ランドマークとなる建築へ

外観写真(平成29年8月撮影)

街に開かれたランドマークとなる建築へ。

千年を超える歴史を受け継ぐ街並と調和する、風格あるたたずまい。
そして、水平・垂直ラインが印象的な、エッジのきいたモダンな表情。
外壁タイルの質感にもこだわった、飽きの来ない建築美をカタチに。
バス停前にふさわしい街の新しい顔となるランドマークが誕生します。

リバーサイドラウンジ(平成29年7月撮影)

桂川緑地とつながる、ランドスケープ。

街の風景とゆるやかにつながり、住む人の暮らしをやさしく包み込むランドスケープを創造。
桂川の土手に面して設けた木質調の階段スペースは、住民同士のコミュニティ形成を育む場に。
四季のうつろいとともに、多世代がくつろげる、楽しめる自然豊かな空間がここに生まれます。

敷地配置イラスト

1自走式駐車場

機械式の煩わしさがなく、車の出し入れがしやすい自走式駐車場。(車高2.1m以下)

2サイクルスペース

家族の自転車が置けるサイクルスペース(1区画に大人用自転車2台相当)をご用意。

※3住戸分は大人用自転車1台相当分を2区画

3バイク置場

大型バイク対応のスペース6台分を含む、計36台のバイク置場を確保。

4来客用駐車場

自走式駐車場に3台分、平置式に2台(福祉対応兼用1台・サービス用兼用1台)をご用意。

5来客用自転車置場(平置式)

友人と自転車を利用することが多い子育て家庭に配慮して、来客用12台分をご用意。

6バス停&バスの駅

●バス停の前だから考えたこと。

エントランスの目の前(現地より約2m)は「桂駅東口」行の「桂大橋」バス停です。快適な日常を感じていただけるよう、バスが近づいたらお知らせしてくれる機能とベンチがある「バスの駅」を敷地内に設けました。

四季の彩りに配慮した植栽計画。

緑豊かなランドスケープはもちろん、季節ごとに花を咲かせ、秋には紅葉する木々や草花を選定し、
桂川の四季の彩りに呼応するような植栽を計画しています。

眺望写真

桂川緑地の目の前、開放的な眺望を楽しむ日々。

西向きのバルコニーから広がる、大空と一体になった開放的な眺め。
穏やかに流れる桂川や豊かな表情を魅せる美しい山並に、心癒やされる日々。
風と光と緑を感じながら、自然環境とゆるやかにつながる暮らしがここに。
桂川緑地の前だからこその風景が、新鮮な喜びを届けてくれるでしょう。

back next
  • ※敷地配置イラストは計画段階の図面を基に1階と2階を合成して描き起こしたものであり、実際とは異なります。設備機器につきましては、表現上省略しております。植栽につきましては特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
  • ※「桂駅東口」行の「桂大橋」バス停は平成29年7月末日までに敷地配置イラストの位置に移設予定です。
  • ※バスが近づいたらお知らせしてくれる機能は京都市バスが対象です。
  • ※「バスの駅」とはイニシア桂大橋の敷地内に設けた一般に開放される待ち合いスペースのことです。
  • ※家具・調度品等は実際とは異なる場合があります。
  • ※植栽につきましては特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
  • ※植栽写真はイメージで実際とは異なります。
  • ※掲載の立地断面イラストは建物外観及び現地周辺を表すためのイラストであり、距離、位置、形状、縮尺などは実際とは異なります。
  • ※掲載の眺望写真(現地7階相当の高さより西方向を撮影/平成28年5月撮影)※将来に渡っての眺望を保証するものではありません。
  • ※1. イニシア桂大橋の敷地西端から対岸道路の西端までの概測距離を表したものです。
  • ※写真提供(株)エスエス 大阪支店 津田 裕之