Yさんファミリーの家探し

購入決意まで約1ヶ月半

9

家探し開始・資料請求

最初は即購入は考えておらず、茨木・吹田・豊中エリアの戸建の相場やトレンドを知るために資料請求を開始。

10

モデルハウス見学

「グランフォーラム桃山台」の他に3物件を見学。開放感のある街並みで、空が広い同物件に好感を抱く。

購入を決意

実際の街並みや、建物を見て検討でき多彩な間取りから選べるところに心惹かれ、購入を決意。

11

申込み

間取り選びに2週間迷い、家族で話し合った後、家族の希望にピッタリな間取りを選択。

まずは希望エリアの戸建の相場感や物件トレンドを知るために、
資料請求から物件見学へ

夫は転勤が多く、定住したい気持ちはあるものの、戸建購入に踏み切れずにいました。将来子ども達が結婚して、家族と実家へ帰省するには、今のマンションだとやはり手狭。購入は先でいいので、まずは希望エリアの戸建の相場感や物件トレンドを知るために、物件見学に行くことに。初めて訪れたのが「グランフォーラム桃山台」でした。丘陵地のせいか、街中なのにとても開放感のある街並みで、空が広く感じたのをよく覚えています。

戸建のイメージを覆した「1つの街」としての
街並みの美しさとコミュニティとしての安心感

1邸1邸別に建てられる戸建と違って、こちらは1つの街としてデザインされスタートするコミュニティ。まるでマンションが横に広がった感じで、自治会を作って自分達で管理していくところにも安心感を抱きました。丘陵地をうまく使って隣り合った家同士の目線が同じ位置にこないようプライバシー面で配慮されていたり、無電柱化が採用されていたりと、細かく計算されつくした街並み設計に心惹かれました。

購入へと大きく心変わりするきっかけになった、
新しい街並み、実物の家や間取りを見て検討できるメリット

わずか1ヶ月半ほどで購入を決めたのは、実物のたくさんの間取りから自分達に合った間取りや家をきちんと見て検討できたから。娘も一目見て「絶対ここに住む!」と断言したくらい、住むイメージを描きやすかったんです。現地へは何度も足を運んでみてください。朝・昼・夕方の日の当たり方まで細かく検討して購入できるのは、実物があるからこその特権だと思いますよ。