デザイン|町田駅のマンション|イニシア町田【公式】

リビング・ダイニング

リビング・ダイニング

CROSS the RESIDENCE

華やかさとやさしさを、
上質にこめて。
これからの暮らしやすさを描いた
緑きらめくランドマーク。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

3方道路の立地に佇む統一感ある外観。
住まう方と街並に、洗練と潤いを感じさせるレジデンス。

ホワイトとベージュをベースにグリッドで洗練さを描いたやさしい印象のフォルム。新しい町田ライフのシンボルとして、3方向の道路のどちらからても統一感のあるデザインを実現しています。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

立地の恵みを活かした、
多彩なライフスタイルに応えるランドプラン。

3方が道路に面した立地を活かした全体画としました。また不在がちの日中でも荷物が受け取れる宅配ボックスや夜でも利用できる24時対応ゴミ置場など、忙しい毎日を快適に過ごせる設備を採用しています。

1階敷地配置イラスト

街並に彩りと四季を添える豊かな植栽画。

シマトネリコ

シマトネリコ

ソヨゴ

ソヨゴ

イロハモミジ

イロハモミジ

ヤマボウシ

ヤマボウシ

サルスベリ

サルスベリ

※掲載写真はイメージです

大武 一伯

デザイン監修 株式会社いろ葉Design 大武 一伯 ランドスケープデザイナー

発展する都市の印象が強い町田ですが、実は豊かな自然にも恵まれた街でもあります。その中でもこの場所は、都市と自然がバランス良く融け合う住宅エリア。その恵みを邸宅に描くことを目指した植栽計画を実現しました。敷地内には高木から低木まで四季折々を彩る多彩な緑を採用。住まう方の暮らしやすさだけでなく景観としての寄与や敷地内の明るさ、開放感、外部からの視線の遮断なども考慮しました。季節ごとに街並みに華を添え、敷地内で春夏秋冬が感じられます。

オンからオフへ
やさしく導く緑と上質。
住まう方に誇りを与え、道ゆく人にやすらぎをもたらすデザイン。

エントランスアプローチ予想CG

選び抜かれたマテリアルが描く上品な洗練。
暮らすことが、帰ることが歓びとなるレジデンス。

ホワイトを基調に、アクセントとなる濃淡のあるグレーのタイルなどを厳選したマテリアル。住まいを印象付ける基壇部では深いグレーのタイルをベースに、重厚感を演出。鮮やかな植栽の緑と美しいコントラストを描き、上品な面持ちを湛えたレジデンスを叶えています。住むことが誇りとなる邸宅を目指しました。

RELAX & CREATION

イメージイラスト

自分らしく新しい暮らし方を創造する。
あらゆるシーンに応えるエントランスホール&ラウンジ。

共用空間では、高い感性に応え、住まいでの暮らしをもっと充実させる寛ぎと創造をテーマにしたエントランスホール&ラウンジをご用意しました。ライフスタイルに、家族の成長に、趣味などの変化に合わせて、使い方は自由自在。ひとりの時間もみんなの時も、様々なシーンにお応えします。この場所は、ここに住まう方だけのサードプレイス。これからのあなたらしいスタイルを、この場所で育んでください。

  • トランジットブランディングスタジオデザイン例
    ※本物件のものではありません。

  • トランジットブランディングスタジオデザイン例
    ※本物件のものではありません。

Transit Branding Studio TM & INITIA Machida

住まいの顔となり、たくさんの人が行き交う。
その大切な場所を、
これからの時代を見つめた新しい空間に。

住まう人、訪れる人、多くの方が行き交うエントランス。
新しいライフスタイルや町田らしさを考えた、このレジデンスだけの空間を追求しました。
テーマとしたのは“ R E L A X & C R E A T I O N ” 。
人の行き来や待ち合わせなどで利用するシーンと、
ゆったりリラックスしながら個の時間を充実させる機能を両立させ、
長い時間を かけて暮らしながら、使い方を居住者の方が皆さまで創造していく場所を描いていきます。

ラウンジ監修 トランジット
ブランディングスタジオ
甲斐 政博 エグゼクティブ
ブランドプロデューサー

トランジットブランディングスタジオデザイン例
※本物件のものではありません。

感性を刺激する、
自由と解放の
フレキシブルスペース。

エントランスから入ると広がる大胆な2層吹抜け空間。存在感のあるシンボルツリーを象徴に、
その開放的なスペースを様々な
暮らしのシーンを考えてゾーニングしました。
ひとりの時間も、友人との交流も、
家族とのひと時も
やさしく満たす特別な場所。
住まいでの暮らしを、歓びとともに美しく自由に演出します。

image photo

image photo

1Symbol
みんなをつなぐ
シンボルツリー

シンボルとなる高木を採用。広がる葉の鮮やかな緑が、この場所を特別な空間に感じさせます。

イメージイラスト

イメージイラスト

2Rest
友人とローソファで
ゆっくりお喋り

シンボルツリーの周りには、寛ぎのソファを配置しました。緑に寄り添いながら思い思いの時間が過ごせます。友人との歓談の場所としても楽しめそうです。

image photo

image photo

image photo

image photo

イメージイラスト

イメージイラスト

3Talk
ソファで
ゆったり休憩

組み合わせ自在のキューブベンチを配したゾーンは、まさにリラックススペース。家族や友人との歓談なども満喫できます。

Image photo

Image photo

Image photo

4Library
インテリアシェルフからお気に入りの本を。

壁一面のインテリアシェルフはお子様など様々な世代が楽しめる多岐にわたる本を所蔵。また小物などを置いたディスプレイとしても空間を演出しています。

5

イメージイラスト

イメージイラスト

Image photo

Image photo

Work
ワークスペースで仕事に集中

様々なシーンを考えたエントランスラウンジは、リモートワークのスペースとしても活用できます。感性を刺激するハイセンスな空間で、さらなるアイディアも浮かびそうです。

エントランスホール・ラウンジ概念図

※掲載の外観完成予想CG、エントランスアプローチ完成予想CGは図面を基に描き起こしたものであり、実際とは多少異なる場合があります。また、植栽につきましては特定の季節、ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。外観の設備機器については表現上省略しております。

※1階敷地配置イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。また計画は変更となる場合があります。

※掲載のイメージイラスト、エントランスホール・ラウンジ概念図は図面を基にイメージ化したものであり、表現されていない部分があります。また、形状・色・位置などは実際とは異なります。

※共用部の設備、備品、サービス内容については計画段階のものであり、今後変更になる場合がございます。また、使用にあたっては管理規約・使用細則を遵守してください。