紹介写真

髙橋 実冬〈みふゆ〉

Mifuyu Takahashi

出身大学/学部

立命館大学/政策科学部

趣味/特技

バレーボール、サイクリング、体内時計の正確さ

これだけは人に負けないこと

ボディランゲージの豊富さ、まっすぐさ

学生のあいだにやってきたこと

バレーボール。そして色々。。。

大学ではバレーボールサークルに所属し、大好きなバレーボールと大好きな仲間とたくさんの思い出をつくりました。
関西最大級の修雄杯という大会で優勝し続けるために「チームとは」を考え続け、全力で汗を流した練習の日々や、運営する幹部時代では先輩から受け継いできた大切な居場所を繋ぐためにどうすべきか仲間と夜中まで話し合った日々はすべて濃い時間でした。
そして自分の興味のあることにもっぱら手を出してました(笑)
サイクリング、登山、ボランティア、常に3つ掛け持ちスタイルのアルバイト、カフェ巡り、一人旅など!やりたいとおもったら即行動!で過ごしてました。

コスモスイニシアと出会って

なぜコスモスイニシアに入社を決めたか

一番、自分の心に正直でいられる環境だと思ったからです。
面談を通して、自分の弱さも含めすべてをさらけ出してもなお、真摯に受けとめてくださる人がたくさんいました。
そんな場所だからこそ、これからも自分としっかり向き合い続け、なりたい自分に近づくことができると感じました。
また、今まで自分が大切にしてきた【想いを伝え、共有すること】【ジブンゴトと捉え行動すること】をここでも大切にしていけると確信が持てたからです。

面談で言われて印象に残っている言葉

「みふゆはどんな時に幸せなの?」

なぜその言葉が印象に残っているのか

将来やりたいことが明確になかった私は、コスモスイニシアの社員さんたちと面談を重ねていくにつれて、憧れとともに、焦りを感じていました。
「なりたい姿」を必死に探し、追い求めるあまり、「なぜ働くのか」という本質的なものを忘れていた時に投げかけられた一言です。
自分の人生は自分が幸せになるためにつくっていくものであり、「大切にしたいもの」を大切にする、これが「自分の在り方」であり、自分にとっての幸せだということを気づかせてくれました。

これからの自分について

将来どんな自分になりたいか

「強く、優しい人になりたい。」
自分も周りの人も大切にし、幸せをつなげられる人になりたいです。
そのために、たくさんの人の「想い」に触れ、たくさんの「経験」をしていきたいです。

残りの学生生活でやりきりたいこと

バレーは最後までやり切る!
学生でしかできないことをする!
何事にも自分の熱量を思いっきり注いで全力で取り組む!当たり前のことに感謝は忘れず、毎日を笑顔で過ごす!

アルバム写真

就活生へメッセージ!

とことん自分と闘ってください。そしてたくさんの人と本音で語ってください。就活は人生の大きな分岐点になると思います。自分次第で大きく変わります。だからこそ自分に嘘はつかないこと!そして、一人でしないこと!人と話すことで、新たな気づきが得られると思います!そんなすばらしい機会を楽しんでほしいです!