インタビュー|築地駅のマンション|イニシア築地レジデンス【公式】

左:Hさま夫妻/Hさまご自宅(2019年7月撮影) 右上:Tさま夫妻/イニシア中央湊モデルルーム(2019年7月撮影) 右下:築地住民のTさまご家族/隅田川テラスにて(2019年12月撮影)

都市の機能と利便を活用し、自由に暮らす2組の夫婦にインタビュー

ケース1:中央区でアクセス利便を享受する50㎡台の住まい(※1)

Tさま夫妻 30代/イニシア中央湊モデルルーム(2019年7月撮影)

家族構成に合わせて間取りを変えていきたい

中央区の50㎡台の中古マンションを結婚を機に購入し、リノベーションをしたTさま夫妻。購入の経緯や理由について聞かせていただきました。
「資産性を考え、23区都心部をマスト条件として探していました。賃貸は毎月の家賃に比べ、部屋のグレードや設備に満足ができないと感じて、購入に踏み切ったのですが、自分好みの空間を作りたくて中古マンションを選びました。なかなか予算にあう2LDKがなく、1LDKを購入したのですが、新築当時のメニュープランでは2LDKも可能な間取りだったので、将来、子どもが産まれて個室が必要になった際は、再度リノベーションをすることも視野に入れています。本当は自分達で簡単にできたらいいですよね。」

2人をストレスフリーにした都心での暮らし

では、都心でコンパクトに暮らすことでお二人の暮らしはどう変わったのでしょうか。
「移動や通勤のストレスが格段になくなりましたね。複数のターミナル駅に歩いて行けるのは本当に便利ですね。昔は通勤だけで疲れてしまっていたのですが、今は30分もあれば職場に着いてしまいます。おかげで少し穏やかになったかもしれません(笑)。
また、休日はスポーツセンターに泳ぎに行きますし、レジャーシートを敷いて隅田川沿いでのんびりしたりもします。小さな飲食店が点在しているので、平日の仕事で夜遅くになった際は、バルなどで軽く食事を済ませたりもしていますね。都心暮らしは2人をストレスフリーにしてくれたと感じています。」

都市の機能と利便を活用し、自由に暮らす2組の夫婦にインタビュー

ケース2:渋谷区で公園に寄り添う50㎡台の住まい(※1)

Hさま夫妻 30代/Hさまご自宅(2019年7月撮影)

広さより立地を重視し、豊かになった暮らし

「私は目黒で会社員、妻は中目黒でアパレルショップを経営しており、夫婦2人の通勤やライフスタイルや、将来を見据えた資産となることを踏まえ、都心立地であることを重視して探していました。ターミナル駅まで歩ける立地というのもあり、現在は本当に通勤のストレスがなくなりましたね。また、徒歩、自転車、タクシーで行ける場所の選択肢が増えたので、休日は逆に電車に乗らずに遊びに行くことが増えたと思います。スーパーもすぐ近くなので、食材をストックする必要もなくなりました。」

好みも用途も限定しないことで可能性を残す

「うちの近くには大きな公園があるのですが、休日にはそこで散歩をしたり、アウトドア用のイスを持って行って、お昼を食べたり、本を読んだり。時には将来のことを話す夫婦会議的なものも(笑)。緑の中で話した方が穏やかになれるんです。近くのカフェはWIFIがあるので、そこで仕事をすることもあります。」
リノベーションの理由についてはこう語ってくれました。
「子どもが産まれ、成長したら、手放す可能性もあると思っています。その時のためにデザインも機能もシンプルにしておく方がよいと思ったんです。偏ったデザインや機能は、好みも用途も限定してしまいます。そんな理由から、誰にでも使いやすい空間にしようと考えました。」

築地に暮らすご家族に住み心地をインタビュー

舞台は中央区、築地7丁目。
この場所に「イニシア築地レジデンス」が誕生する。
市場のイメージが強く残る築地。
現状お住いのご家族に暮らし心地を伺い、街の魅力に迫ります。

Tさまご家族/あかつき公園(約80m)にて2019年12月撮影

Tさまご家族/あかつき公園(約80m)にて2019年12月撮影

共働き夫婦の子育ての場としての築地を選択

築地に暮らし始め、5年ほどが経つTさまご家族。
共働きでの子育てを考えはじめた時に、もっと“時間を有効に使える”都心住まいを検討したという。
そして家族や子どもとの有意義な時間を増やしたいと考え、築地へ移住を決めたということでした。

5年ほどこの街で暮らし、どんなことを感じられているのでしょうか。
そして、ここでの子育てはどのようなものなのでしょうか。
たくさんの子どもたちで賑わうあかつき公園で、中央区築地の暮らしを伺ってみました。

現地周辺にて2019年12月撮影

共働き夫婦にとって便利な街

「都内へのアクセスは本当に快適で、築地駅からは日比谷線、新富町駅からは有楽町線と2路線を使い分けられて、重宝しています。近くにスーパーやドラッグストアなども一通り揃いますし、少し歩けば銀座や有楽町も生活圏内で、パンや総菜を買いに行くこともあれば、築地場外市場に魚や肉など新鮮な食材を求めて行くこともありますね。寿司屋だけでなく飲食店のバリエーションも豊富で、夜遅くまで開いているお店もありますよ。」

築地テラス
[ダイニングバー・カフェ]

(約610m/徒歩8分)

ルーム フォー ケーキ
[ケーキ]

(約170m/徒歩3分)

鮨桂太[鮨]

(約270m/徒歩4分)

オリミネベーカーズ
築地七丁目店[パン]

(約140m/徒歩2分)

恵まれた子育て環境の街

「近くに公園が点在しているのが魅力ですね。あかつき公園はアスレチックなどの遊具もあるんです。ただ、子どもを遊ばせる場所だけでなく、児童館や公営・民間の学童保育、保育施設も周辺に充実しているので、共働きでも安心して子育てができると感じています。習い事の選択肢も色々ありますし、忙しい中でも仕事と両立しながら子育てをしたい、そんな人にはお勧めの街だと思いますよ。」

あかつき公園にて2019年12月撮影

隅田川テラス

(約320m/徒歩4分)

築地川公園デイキャンプ場

(約200m/徒歩3分)

明石幼稚園・明石小学校

(約320m/徒歩4分)

明石町保育園

(約240m/徒歩3分)

※掲載の距離は現地からの距離を示したもので、徒歩分数は80mを1分として算出(端数切り上げ)した概算時間です。
※掲載の店舗情報は2019年10月現在のものです。
※掲載の環境写真は2019年6月に撮影したものです。
※1 掲載の取材対象者は当物件の購入者、契約者ではございません。