設備仕様・構造|【公式】イニシア松戸|松戸市|大和ハウスグループコスモスイニシアの新築マンション

FLEXIBLE LIVING

日々の使い勝手や、将来の住まい方にも対応するフレキシブルリビング。

image
リビング・ダイニング・洋室(2)
image
リビング・ダイニング・洋室(2)
image
リビング・ダイニング

トールスライドウォール

リビング・ダイニングと隣接する居室の間には、出し入れができるトールスライドウォールを設置。開ければ一体に。閉じれば個々の空間として使うことができます。

※Jtype除く。

SCENERY KITCHEN

家具のように魅せる
デザインのあるキッチン。

image
ダイニング・キッチン
  • image

    ゆとりのキッチンワークトップ

    お料理をしやすくするカギは、食材を切ったり、材料を混ぜたりするキッチンカウンターの作業スペースです。シンクサイズはそのままに、レイアウトを工夫して作業スペースを広げ、スムーズにお料理ができる広々としたワークトップを確保しました。

  • image

    手元を隠す立ち上がり

    キッチン前に立ち上がりを設け、リビング・ダイニング側から見たときに、手元の調理スペースを隠す工夫をしています。調理する姿も美しく見せるデザインです。

  • image

    ガラストップ/
    Siセンサーコンロ

    調理油過熱防止や消し忘れ消火機能など、安心してお料理が楽しめるSiセンサーコンロを採用。天板は汚れが付きにくくお手入れが簡単なガラストップコンロを採用しています。

  • image

    ホーローキッチンパネル

    タイルのような目地がないのでお手入れしやすく、汚れがつきにくいホーロー製のキッチンパネルを採用しました。マグネットも使用できます。

  • image

    ホーロー整流板付
    レンジフード

    風の流れを整え吸気効率をアップさせるホーローの整流板付です。ホーローの整流板は、取り外しが簡単でお手入れがしやすく、油汚れも拭き取りやすい仕様です。

  • image

    食器洗い乾燥機

    食器類などの後片づけをサポートしてくれる食器洗い乾燥機を標準装備。家事時間を短縮できるとともに、手洗いに比べて節水が可能になります。

  • image

    静音シンク

    水はね音や落下物の衝撃音を軽減する静音仕様のシンクを採用しました。ご家族との会話やテレビを楽しみながら洗い物ができます。

  • image

    浄水器一体型水栓

    水をきれいにしてくれるコンパクトサイズの浄水器が一体となった水栓を採用。お料理などの際にいつでも手軽においしい水が使えて便利です。

    ※浄水器はカートリッジ交換など定期的なメンテナンスが必要となります。また、カートリッジ交換費用が別途必要です。

  • image

    スライド収納

    調理器具などが確認しやすく、スムーズに出し入れができるスライド収納を設置しています。汚れやすいコンロ下の引出しの底板は、ホーローパネルを採用しお手入れのしやすさに配慮。

WELCOME HALL

ゆとりの広さとシンプルな美しさ、第一印象を決める場所。

image
玄関・廊下
ウェルカムホール

使い勝手の限られていた寝室の一部を玄関側に用いることで、廊下幅を広げ、ゆとりあるホールのような豊かな玄関空間を実現しています。玄関にゆとりを持たせることで、人をもてなす空間として演出したり、帰宅したときに気持ちの安らぐ空間にしたりできます。また、収納のそばのスペースは様々な用途に活用できます。

※D、Dg、J、Ltypeを除く。

image
概念図
  • image

    スリッパ掛け

    スリッパを玄関まわりに置かずに、玄関収納の扉裏にしまっておくことができます。

  • image

    可動棚底板

    一番下の底板を外すことができ、ベビーカーやブーツ・ゴルフバッグなどの長物もしまえます。

    ※サイズによっては収納できない場合があります。※D、Dgtypeは、下一段のみ可動。

  • image

    傘掛けスペース

    扉裏を有効利用した傘掛けスペース。

  • image

    小物トレー

    印鑑やボールペンが置け、宅配便の対応時に便利な扉裏のキーフック付き小物トレー。

  • image

    玄関収納

    靴が効率良く収められるのはもちろん、傘掛けや小物入れも用意しています。

彩り収納

「そこに何をしまうか」を考えた
収納スペース。

ファミリークロゼット

リビング・ダイニング・キッチンと洋室の両方から出入りできる便利な2WAY。洋服だけでなく、季節の生活用品やアウトドア用品などの大型品を保管する時にも、便利な大型クロゼットです。

※A、Ag、C、Cg、D、Dg、E、Eg、F1、F2、F2r、H、J、K、L、M1、M2typeを除く。

image
image

上下2段ハンガーパイプ概念図

上下2段ハンガーパイプ

上下2段にパイプを設置することで、衣類を整理しながら、空間をムダなく使える工夫をしています。

※J、Ltypeを除く。

  • image

    ファミリーストレージ

    モノと空間の「家族シェア」を実現するスペース。季節の生活用品や、アウトドア用品などの大型品はもちろん、家族で共有したい物の収納に便利です。

    ※D、Dg、G、I1、I2、K、L、M1、M2typeを除く。

  • image

    ウォークインクロゼット

    ハンガーパイプを2種類設置し、ジャケットやシャツは上下2段に、丈の長いコートは1段にと使い分け可能にしました。さらに可動棚で収納力をアップさせています。

    ※J、Ltypeを除く。

  • image

    FUTON収納

    「布団の収納場所が足りない」「布団がしまえる中段がほしい」そんな声にお応えし、布団のほかにも様々な用途に使える収納です。

    ※Jtypeを除く。

SMOOTH DRESSER

こだわりの数々が、
毎日の洗面時間を
気持ちよく。

image
洗面室
image
概念図
オフセット(偏心)洗面ボウル

洗面ボウルをサイドに寄せて配置。ボウルの横にまとまったスペースがあるので、小物や化粧品などの置場としても使えます。

  • image

    カウンター一体型洗面ボウル

    空間をスタイリッシュに引き立て、お手入れも簡単な人工大理石カウンター一体型の洗面ボウルを採用しました。

  • image

    チャイルドミラー

    洗面化粧台の下部には、小さなお子さまも使えるようチャイルドミラーを設置しています。

  • image

    シングルレバー水栓

    水栓は、レバーを上げると水が出る仕様としました。これは、地震時などを想定し、レバーの上に物が落下することで水が出てしまうことがないように配慮した仕様です。

  • image

    鏡裏面収納

    鏡裏はすべて収納スペース。ドライヤー置場も用意しました。

  • image

    ポケット収納

    洗面ボウルの手前にも、小物を入れられる収納をご用意。化粧品やよく使うアメニティグッズなどを便利に出し入れ可能です。

  • image

    ヘルスメータースペース

    洗面化粧台下のデッドスペースを生かし、ヘルスメーターを手軽に取り出して使える収納スペースを設けています。

    ※ヘルスメーターのサイズによっては収納できないものもあります。

BATH ROOM

日々の中に安らぎと寛ぎの時間を届ける空間へ。

  • image

    エアインシャワー

    従来のシャワーと比較すると約35%※1節水しながら、心地よい浴び心地を実現しました。新技術により湯水に空気を含ませることで、湯水の一粒一粒を大粒化。節水しながらも、たっぷりの浴び心地が体感できます。

    ※1.最適流量によるTOTO社内比※最適流量とは(社)日本バルブ工業界の定める方法により、社内モニターにて測定した「いちばん使いやすいと感じる流量」であり、流量の上限を意味するものではありません。※写真はエアインシャワー(メタル製)です。※「エアイン」はTOTO株式会社の登録商標です。

  • image参考写真

    ミストサウナ
    (TES温水式浴室暖房乾燥機)

    TES温水式浴室暖房乾燥機にミストサウナ機能をプラス。ミストサウナは高温・低湿度のドライサウナとは異なり、身体への負担が少なく、気持ちよく汗をかくことができます。うるおいたっぷり、芯から温まり、心も体もリラックスできます。全身浴に比べて水圧がかからず、血圧変動も少ない新スタイルの入浴方法です。

    ※「ミスティ」は登録商標です。

  • image

    ワンプッシュ排水栓

    ワンプッシュで押すだけで浴槽の排水ができます。腰を深くかがめる必要がなく、服を濡らすこともありません。

  • image

    カラリ床

    タテヨコに規則正しく刻まれたパターンが、表面の水を誘導。翌朝にはカラリと乾き、靴下のまま入ることもできます。ブラシの通りもよく、お掃除もラクラクです。

image
浴室
  • image

    らくポイヘアキャッチャー

    ヘアキャッチャーの表面は髪の毛が張り付きにくい立体メッシュ構造だから、ポイと簡単に捨てやすくなります。

    ※ご使用方法によっては、若干絡まった髪が残る場合もあります。

  • image

    バスタオル掛け

    浴室の扉の外側にバスタオル掛けのバーを設置。濡れたタオルやバスマットなどを掛けることができ快適です。

image
イメージ図
魔法びん浴槽

浴槽の周囲を断熱材でしっかり覆い、さらに断熱ふろふたにより保温効果を高めました。帰宅が遅くなってもすぐに温かいお風呂に入れます。

image

※TOTOの魔法びん浴槽はJIS高断熱浴槽の基準を満たしています。※JIS基準:ユニットバス周囲温度10℃、浴槽湯量は深さ70%、断熱ふろふたを閉じたままの状態で4時間後の温度低下が2.5℃以下 平成29年12月時点※TOTO㈱がシミュレーションしたものであり、一定の削減金額を保証するものではありません。

AMENITY

ずっと快適に暮らしていくための、毎日にやさしいクオリティの数々。

  • image

    扉の下には隙間

    扉の下部に隙間を設け、空気の通り道を確保しました。扉を閉めたままでも換気をすることができます。

  • image

    通風窓ストッパー

    窓を少し開けた状態でロックでき、防犯に配慮しながら快適に自然の風を取り込むことができます。

    ※面格子の窓は除く。

  • image

    指挟み防止ストッパー

    引き違いのサッシに指挟み防止のストッパーを設置し、サッシを開けた時に指を挟んでしまうことがないよう配慮しています。

  • image

    足元保安灯

    停電時に自動点灯して、足元を明るく照らしてくれる足元保安灯。取り外して懐中電灯としても使用でき、万一の際にも役立ちます。

  • image参考写真

    対震ドアガード

    地震でドア枠が変形した場合もドアガードが外せるよう、付け根部分のゆとりを大きくした対震ドアガードを採用しています。

  • image

    フラット設計

    廊下から各居室や水まわりへは可能な限り段差をなくし、つまずき事故の防止に配慮しています。

    ※玄関、バルコニーの出入口等を除く。

  • image

    専有部LED照明

    専有部の照明には、従来の白熱灯・蛍光灯に比べ寿命が長く、消費電力も少ないLED照明を採用。専有部の電気使用料を節約します。

  • image

    レバーハンドルの
    出っ張りの少ない設計

    トイレなどの廊下側に開く扉は、壁ラインから引っ込めた設計に。廊下を歩く際にレバーハンドルが引っかかることを防ぎます。

  • image
    参考写真

    フチなし形状&トルネード洗浄/ウォシュレット

    フチなし形状と、ダブルの水流で洗い流すトルネード洗浄でトイレを清潔に保ちます。ウォシュレットは脱臭機能付きで快適にお使いいただけます。

  • image

    トイレ上部収納

    12ロールのトイレットペーパーを袋から取り出さずにしまうことができる設計に。さらに飾り棚を設置しているので、観葉植物などを置くスペースとしても便利です。

  • image

    洗濯機置場 上部収納

    空間を有効活用しにくい洗濯機置場の上にも収納を装備。洗剤やタオルはもちろん下部にはハンガーパイプが設けられハンガーなどが綺麗に収まります。

    ※A、Ag、C、Cg、D、Dg、F1、F2、F2r、G、H、K、M1、M2typeを除く。

  • image
    参考写真

    セルフデコレーショングッズ

    共用部に、気軽に使える様々な工具をご用意しました。大きくてかさばる器材や、専門的な工具も、みんなのシェアアイテムにすることで、賢く、お得に利用できます。

  • image
    参考写真

    AED(自動体外式除細動器)

    1階共用部分にAEDを設置。AEDとは、けいれんし血流を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。操作方法を音声ガイドしてくれるため、簡単に使用できます。

  • image
    image photo

    サイクルスペース

    自転車を平置きでとめておくことができるサイクルスペースをご用意しました。

    ※月額使用料がかかります。

  • image
    参考写真

    宅配BOX

    留守中のお届けものをお預かりする宅配BOXを設置。24時間いつでも簡単に荷物を取り出せます。

  • image
    image photo

    ペット飼育可能

    家族の一員ともいえる大切なペットと暮らせる、ペット飼育可能なマンションです。

    ※ペットの飼育については管理規約・使用細則の規定を遵守していただきます。

ecology

住まう人の居心地や環境に対してもやさしく配慮された先進のエコ設備。

  • image

    高効率TES熱源機
    ecoジョーズ

    従来の給湯器では約80%が限界だった給湯効率を、排気熱・潜熱回収システムで約95%まで向上。さらに使用ガス量の約10%削減でランニングコストを大幅に削減します。

    ※「エコジョーズ」は登録商標です。

  • image参考写真

    TES温水式床暖房

    リビング・ダイニングの床には足元から部屋全体を暖めるTES温水式床暖房を標準装備。温風式ではないためチリやホコリが舞い上がらず、室内の空気も汚さない身体にやさしい暖房です。

  • image参考写真

    複層ガラス

    2枚の板ガラスの間に空気層を挟み込むことにより、高い断熱効果を発揮。部屋の内外の温度差が原因となる結露の減少や夏の冷房、冬の暖房効率を向上させる効果があります。

    ※透明ガラス、網入りガラス、型ガラスなど一部ガラスの種類が異なる場合があります。

  • image参考写真

    T-2等級サッシ

    開口部にはT-2等級のサッシを設置。遮音性能を備えたサッシを採用することで、外部から侵入する音を和らげ、暮らしやすさに配慮しています。

    ※共用スペースを除く。※遮音等級についてはメーカー公表のものであり、実際の建物においては換気口その他の開口部があるため、住戸における遮音性能は劣ります。

SECURITY

いつもだけではなく、もしもの時にも安心と安全を届けるセキュリティ。

image
概念図

各住戸の異常時に警備会社が対応する
安心安全の「シーエルガード」

管理会社とセントラル警備保障がご提供するホームセキュリティサービス。各住戸の鍵をあらかじめお預かりし、ご不在の時に万一の事態が発生しても、警備員がお預かりしている鍵を利用して当該住戸に立ち入り、速やかに対処します。 

  • image
    概念図

    ディンプルキー

    表面のディンプルの組み合わせによって複製が困難な防犯性の高いディンプルキーを採用しています。

  • image

    録画機能付きカラーTV
    モニターインターホン

    エントランスのオートロック操作盤にカメラを設置。来訪者の声と画像を確認してから解錠することができ、録画機能もついています。さらに、各住戸前からはインターホンで音声確認が可能。二重のセキュリティ仕様が住まいの安全性を高めます。

  • image

    全戸玄関ドア・窓(一部)
    防犯センサー付

    各住戸の玄関ドア、一部の窓に防犯センサーを設置。防犯設定時にドアや窓の開きを感知すると警報を発しながら警備会社へ通報します。

    ※防犯センサー設置場所については、図面集をご確認ください。

  • image

    鎌付きデッドボルト錠

    ドアをバールなどでこじ開けようとしても、鎌のような突起が引っかかり高い防犯性を示します。防犯効果を高める仕様です。

  • image

    ダブルドアスコープ

    通常のドアスコープに加え、お子さまの目の高さでも見える位置にチャイルドスコープを設置。上下2ヶ所ののぞき窓にはそれぞれドアアイガードが付いています。

  • image

    ダブルロック

    玄関ドアは二つのシリンダー錠を取付けたダブルロック仕様。不正侵入に対して、時間と手間をかけさせる対策を施し防犯性を高めています。 

  • エントランス
    非接触キーシステム

    エントランス・サイクルスペース入口のオートロックは鍵をかざすだけで解錠できます。

    ※お引渡し時にお渡しする鍵5本のうち4本は非接触キーになります。

  • 防犯サムターン

    器具を使用した、外部からの不正解錠を防ぐため、防犯仕様のサムターンを導入しています。

SECURITY

見えない場所だからこそ、こだわり抜いて採り入れた構造と工法。

image
概念図

杭基礎を採用

標準貫入試験により、地盤が信頼に足るN値及び厚さを有しているとされた「支持層」まで杭の先端を届かせることで、杭の先端の抵抗力と杭と地盤の間に働く摩擦力により建物を支える基礎構造です。

※N値とは土質の硬軟の程度を表す数値で、具体的には63.5±0.5kgのおもりを75±1㎝の高さから落下させ、標準貫入試験用サンプラーが30㎝貫入するのに要した回数を表します。一般的には、N値が50を超えると非常に締まっている地盤であると考えられます。

既製コンクリート杭

基礎は、あらかじめ工場で製作された杭を現場にて施工する既製コンクリート杭を採用しています。建物の重量を支持層に伝えるために、地下約13.85~14.25mまで既製コンクリート杭を施工し、建物の支持力をより高めています。

※杭先端深さは、杭の位置によって異なります。

image
概念図
  • image概念図

    JASS5に準拠した
    鉄筋のかぶり厚さ

    中性化が内部の鉄筋まで達する時間を長くするためには、鉄筋の表面からコンクリートの表面までを厚くすることも有効。JASS5(建築工事標準仕様書 鉄筋コンクリート工事最新版)が定めた必要最小かぶり厚さに準拠した設計で劣化防止に努めています。

  • image概念図

    溶接閉鎖型せん断補強筋

    柱の帯筋には、1本ずつ巻きつけた帯筋を主筋に引っ掛けて固定する一般的な帯筋ではなく、工場溶接された溶接閉鎖型せん断補強筋を採用することで地震時の主筋の座屈及び柱のせん断破壊を防止しています。

    ※仕口部分、内蔵柱は除く。

  • image概念図

    柱と大梁の仕口部の帯筋は約10cmピッチ以内で配筋

    耐震上重要な構造部材である柱と梁の強度を向上させても、接合部(仕口部)は地震によりせん断力(ずれを生じさせる力)を受けてX型のひび割れを生じる可能性があるため、柱と梁の仕口部内の帯筋間隔を約10cmと定めて仕口部を補強しています。

  • image参考写真

    建物の安全性を高めるための綿密な地盤調査

    支持層の深さや、土質の特徴を把握し、建物を支持する基礎の種類(杭基礎、直接基礎)を見極めるために、地盤調査を行います。敷地内の地中に深い孔を掘って、地表から支持層までの各土質を確認します。

  • image概念図

    コンクリート強度

    建物本体のコンクリートの設計基準強度を30N/mm²以上に規定。1m²で約3,000tの圧縮に耐える強度です。

    ※杭を除く建物本体のみ

  • image概念図

    外壁

    外壁コンクリートは厚さ約150・180・200・220・250・300mmを確保しました。居室側には断熱材を施して断熱性も高めています。

  • image概念図

    耐震壁にダブル配筋採用

    耐震壁は地震時などに建物にかかる水平力が作用する場所のため、耐力を十分確保するために、鉄筋を一列配置するシングル配筋よりも強さを発揮する二列配置のダブル配筋を採用しました。

  • image概念図

    床コンクリートスラブ厚
    約200・220㎜・二重床

    建物構造の耐力向上と生活音が下階住戸に伝わりにくい静かな居住性を追求して、住戸部分は床のコンクリートスラブ厚を約200・220㎜(最下階・屋上階床スラブ除く)に設定。床のコンクリートスラブとフローリングの間に支持脚を立てる二重床(玄関部分を除く)と、天井を吊り下げる二重天井を採用しています。

※掲載の写真はイニシア松戸モデルルームB4type(9階)を撮影(2018年6月)したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。また、仕様は一部有償オプションを含んでおります。モデルルームには無い、バルコニーの天井、配管、隔て板を図面を基に描き足すCG加工をしております。詳しくは図面集にてご確認ください。モデルルームのリビング・ダイニング、洋室(2)の天井高は実際のものよりも約50㎜低く再現されております。実際の天井高は図面集にてご確認ください。

Links

Contact

お問い合わせはこちら