• ホーム
  • 取組
  • 各種メディアに『イニシア西新井』がとりあげられました。分譲マンション初 東京都子育て支援住宅設計認定マンション

2017.03.16

各種メディアに『イニシア西新井』がとりあげられました。
分譲マンション初 東京都子育て支援住宅設計認定マンション

2017年2月23日『イニシア西新井』のモデルルームを一般のお客さまに先駆けてメディア向けに公開いたしました。
当日は多数の方にお越しいただき、多くのメディアに取り上げていただきました。

[TV]

TOKYO MX NEWS(2017.2.23)
http://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=46511557

[WEB専門 ニュースメディア]

フジテレビ マルチデバイスニュースチャンネル「ホウドウキョク」(2017.2.27)
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0008/chapters/27436

[記事掲載]

不動産流通研究所(2017.2.23)
http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=51028
フジサンケイビジネスアイ(2017.2.24)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170228/bsd1702280500001-n1.htm

週刊住宅新聞(2017.2.27)
他多数

※各リンク先の記事は予告なく削除される場合があります。

「東京都子育て支援住宅認定制度」において74項目※1の認定基準をクリア

※1必須項目、選択項目の合計

「東京都子育て支援住宅認定制度」とは、居住者の安全性や家事のしやすさなどに配慮された住宅で、かつ、子育てを支援する施設やサービスの提供など、子育てしやすい環境づくりのための取組みを行っている優良な住宅を東京都が認定する制度で、2016年2月に運用が開始されました。
本制度で認定を受けるためには、都が定める認定基準※2において必須項目60項目(木造建築物以外)すべてを採用し、選択項目も全31項目のうち12項目以上適合する必要があり、本物件は14項目適合しています。
基準範囲は住宅や立地などのハード面のみならず、子育て支援施策やサービスなどのソフト面も含まれます。

※2新築の場合

『イニシア西新井』は、こうした基準をクリアし2016年9月に分譲マンションとして初めて設計認定されました。
子どもにとって安心で快適な住まいは、大人にも心地よく暮らせる空間であると考えています。

「ウチ」と「ソト」を結び、コミュニティ形成もサポート

アウトドアメーカー「Snow Peak (スノーピーク)」とコラボレーションし、「楽しく備える防災」をコンセプトに、非常時にも活用できるアウトドアグッズを平常時から入居者の方にお使いいただけるサービスを提供いたします。
さらに、「HITOTOWA INC.」サポートによる子育て、防災のワークショップの開催を通してコミュニティづくりをサポートし、自助・共助の浸透を図る取り組みを行います。
当社では、多様化する生活スタイルに対応する空間づくりを進めており、企業として商品・サービスを通じて社会課題を解決するため、「よい暮らし」「よい社会」の次のこたえとなる取組をお客さま・社会と共に創ってまいります。

『イニシア西新井』(「東京都子育て支援住宅認定制度」設計認定)の 物件特長

子育てにやさしい居住空間を実現
専有部分

室内は、壁の面取り、ドアや引き戸の指はさみ防止、ベビーカー置き場、段差の解消など以下の図面に記載の設備基準にも適合しています。また、リビング・ダイニングと隣接する居室との間仕切りは、出し入れできるトールスライドウォールを設置し、家族の成長に合わせて間取りを変えられる柔軟な住まいを提案しています。

認定基準項目以外でも、使い勝手の良い仕様を採用しています。

室内物干し

バルコニーや浴室だけでなく、洗濯ものが多くなりがちなファミリーに便利

ファミリークロゼット

家族のドレスルームとして収納を集約。とりこんだ洗濯物の各部屋への分配の手間が省けます。また、ものをしまい込まない収納形状とすることで、季節の変わり目の家電の変更、衣替えをサポートします。

バルコニーフック

バルコニーにはグリーンカーテンや日よけシェードを掛けられるフックや、ハンギングプランターやランタンなどを掛けられる「ちょいかけの輪」を設置。バルコニーもリビングの一部のように家族で楽しめる空間としました。

浴室ドアのバスタオルかけを2本設置

ご家族の人数分を掛けられるよう、ユニットバス扉部のタオルかけを2本設置しました

イゴコチトイレ

コンセント付き手洗いカウンターや、ローシルエットトイレ、間接照明を採用しています。

共用部分

エントランスから連なる環境空地緑化など、潤いをもたらす共用部分は、以下の基準にも適合しています。

安全性・利便性に配慮した設計

・各戸から敷地外への段差の解消。共用ドア幅900㎜、共用廊下の幅員1,200㎜以上、エレベーターの出入り口800㎜を確保するなど、ベビーカー等の利用に配慮
・共用廊下の手すり高1,100㎜、屋上の手すり高1,800㎜など、転落防止の安全性に配慮
・宅配ボックス、ごみ集積場、子ども用駐輪スペースの設置など、子育ての利便性に配慮

コミュニティ形成を支援する共用空間

・自主管理歩道に並木を作りベンチを設置。植栽とベンチ、屋上に芝生敷きの共用テラス等、コミュニティ創出の場を設置。
・入居後にウェルカムパーティーとして入居者懇親会を開催。
イベント等の実施や地域情報を、掲示板を利用して共有できる機会を創出。

「Snow Peak」とコラボレーションし、“楽しく備える防災”をサポート

1階のmu.su.bi.ホール(エントランスホール)は、多彩な交流を生み出す共用空間として利用します。コミュニティ醸成の場となることに加え、ラウンジの壁面に設けた棚やベンチ下収納には、ご入居者にご使用いただけるアウトドア用品を備えます。キャンプやバーベキューなどの際に貸し出すほか、万一の防災備品としての役割も担います。

※商品は変更になる場合があります。

※掲載の完成予想CGは、図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なる場合があります。植栽につきましては特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。内観の設備機器につきましては、表現上省略しております。家具は移動できるもので、実際の設置場所は異なる場合があります。

「HITOTOWA INC.」サポートによる防災ワークショップの実施

「よき避難者ワークショップ」「ディフェンス・アクション」などのイベント開催を予定しています。ご入居者同士の交流を図りながら、家族で防災について学びます。また、HITOTOWAが厳選した災害・緊急時に備える防災用品等を設置します。ライフラインの復旧までの簡易トイレや応急措置用救急箱をはじめ、復旧作業を行うためのレスキュー工具セット、通信器具などを常時準備します。

アウトドアメーカー「Snow Peak」

1958年創業の総合アウトドアメーカー。
オートキャンプのパイオニアとして知られ、豊かなライフバリュー創造と共に「自然と人、人と人をつなぐ」コミュニティブランドとも称される。
コーポレートメッセージは“人生に、野遊びを。

「HITOTOWA INC.」

集合住宅を軸にした人々のつながりをつくることで都市の社会課題を解決するネイバーフッドデザイン事業をはじめ、CSR/CSVコンサルティング事業、ソーシャルフットボール事業を展開し、2015年度マニフェスト大賞 復興支援・防災減災 優秀賞を受賞。

イニシア西新井 モデルルーム(平成29年1月撮影)

イニシア西新井
4月上旬より事前案内会開催

イニシア西新井 公式サイトはこちら
https://www.cigr.co.jp/pj/shinchiku/A10073