住宅専門家が紐解く魅力・価値|日暮里駅のマンション|イニシア日暮里テラス/アベニュー【公式】

日暮里で楽しむ平日・週末ライフ
ご紹介ムービー公開中!

住宅専門家が紐解く 「イニシア日暮里テラス/アベニュー」の魅力・価値

住みたい沿線ランキング1位
山手線沿線に住まう価値

「東京」、「新宿」、「池袋」など主要ビジネス・商業集積エリアを結ぶJR山手線。多様な街をつなぐ沿線は、魅力的なライフシーンを演出し生活利便性の高さからSUUMOが行う住みたい沿線ランキング2020年で1位になるなど住拠点としても人気が高い。職住近接による短時間でアクセスできる安心で快適な通勤面だけでなく自在なフットワークは、時間にゆとりをもたらし豊かな暮らしにつながる。

2020年3月開業の「高輪ゲートウェイ」駅(写真)をはじめ再開発が進む山手線沿線 ※提供元:ACワークス株式会社

都心では、街の魅力向上に向け大規模開発が各所で進むが、その多くが「東京」駅などの山手線沿線駅だ。2020年3月には、山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」駅が開業。「東京」駅では、八重洲二丁目、大手町二丁目常盤橋地区(※2)などで大規模な再開発が進んでいる。東京23区全体と比較しても、高い水準で資産性を維持する傾向にある山手線沿線。沿線地域の再開発はさらなる追い風となることが期待される。

JR山手線沿線と東京23区全体のリセールバリューの比較(※1)

※1:2007年10月~2010年9月に新規分譲され、2018年10月~2019年9月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。専有面積30m2未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。既存物件についての調査であり、当該物件の今後の価格変動を保証・予想するものではありません。 ※東京カンテイ調べ(2019年12月)
※2:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業:2022年8月完了予定、大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業:2027年度完了予定。

通勤時短の山手線生活でオンもオフも充実

仕事帰りの時間の使い方にもゆとりができる
(「日暮里」駅前/イニシア日暮里テラス 約850m・徒歩11分 
イニシア日暮里アベニュー 約900m・徒歩12分/2020年9月撮影)

都心主要スポットにアクセスの良い山手線沿線に暮らすことで、通勤時間の短縮になり毎日にゆとりが生まれます。帰宅後に家族と過ごす時間や趣味や勉強などに充てられる時間が増え、充実した日々が送れます。また、休日も行先を問わず、アクティブに満喫できるのは山手線沿線のロケーションならでは。

「東京」駅10分の
自在なフットワーク
ライフシーンを豊かにする
サードプレイスが充実

「イニシア日暮里テラス/イニシア日暮里アベニュー」は、JR山手線「日暮里」駅から徒歩圏に誕生する2つのレジデンス。「日暮里」駅からは「上野」駅へ3分、「東京」駅へ10分、「池袋」駅へ13分、成田空港へは京成スカイライナーで39分のアクセス。ビジネスやレジャーへの移動に便利な拠点性の高いロケーションだ。「日暮里」駅前は、再開発によって魅力が高まり周辺部は街路が広くなっている。マンションなどの整備が進み人の流入も活発だ。現地に程近い尾竹橋通り沿いに商店街があり、物販店や飲食店など多彩なお店が並ぶ。

書店を併設したベーカリーカフェも身近に(ひぐらしガーデン イニシア日暮里テラスより約620m・徒歩8分、イニシア日暮里アベニューより約1030m・徒歩8分/2020年9月撮影)

繊維の街としても知られる「日暮里」周辺には、谷中銀座など洒落たカフェやレストランがありサードプレイスが豊富にある。上野恩賜公園には、東京都美術館や東京国立博物館などの文化施設も揃う。また、山手線をはじめ、7路線が利用できるマルチアクセスは都心に限らず、どこに行くにも便利。こうした生活利便性・通勤利便性の高さは、将来の賃貸や住み替えにもプラスになるに違いない。

※出典/「国土交通省地価公示」より(2020年5月22日)

上野駅:[日中3分:「日暮里」駅よりJR常磐線利用][通勤時3分:「日暮里」駅よりJR常磐線利用]
東京駅:[日中10分:「日暮里」駅よりJR常磐線利用][通勤時10分:「日暮里」駅よりJR常磐線利用]
池袋駅:[日中12分:「日暮里」駅よりJR常磐線利用][通勤時13分:「日暮里」駅よりJR常磐線利用]
※掲載の電車所要時間は日中平常時のもので、時間帯により異なります。また、乗り換え、待ち時間は含まれておりません。

身近な場所もお出かけも楽しくなる日暮里

周辺を散策するのも楽しみに(谷中銀座 イニシア日暮里テラス 約1200m・徒歩15分、
イニシア日暮里アベニュー 約1230m・徒歩16分/2019年12月撮影)

日暮里周辺には谷中銀座や日暮里繊維街など下町情緒を感じさせる街やバラエティーに富んだレストランやカフェ等も豊富。また、山手線沿線というアクセスの良さで気になるスポットへも思い立ったら場所を選ばず、気軽にお出かけできます。次のお休みが、待ち遠しくなる・・・そんな毎日になりそうです。

都心立地で南向きを実現
土間やスライドウォールなど
機能的でフレキシブルな暮らし

イニシア日暮里プロジェクトは、南向き住戸のあるイニシア日暮里テラスと西向きのイニシア日暮里アベニューの2物件があり、歴史を継承した洗練のフォルム。都会でありながら単身者やカップルが暮らしやすいコンパクトな南向き住戸を実現できている点は、注目ポイント。年間を通して快適に過ごせる南向き住戸は、在宅勤務の際や休日に健やかで心地よい暮らしを叶える。
都心エリア×山手線徒歩圏×南向きという希少性は、将来の賃貸にもプラスとなり資産としても評価できる。

リビング・ダイニング・キッチン・洋室(1)・洋室(2)
※Fタイプ住戸は西向きとなります。

多彩な間取りのバリエーションに加え、スライドウォールなどを採用した可変性の高いプランは、ライフステージが変化しても住みやすく経済的でもある。左記の調査資料からも多くの住宅購入検討者が、以前よりも間取りの変更を求めていることがわかる。居心地の良い住空間を求めるウィズコロナのトレンドにもフィットしている。オン・オフを自在にできる「イニシア日暮里テラス/イニシア日暮里アベニュー」なら理想のライフスタイルが実現できそうだ。

キッチンをワークスペースに使うことで家族との
コミュニケーションも自然と生まれる
リビング・ダイニング・キッチン

※出典/「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの意識・実態」調査
(リクルート住まいカンパニー調べ/2020年5月)

自由度の高い住まいで快適に自分らしく

間取りの自由度の高さがが暮らしを充実させてくれる
リビング・ダイニング・キッチン

お部屋のレイアウトが自由にできることで、ワークスペースや趣味の部屋などを必要に応じて確保することができます。無理なく自分のスペースが設けられることで、在宅時間が多い日々もストレスフリーで過ごすことができます。家族みんなが毎日を自分らしく生活できる空間・・・そんな理想が叶います。

住宅専門家 岡本郁雄

不動産領域のコンサルタント・FPとしてセミナー講師や執筆、メディアなどで幅広く活躍中。延べ3000件以上のモデルルームや現場を見学し、最新のマーケット事情にも強い。

※掲載の室内写真はイニシア日暮里テラスモデルルームFタイプを撮影(2020年9月)したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。また、仕様は一部有償オプションを含んでおります。