トップ > 取り組み > 2016 > 自分らしいライフスタイルを実現する視点で住まいを選ぶ
~永く・快適に・愛着の湧く住まい選びのヒント~書籍『住まい選びの新基準』刊行

2016.08.10

自分らしいライフスタイルを実現する視点で住まいを選ぶ
~永く・快適に・愛着の湧く住まい選びのヒント~
書籍『住まい選びの新基準』刊行

毎日の暮らしが、豊かで楽しく、自分らしくいられる、
「住まい選び」とは?

これまでの住まい選びは、安心して暮らせることを重視しながら、複数の物件を見学・比較検討することが当たり前のようになっていました。家族がそれぞれの部屋を持てるような部屋数、広さや間取り、職場への通勤の利便性、駅からの徒歩分数、部屋の向き、周辺の環境、予算── これらはいわば「不動産」としてみたときの住まいであり、「資産価値」という数値に置き換えられます。

コスモスイニシアでは、お客さまの住まいに対する「感性的価値観」や「すごし方」にフォーカスした住まい(空間)づくりに注力してまいりました。住まい選びにおいて、その空間でどのような時間をすごすかを重視されているお客さまが増えています。毎日の暮らしが、豊かで楽しく、自分らしくいられるか、多くのお客さまの住まい選びに対し、そのような視点でのヒントとなるようにとの考えから本書を刊行いたしました。

本書では、広さや部屋数など数値化できる要素ではなく、自分らしいライフスタイルを実現するといった視点で住まいを選ぶため、事例を数多く紹介しています。そして住まい選びに「楽しさ」「心地よさ」「自分らしさ」の要素を加えた、新しい評価基準を提示しています── それが本書のタイトルである『住まい選びの新基準』です。

本書に特別コラムを寄稿いただいている
建築家 光嶋裕介さんにお話を伺いました

建築家・光嶋裕介が語る「住まい選びの新基準」とは?

「数値化できない価値を育む」
執筆にあたって意識したこと

執筆にあたって、日々建築の設計を生業としている私は、なるべく丁寧に分かりやすく住まいの魅力を伝えることを心掛けました。建築家は、設計のプロフェッショナルですが、空間を体験することにおいては、じつのところ、玄人も素人もありません。誰もがみな起きている時間のほとんどを建築の空間のなかで過ごすはずです。そして、みな何かしらのシグナルを空間から感じながら、生きています。同じ本を自分のお気に入りのカフェで読むのと、満員電車で読むのとでは、ストーリーの入り方や印象が違ってくるように、空間は意識的にも、無意識的にも、私たちに多くの場を提供しているのです。それを、設計という視点から住まい手への想像力を働かせ、一緒に考えることで住まいの新基準に接近したいと考えました。

「住まい選びの新基準」というテーマに対して感じること

「住まい選びの新基準」というテーマに対して、人間の住まい方の本質について考えていくと、私が今まで旅した世界の名作住宅を具体的に紹介することで、浮かび上がるものがありました。住宅には、色濃く住まい手の物語が空間に定着するということ。その時代、その場所で、その人たちでなければ起こり得なかった化学反応が、唯一無二の住まいを実現させてきました。その物語がしっかりと共有されると、時間を超えて建築は、継承されていきます。その魅力の本質は、ほかのものと比較考量する類のものではなく、「数値化されないもの」であるのです。

コスモスイニシアについて感じること

多様な住まいを提供してきたコスモスイニシアが、こうして豊富な実例をたくさんの写真とイラストで紹介する住まいの本をまとめることの意味は、大きい。現状の仕事に満足することなく、ライフスタイルが変容していく現代において、未来の住まいについて、新しい価値観を見出そうとするコスモスイニシアの試みに、深く共感します。模範解答など存在しない「住まい選び」という切実な問いに対する、強い意思を感じたからです。この本の読み手たちが、それまでの日常的な空間に対する新しいセンサーが発動することを期待したい。いままで見ていた日常の風景が、ちょっとだけ違って見えるといったような変化から始まるのかもしれません。

光嶋裕介 Yusuke Koshima

建築家。東京、目黒区在住。1979年、米ニュージャージー州生まれ。早稲田大学理工学部建築学科で石山修武に師事。2004年、大学院卒業とともにヨーロッパへ。ドイツの建築設計事務所に勤務。2008年に帰国し光嶋裕介建築設計事務所を主宰。2010年、思想家・内田樹氏の自宅兼道場(合気道)である凱風館を設計。SDレビュー2011入選。2010年より桑沢デザイン研究所、2011年から2012年まで日本大学短期大学部にて非常勤講師を務める。さらに2012年から2015年まで首都大学東京・都市環境学部に助教として勤務。2015年より現在、神戸大学にて客員准教授。著書に『みんなの家。~建築家1年生の初仕事~』『幻想都市風景』『建築武者修行―放課後のベルリン』など。

今後も、お客さまの毎日の暮らしをより豊かに、より快適にする、住まいや住まい方に関する情報を発信してまいります。

『住まい選びの新基準』の内容

ライフスタイルに合わせた「自分らしい暮らし」を実現しよう!

  • PART1:
    マンション「自分らしいライフスタイルの実現」
  • 番外編①:
    リノベーションマンション「自分好みの住まい」
  • 番外編②:
    重層長屋「タウンハウス」の魅力
  • コラム:
    建築家 光嶋裕介が語る「住まい選びの新基準」とは?
  • PART2:
    一戸建「一戸建ならではの魅力」
  • 巻末付録:
    コスモスイニシア グッドデザイン賞の軌跡
    コスモスイニシアが手がけた作品たち
書籍名
住まい選びの新基準
編者
コスモスイニシア『住まい選びの新基準』編集部
発行元
株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目9番7号 〒151-0051
電話
03-5411-6440(編集)
コラム
建築家 光嶋裕介
イラスト
水谷慶大
デザイン
有限会社タイプフェイス 渡邊民人/清水真理子
ライター
クロロス 小川真理子/福永一彦
発売日
2016年7月30日(土)/初版1,000部
体裁/価格
A4版 96ページ/1,200円(消費税等別)
(東京都内の主要書店/Amazonにて販売

書籍「住まい選びの新基準」は、東京都内の主要書店・Amazonにてお求めいただけます。

トップ

2016年

2015年

2014年