デザイン|イニシア志木レジデンス【公式HP】

外観完成予想CG

外観完成予想CG

「個から全体へ」をテーマにした
外観デザイン。

この地に新しく生まれる風景として、ここでしか描けないファサードを追求。美しく洗練されたデザインによって、この地の美意識と誇りの象徴となるような建築を目指しています。メインの前面道路に面して約43mの長大なスパンをもつ敷地を活かし、南西面の外壁には、リズミカルに色彩が変化するデザインを採用。江戸小紋をイメージした素材や色調の表情が、マンションに個性と品格を与えます。「個から全体」をデザインする、細部へのこだわりにより、この建物だけのアイデンティティを創出しています。

設計
株式会社JWA建築・都市設計 主宰
渡辺 純

今一つのデザインのポイントは手に振れる建築素材を特に注意深く選んでいることです。皮膚感覚の延長であろうとしています。「住まい」の本質とは愛着と寛ぎに他ならないと考えます。愛着と寛ぎをこそ、住まい手の皆様に引っ越しの後に感じてもらえれば幸甚です。

(株)槇総合計画事務所にて責任担当した「幕張メッセ」をはじめ、多くの大型プロジェクトを手がける。独立後は、個人邸や集合住宅にも最高の品質を求め重きを置き業務を遂行している。その他多彩な建築分野で、数多くの作品と受賞歴を持つ。イニシア世田谷松陰神社前にてグッドデザイン賞2018を受賞。

渡辺 純

二方道路の解放感あふれる地に明るい全邸南西向きの配棟計画を実現。

敷地配置イメージイラスト

敷地配置イメージイラスト

参考写真

季節ごとの開花や紅葉が楽しめる植栽計画。

植栽計画では、朝霞の森をイメージしながら、ケヤキムサシノのウェルカムツリーをはじめ、朝霞市の市木や雑木を植樹します。また、エントランスホール前やアプローチにはイロハモミジやツツジの大株を植え、アクセントの緑となるように考えました。各住戸のテラス前には、開花が楽しめるソヨゴや、葉色の変化が綺麗なナンテンを植えることで、日常的に自然の彩りを楽しめるように計画。マンションのどこにいても、緑や花の景色に親しめる、潤い豊かな住まいをご提案しています。

大武 一伯

登録ランドスケープアーキテクト
いろ葉Design
大武 一伯

シマトネリコをはじめ、ヤマボウシやサルスベリなどの四季折々の緑や花を楽しめる植栽計画を導入しています。敷地内の各所に、季節感のあるアジサイ、ユキヤナギ、ドウダン、ヤツデ、シャクナゲといった樹木も配し、多種多様な自然の風情をお楽しみいただけます。

2012年株式会社いろ葉Designを設立。タウンスケープ研究所にて環境デザインや景観デザインに取り組む。水や緑に包まれた新しい住宅スタイルを目指した外構計画を手掛ける。「イニシア八王子明神町」等で外構計画の提案を行い、「グッドデザイン賞」を受賞。

※掲載の外観完成予想CGは図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なる場合があります。植栽につきましては、特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。外観の設備機器につきましては、表現上省略しております。家具・調度品・オプション等は販売価格に含まれません。また、エントランスホール内の家具調度品は実際とは異なる場合があります。
※敷地配置イメージイラストは図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。植栽につきましては、特定の季節・ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。敷地周辺は説明のためのもので、形状、スケール、位置などは実際とは異なります。車両はイメージです。