紹介写真

竹内 琳加〈りんか〉

Rinka Takeuchi

出身大学/学部

北海道大学大学院/農学院

趣味/特技

誰かにハマる、本を読む、文房具比べ、散歩

これだけは人に負けないこと

愛嬌、睡眠優先度の高さ

学生のあいだにやってきたこと

「人」と関わる!

昔からお祭りが好きで、高校では毎年体育祭実行委員や文化祭実行委員をやってました!
大学でも「香川県人会」を立ち上げ学祭でボロ儲け、学生150人で24時間70kmを歩く「夜のピクニック」運営、ファーマーズマーケット「北大マルシェ」広報、あぐり大学などなど、、、気付けばイベント漬けの学生生活に。
ゼミでは道内各地に出向き、農家さんにヒアリング調査を実施。
バイトもコンサートスタッフ、居酒屋ホールスタッフ、塾のチューターなど。
…とにかく(時にビビりながらも)「人」と積極的に関わり続けた6年間でした!
あとは、よく寝ました。

コスモスイニシアと出会って

なぜコスモスイニシアに入社を決めたか

一番は「人」です。
どの社員さんとの面談でも、皆さんが正直に、本気で、数多いる就活生の中の一人である“私”に向き合ってくれました。また、全員が仕事を楽しみながら自らの想いを実現するための努力を重ねている様子がうかがえました。
コスモスの社員さんに会うたびに、自分の世界が広がっていくのを感じ、ワクワクしました!
この会社で成長したい、この会社の人たちと苦楽を共にしたいと心から思いました。

面談で言われて印象に残っている言葉

「オレがやめてでもお前をいれてやる!」

なぜその言葉が印象に残っているのか

最終面接の直前、それまで散々笑われ、怒られ、泣かされ、恋バナまで語り合った採用担当からの一言です。
「一就活生にそこまで言っていいんや!」という驚きと同時に、「自分が覚悟を決めたとき、ここまで言ってくれる人がいる。じゃあ私も本当に、本気で、腹をくくるしかないな」と決断するきっかけになりました。
これからも弱気になるたびにこの言葉を思い出すと思います。
大事な宝物です。

これからの自分について

将来どんな自分になりたいか

私はずっと人生を楽しんでいたいし、周囲にもそう思ってほしいです。
そのために「目標への努力を怠らず、圧倒的実力があり、かつそれをアピールせず、太陽のように周囲を明るく照らせる人」になりたいです。
自分のやったことが誰かを少しでもハッピーにして、ついでに「りんかに会えてよかった!」とか言われちゃったら、、、もう、最高だなぁと思います。
大好きなアイドルくらいの規模感でそれを実現するのが私の夢です。

残りの学生生活でやりきりたいこと

美しい修論。牛の直検。ハワイ旅行。大きい雪だるま。農作業。ダイエット。北のグルメ満喫。瀬戸内の島めぐり。バイオリン再開。
やりたいことぜーんぶやって、気持ちよく社会人になる!

アルバム写真

就活生へメッセージ!

私にとっての就活は、「旧帝大だから…」「周りはこうだから…」などと勝手に作り上げてきた殻を少しずつ破り、自分の本当の気持ちと向き合う作業でした。
過去を振り返り、将来像を描き、夢を叶えるための環境を本気で探そうとしたとき、就活は絶対楽しくなるし、どんな人も必ず良い出会いに恵まれると信じています。
思っているよりずーっと、世界は広くて自由です。 焦らず、素直に!