コスモスイニシア採用情報

坂本 裕太

新卒・ 総合職

坂本 裕太Yuta Sakamoto

Profile

賃貸事業部 賃貸運営一部二課
2013年新卒入社

INTERVIEW
賃貸物件の資産価値を高め、
オーナーさまからの信頼を勝ち取る

坂本 裕太

コスモスイニシアに入社した理由を教えてください
高校を卒業してからずっと株式投資をやっていて、就職活動中もその視点はかなり意識していました。当初はそのころ株式投資の市場でも特に華々しいイメージがあった総合商社の選考を受け、内定ももらっていました。でも、そのときに気づいたんです。大企業だと、裁量権を持てるようになるまで20年くらいかかるな、と。そこでもう一度就職活動をやり直しているときに、大学の同期から「おもしろい会社があるよ」と勧められたのがコスモスイニシアでした。

実際に入社してからはどんな印象を受けましたか?
最初の配属先は、個人のお客様を相手に売買仲介を行う流通事業部でした。そこで不動産の購入過程の資金手配や登記手配を一通り勉強できたのですが、投資の経験を活かしてオーナーさまの資産価値を最大化することで価値提供する、ということに取り組める部署で仕事をしたいと思い、ソリューション事業部に異動希望を出しました。周りからは「珍しいやつだ」と言われましたね(笑)。若手のうちからそういう希望も伝えやすい会社であることは、魅力のひとつではないかと思います。

坂本 裕太

坂本 裕太

現在の詳しいお仕事の内容について教えてください
私が所属している賃貸事業部は、オーナーさまが所有しているマンションのお部屋を当社で賃借して管理し、それを他の入居者の方に転貸することでオーナーさまに保証賃料を還元するという「サブリース事業」を行っています。その中で私は、オーナーさまから管理の受託をしている賃貸マンションの管理・運営が主な仕事です。とはいえ管理業務にとどまらず、オーナーさまの物件保有の目的に照らし合わせて、アセット(資産)マネジメントも行っています。例えば、私たちが借りたお部屋の転貸料を引き上げることができれば、当然資産としての価値も高まるわけです。ただ管理するだけではなく、「物件の資産価値を高める」というところがオーナーさまにとって重要だと考えています。

コスモスイニシアならではの事業の強みを教えてください
当社の最大の強みはオーナーさまのあらゆるお悩み・ニーズに対してご提案ができることですね。それは、さまざまな事業を展開していることや、お客さまにとことん向き合う姿勢を大切にしているからこそだと思います。例えば、オーナーさまの中には相続税対策のために物件を保有していらっしゃる方もおり、その方にとっては「高い賃料で転貸できる」「空室率が少ない」ということも大切ですが「相続税の支払いを適切かつ、いかに低く抑えるか」が最も重要だったりするわけです。そうしたご相談に対して「私たちは不動産会社なのでわかりません」ではなく、弁護士や税理士といった専門家の方に話を聞いてわかりやすくお伝えしたり、最終的には別の部署に協力してもらって物件の売買のご案内をしたり……。管理から売却までをワンストップでご提案できるので、オーナーさまからも「コスモスイニシアに相談すれば必ず何か答えをくれる」と信頼してもらえています。

坂本 裕太

坂本 裕太

今、お仕事をするうえでいちばん大切にしていることを教えてください
オーナーさまとの関係づくりが大切な仕事です。真面目な話題であれば、MBAの資格を持っていらっしゃる方とも対等に議論ができるように、不動産のトレンドを勉強したり積極的に新しい知識を仕入れたりすることはもちろんですし、くだけた話であれば、どの年代の方とも渡り合えるくらいのトーク力を身につける。オーナーさまに信頼してもらえるよう、そのふたつは肝に命じています。