さらにココチイイこれからの松戸-後編-|【公式】イニシア松戸|松戸市|大和ハウスグループコスモスイニシアの新築マンション

品川イメージ

品川イメージ

さらにココチイイこれからの松戸-後編-

山手線新駅!2020年春「高輪ゲートウェイ」駅誕生予定!

2018年12月4日。以前より注目を集めていたJR山手線「田町」駅〜「品川」駅間の新駅の駅名が正式発表されました。その名も「高輪ゲートウェイ」。もう、ご存知の方も多いのではないでしょうか?JR山手線では1971年の「西日暮里」駅以来の開業で、「高輪ゲートウェイ」駅は2020年春に開業を予定しています。

また、都市再生特別地区となっている品川駅北周辺地区においては「品川開発プロジェクト」も進行中。「田町」駅〜「品川」駅間の新駅開業を目指す動きとともに、「グローバル ゲートウェイ 品川」として、周辺地域と連携した国際的に魅力あるまちづくりの実現に向けた検討が進められています。「世界につながり、地域をつなぐ、エキマチ一体の都市基盤形成」、「国際ビジネス交流拠点にふさわしい多様な都市機能の導入」、「防災対応力強化とC40が掲げる先導的な環境都市づくり」。これら3つの方針をもとに、都市再生への貢献を目指した計画が立案されています。

新駅歩行者広場イメージ図(首相官邸HPより)

新駅歩行者広場イメージ図(首相官邸HPより)


完成は2027年度!日本一の超高層ビルが丸の内・大手町エリアに。

「松戸」駅からJR上野東京ライン直通でいける都心のターミナル駅は、「品川」駅だけではなく「東京」駅も。現在「東京」駅周辺エリアでは、建設中・計画中の再開発が目白押し。
八重洲エリアでは、高さ240〜250mの巨大ビルが計画され、それらの地下にはバスターミナルも設けられる予定です※1
丸の内・大手町エリアでは、2020年〜2021年に完成予定で進行するオフィスをメインとした複数の再開発計画※2、さらに、2027年度の完成予定で、あべのハルカスを超えて日本一高い約390mの超高層ビルを含む再開発プロジェクト※3も進行中です。

※1:東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発、八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発、八重洲二丁目中地区 第一種市街地再開発。
※2:東京駅前常盤橋プロジェクトA棟、OH-1計画、丸の内1-3計画、大手町1-4-2計画(丸紅新本社ビル)。
※3:東京駅前常盤橋プロジェクトB棟。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業(2027年完成予定)、日本橋室町一丁目地区第一種市街地再開発事業(2025年以降完成予定)、日本橋一丁目1・2街区再開発(2020年以降完成予定)、都市再生特別地区(日本橋一丁目中地区)都市計画(2022年以降完成予定)、東京駅丸ノ内駅前広場整備工事(2017年12月完成)、日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(2019年完成予定)、東京駅前八重洲一丁目東地区第一種市街地再開発事業(2024年完成予定)、八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業(2022年完成予定)、京橋一丁目東地区都市計画(2023年完成予定)、八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業(2022年完成予定)※1.出典:内閣府国家戦略特区ホームページ東京圏国家戦略特別区域区域計画、日刊建設工業新聞2017年8月9日、2016年6月8日発行号、東京都都市整備局ホームページ2016年9月28日報道発表資料、東京都建設局ホームページ2013年8月29日、2017年11月7日報道発表資料より。※2出典:東京都政策企画局ホームページ「東京の特区」公式サイトより

常盤橋街区再開発プロジェクト 外観イメージ(日本橋川方面より)

常盤橋街区再開発プロジェクト 外観イメージ(日本橋川方面より) 三菱地所株式会社提供


「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」イメージパース図(首相官邸HPより)

「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」イメージパース図(首相官邸HPより)

東京メトロ日比谷線では、新駅「虎ノ門ヒルズ」駅も開業予定!

2020年に向けて新駅や多数の再開発が進行中。その中で、2020年オリンピック供給開始を目指す新駅の話題をもう一つ。2018年12月5日に、東京メトロ日比谷線「霞ヶ関」駅〜「神谷町」駅間に建設中の新駅名称が「虎ノ門ヒルズ」に決定しました。その名の通り、虎ノ門ヒルズに最も近い駅として設置されます。さらに「虎ノ門ヒルズ」駅の直上には2022年度の完成予定で、高さ約265mの複合超高層ビル「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」が建設予定。駅周辺の桜田通りを覆う人工地盤も計画されていて、立体的な都市広場空間が誕生する予定です。


「一年はじめのご挨拶」

今年第一弾の記事は、いかがでしたでしょうか?東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、新たな魅力が期待される東京のように。2019年の「DISCOVER まつど」でも、松戸の新たな魅力を知っていただける記事を発信していきます。本年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

Links

Contact

お問い合わせはこちら