コスモスイニシア採用情報

髙田 美樹

中途・ SP職

髙田 美樹Miki Takada

Profile

レジデンシャル本部流通事業部流通一部一課 渋谷青山営業所
2015年中途入社

INTERVIEW
お客さまとの信頼関係が何よりのやりがい
女性ならではの感性が活かせる場面も多くあります

髙田 美樹

コスモスイニシアに入社した理由を教えてください
前職は、金の製錬会社で営業を担当していました。営業職を志望してその仕事を選んだのですが、金という商材は相場に左右されやすく、「頑張りたい」と思っても相場が低いからなかなか実績に繋がらないなど、難しさを感じていました。そこで、「自分が取り組んだ分だけの結果を得られる仕事がしたい!」と思ったのが転職をするきっかけです。 実は、当初視野に入れていたのは、商社や貿易会社でした。商品を仲介する仕事のかっこよさに魅力を感じていたのですが、コスモスイニシアの面接の際に、担当の方から「人と人との間に立って物件を仲介するこの仕事は貿易やトレードと似てるんじゃない?」と言われたときに、「はっ、確かに!」と気づきがあったんです。その方とのお話のなかで具体的に働くイメージを掴めたことが、入社の決め手でした。

今の仕事について教えてください
中古物件の売買仲介やリノベーション物件の販売に携わっています。物件を売りたい人と買いたい人とを繋げたり、自社で購入した物件をリノベーションして販売する仕事です。入社直後は不動産の知識がほとんどなく、目の前の仕事をこなすので精一杯でした。2年目を超えたあたりから、「私は今、周りから何を求められているのだろう?」と考える余裕が出てきて、この場所・立ち位置ですべきことを意識できるようになりました。周りが見えるようになったことで、ようやく結果もついてきはじめたかなと感じています。

髙田 美樹

髙田 美樹

ご自身の仕事の面白さ・醍醐味を教えてください
当社への志望理由から変わらず、物件という大きな商材を扱い、売りたいお客さまと買いたいお客さまとをつなげられることにやりがいを感じています。特に物件を売りたい方は、人生の節目にあたって決してポジティブではない理由を抱えていらっしゃることもありますが、そんなことも信頼してお話しいただき、「あなたにお願いしてよかった」と言ってもらえることがあると本当に嬉しいですね。 また、買いたい方にとって、不動産は価格面だけを見ると高いと感じることがあります。そこで、主婦の皆さんなど生活者の目線に立ち、物件の持つアピールポイントを具体的に伝えると共感していただけることもあり、女性ならではの感性を活かせる場面も多く感じています。

コスモスイニシアの好きなところは?
私が勤務している営業所は、メンバー10人のうち女性が8人と、女性が半数以上を占める職場なんです。そのなかには結婚や出産を経験しているメンバーもいて、多様な働き方を間近で見ることができる環境を貴重に感じています。「実際、共働きでの結婚生活はどうですか?」といったように気軽に相談できることも心強く、将来的にずっと仕事を続けていく上での安心感にもつながっていますね。休日にはみんなで遊びに行くこともあるくらいメンバー同士の関係も密で、そのアットホームな雰囲気も気に入っています。

髙田 美樹

髙田 美樹

今後のビジョンを教えてください
不動産営業のプロとして成長していくために、不動産の知識をもっと広げて、営業としての経験値も上げていきたいと思っています。そして、いずれはみんなを引っ張っていく立場になっていけたらいいなと。自分が経験した失敗や成功の体験を共有して、メンバーみんなの今後の仕事に役立つような環境づくりに励みたいです。また、営業は現場の声を聞くことができるという特権を持っています。現場でお客様からいただいたご意見などを、自ら営業所だけでなく社内全体にフィードバックして、建築などの部門にも展開していきたいなと思います。