例をご紹介!! 平成29年7月1日 TBS放送の番組 王様のブランチ
「物件キャッツアイ」のコーナーでも紹介されました!!

物件紹介

「コスモリード学芸大学」は、築21年の「特優賃物件」を買い受け、コスモスイニシアが息を吹き込んだ物件です。
特優賃物件とは、「特定優良賃貸住宅」の略称で、民間の土地所有者が、国や地方自治体の補助金・住宅金融支援機構などの資金を利用し、建設した良質な賃貸住宅のことです。
「特優賃物件」は、国や地方自治体がご入居者さまに家賃補助を行うため、ご入居者さまにとって、安価で良質な住宅に住めるメリットがあります。ただ、その期間は竣工時より最長20年間までとなっており、期限を迎えた当マンションは、空室が多発することになりました。(※「特優賃物件」の条件・期限等については、各行政区によって異なる場合があります。)
そこで、コスモスイニシアがオーナーさまより当マンションを買い受け、共用部分のみならず、専有部分もリノベーションを施し、新たな賃貸住宅としてリーシングを開始した結果、多く空室があった当マンションは、高い収益と高稼働率の人気物件となりました。

  • キッチン(101号室)

  • キッチン・リビングダイニング・和室(101号室)

  • リビング・ダイニング・多目的スペース(102号室)

  • リビング・ダイニング・多目的スペース(301号室)

  • 洗面室(301号室)

  • 浴室(301号室)

  • 現地エントランスホール

  • 現地エントランス

  • 現地メール・宅配ボックス

  • 現地エントランスホール

  • 現地共用廊下

コスモスイニシアの投資用不動産(再生)の提供スキーム

  1. ①良質な不動産の選定

    不動産デベロッパーならではのビル・マンション等の開発や賃貸運営、売買仲介等の幅広いノウハウとネットワークをもとに、魅力のある不動産を取得します。

  2. ②品質管理・検査体制

    取得後は、遵法性を最優先に考え、コスモスイニシア一級建築士等の担当部門による建物の独自チェックだけでなく、第三者機関による客観的な検査とER作成を委託します。独自の調査や第三者機関によるERの結果に伴い、必要な是正・修繕工事を実施し、資産価値を長く保ちます。

  3. ③設計・デザイン

    40年以上にわたる新築分譲マンション事業で培った設計・デザイン力、住宅部門において15年連続グッドデザイン賞を受賞している実績や約30年の賃貸運営事業で培った収益改善ノウハウにより、投資家さまやご入居者さま・テナントさまに選ばれるよう、付加価値を与えます。

  4. ④アフターフォロー

    自社に賃貸事業部をもち、グループ企業内に建物管理会社も有しており、さらに、賃貸経営の課題や将来の売却も見すえ、ワンストップで解決する無料会員制のコンサルティングサービス「不動産健康診断サービス」もご提供でき、投資家さまにとってきめ細かなアフターフォロー体制も充実しています。

    ※首都圏における投資用不動産(再生)に限ります。

これらの提供スキームで完成した投資用不動産(再生)は、「RE:再生、ID:イニシアデザインとアイデンティティ」の意味を込めて主に次のブランド名で展開しています。

◆一棟再生賃貸マンション
「COSMOS REID(コスモリード)」

◆一棟再生賃貸ビル
「REID-C(リードシー)」

コスモスイニシアの投資用不動産(再生)の詳しい内容は、ホームページをご参照ください。

https://www.cigr.co.jp/biz/sale/cosmosreid/

コスモスイニシアでは、築年数にかかわらず選ばれる不動産に再生することにより、既存建物の活用を促進するとともに、投資家さまやご入居者さま・テナントさま、すべてのお客さまにとって嬉しい商品を提供してまいります。
今後も、企業として商品・サービスを通じて社会課題を解決するため、CSVビジョン『Next GOOD「よい暮らし」「よい社会」の、次のこたえを。』求める取組をお客さま・社会と共に創ってまいります。