○○部 ○○課  安田賢弘(20○○年入社)
○○部 ○○課  安田賢弘(20○○年入社)

人生スタンプラリー

「人と違う」ということ。なんとなく嬉しいと感じませんか?
僕自身「変わってるね」と言われることがすごく好きなんです (笑)。「なんでそんなことしてるの?」と聞かれることもよくあります。ふと思いついたことはすぐにやってみないと気が済まない性分なので、そんな行動からも変わってると思われます。

普通は「寒い季節になったから温泉に入りたいね」となるかもしれませんが、昨年真夏の灼熱地獄の中、突然思い立ち温泉に入りたいと箱根まで自転車で行ってきました。その距離往復200㎞。自転車は見た目のオシャレさのみで判断したものなのでギアもなく、35度を超える炎天下に耐えながらの箱根路はさすがに無理がありましたが、走りきった後の温泉は格別の至福がありました。
年末は最近話題の“インスタ映え”を狙いたくて、カメラ片手に2週間一人でロサンゼルスに行ってきました。目的はただただ映えている写真を撮るだけです (笑)
そしてついこの間は、ふと餃子が食べたくなって宇都宮まで原付で5時間。滞在時間はわずか30分程でしたが、目的を果たして大満足。
他にもフルマラソンに挑戦してみたり、週末の仕事終わりで富士山頂を目指したり。

やりたいことはすぐやってみないとなんだかもったいない気がしてしまうんです。思うに、人生の中で自分だけのスタンプラリーをしている感覚かもしれません。
何歳になっても自分のやりたいことをやりたいようにやっていきたい。ちょっと変わっている自分ですが「人と違う自分だけの存在」って、なんだかかっこよくないですか??

「安田さんに任せたい」

入社してから2年3ヶ月、企画開発本部で働いていました。不動産デベロッパーならではの、事業を企画するために土地を仕込むという仕事です。

一案件に携わる関係者が本当にたくさんおり、当時23歳の自分に対して、設計事務所さん、ゼネコンさん、仲介会社さんなど、全員僕の2周りも歳の離れた方たちばかりでした。その皆さんと共に、右も左もわからない新人がうまく立ち振舞えるはずもがありません。当然悪戦苦闘の日々となり、自分の思い通りにはまったくいきませんでした。
ただ、その中でも少しずつ知識をつけ、足繁く仲介会社さんに通い、コミュニケーションを大切にすることで、自分の拙い意見に耳を傾けてくれる人たちが増えてきました。
2年目となった秋、「これまで色々と頑張って頂いたので是非この物件を安田さんに任せたい」と言って頂けるまでに。なんと6億円ほどの物件の成約となりました!

やはりプライベートであれ、仕事であれ、どんな場所でも自分らしくいたいと思っています。それも、ただわがままにやりたいことを突き通すのではなく、誰もが納得し、多くの人に喜びを与え、その仕事の姿勢を背中で語れるようなかっこいい自分。そのためには、圧倒的な力が必要だし、自分には妥協しない強い精神力が必要です。自分で自分を誇れるように、これからも日々精進です!

心の底から自分が納得いくまで悩んだことってありますか?
就職活動は自分の人生を振り返り、今後の人生を考える絶好の機会だと思います。楽しかったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと、振り返ってみたら自分が大切にしていることやこれからも絶対に譲れないことが見えてくるのではないでしょうか。
就職活動は周りの動きや視線を気にしがちです。でもそんな周りに左右されるのでなく、自分自身で進みたい道に正直に進む。そんな決断のちょっとした手助けを一緒にできればいいと思っています!

エントリーはこちらから

PAGE TOP