考える事はただ1つ。
「かっこいい」生き方とはなにか?

これまでの自分の人生を振り返ったとき、譲れない価値観としてあるのが「かっこよく生きているか」ということ。その時々に応じて自分が自分らしく居られているか、他人に影響を与えられているか、は常に考えていることですね。こうした自分の中の美学みたいなものは学生の頃には確立していたと思います。子供でも大人でも、勉強でもスポーツでも、シーンを選ばず日々高みを目指して努力しているのは、自分の「かっこよく生きたい」という価値観が原動力ですね。男として生まれてきた以上、かっこ良く在りたい、できればモテたいと思うものじゃないですか(笑)。現在は結婚して、子供が生まれて父親になりましたけど、それでも同性・異性問わず誰からも常に憧れられるような男で居たいと日々思い体現しています。

生意気でもナルシストでもいい。
大切なのは自分の軸をぶらさないこと。

自分の人生をかけた目標は「いつもかっこいい状態でいたい」ということ。それは仕事をする上でも当然変わりません。 では“かっこいい”とは何か──自分の中で決めているのは9つ。①成功するまで諦めない ②期待以上の結果を出す ③安パイな選択でなく自分らしい選択をする ④止まらず成長し続ける ⑤きちんと責任を果たす ⑥自分に自信をもつ ⑦周囲に驚きと新価値をもたらす ⑧遊びでも全力で輝く ⑨苦しい時でも常に楽しむ この9つの軸に沿って進む道を決めています。これによりお陰様で4年目と6年目に全社表彰、5年目に部門賞をいただくことができました。チーム一丸となって獲れたとても意義のある賞となりました。かっこいい状態であり続けたら、賞という形で結果がついてきた、というところでしょうか。さらに7年目で栄えあるグッドデザイン賞を受賞。この賞をいただいたことで、また自分の中でひとつの指針ができ、次へのステップへとシフトする大きな弾みになったように思います。表面的な部分だけでなく、時に熱く、時に冷静に、自分の軸をぶらさず生きている人が本当にかっこいいと私は思います。少しぐらい生意気だっていいし、ナルシストだっていい。自分という人間の価値を活かせる人と一緒にこれからも生きていきたいです。

エントリーはこちらから

PAGE TOP