トップ > 取り組み > 2014 > シーナリーキッチン、ウェルカムホール導入開始!

2014.5.1

シーナリーキッチン、ウェルカムホール導入開始!

居心地良く暮らしたい。
別々のことをしながらもお互いの存在を感じ取れる、程よい距離感を大切にしたい。
見栄えやデザインにもこだわりたい。

住まいに求める多様な価値感に響く住まいとは、平面的な間取り図面や、各部屋の帖数等の数字では測り得ない、これまでにない新たな発想の空間づくりが必要であるという考えのもと、これまでの効率性に加え、「どのように感じられるか・どのように過ごせるか」といった住まうことの本質的価値を追求した空間設計・プランニングを研究し、その第一弾として、今回の新キッチン・新玄関を提案致しました。

※新商品に対する社内アンケート(投票)調査

新発想の住空間設計 商品の特徴

SCENERY KITCHEN(シーナリーキッチン)
LDKの中心に美しく映え、家族の思い出をはぐくむキッチン

魅せる魅せる

家具のように魅せるキッチンデザイン

キッチンをステージに。キッチンの側面に通常の壁とは異なるアクセントを作り、つらなる空間の中で、家具のように映えるキッチンをしつらえています。

手元を隠す立ち上がり

キッチン前に立ち上がりを設け、LD側から見た時に手元の調理スペースを隠しています。 調理する姿も美しく見せるデザインです。

センターフード

機能的でありながら視覚的にも美しいレンジフード。コンロ前の壁が無く、 より一層LDKとのつながりを持たせ、開放感を高めています。

繋がる繋がる

閉鎖的になりがちなキッチンをLDの空間と自然につながるように配慮。コンロ前の壁を無くすことによって、空間全体の開放感を高めるとともに、キッチンを中心とした多彩なコミュニケーションを可能にします。

隠せる・使う・収める隠せる・使う・収める

「しまうものから考えた」収納の発想、料理の際の使いやすさを重視した機能面は、これまで同様に採用し、「ゆとりあるキッチンワークトップ」や「巾木スライド収納」など、「使いやすさ」を徹底追及した設備です。

WELCOME HALL(ウェルカムホール)
思わず自慢したくなる、ホールのような玄関空間

ゆとりある玄関空間を生む新発想

玄関空間単体で考えるのではなく、隣接する洋室との関係性から設計。使い勝手の限られていた洋室の一部を玄関側に用いることで、玄関幅を広げ、ゆとりあるホールのような玄関空間を実現しました。

新発想の住空間設計 今後の予定

「SCENERY KITCHEN(シーナリーキッチン)」「WELCOME HALL(ウェルカムホール)」は、『イニシア武蔵中原レジデンス(販売済)』、『イニシア押上レジデンス(販売済)』で導入を開始し、今後発売予定物件で随時展開してまいります。

トップ

2016年

2015年

2014年