トップ > 取り組み > 2014 > コスモスイニシア創業40周年フラッグシッププロジェクト モデルルームグランドオープン!!

2014.12.10

コスモスイニシア創業40周年 フラッグシッププロジェクト
イニシア武蔵新城ハウス“やさしいシカクPROJECT”
モデルルームグランドオープン!!
※おかげさまで「イニシア武蔵新城ハウス」は全戸完売致しました。

コスモスイニシア創業40周年記念フラッグシッププロジェクトとして、
住宅購入を考えるお客さまの声や暮らし方の価値観の変化などを捉え直し、
「やさしいシカク」として体現したプロジェクト「イニシア武蔵新城ハウス」

6月の公式ホームページ公開以降、約1,000件を超える
資料請求をいただき、いよいよグランドオープンを迎えます。

“やさしいシカクPROJECT”とは

住む人にとってやさしい住まいって、どんなカタチ?

「やさしい住まい」とはどうあるべきなのかという住まいの原点に立ち返り、
住まいの中に 無駄な凹凸をなくし、極力シンプルで美しいカタチをつくること。

やさしいシカクリビング
梁・柱による凹凸のないフラットな天井と壁により、より空間の広がりを感じるリビング

ボイドスラブ工法、アウトポール、トールスライドウォールの採用により、コーナー、天井、壁すべての面をすっきりとフラットに設計。凹凸が少ないため、家具のレイアウトがしやすく、視覚的にも天井が高く感じられ、より空間の広がりを感じることができるやさしいリビング空間です。

間取りの自在性
可動収納やスライドウォールより住まい方が柔軟な間取り

すっきりとした空間を活かし、間取りの使い方を指定せず、住まう方が自在に住みこなせる可動収納やスライドウォールを採用しています。ライフステージの変化に応じた多彩なレイアウト・住まい方が実現できます。

スクエアな外観
建築美を追求した直線的でフラットなファサードと質感のある左官コテ仕上げの外観

「建築美」 直線的でフラット、凛とした建物として美しく街の中に存在する姿を描いています。「柔らかさ」 質感ある左官コテ仕上げを施した白い外壁により沿道の植栽が美しく映え、柔らかな雰囲気を演出します

壁面は職人の手仕事“左官コテ仕上げ”により柔らかさとぬくもりを演出しています。

※写真の仕上げは計画段階のものであり、変更になる場合があります。(2014年7月撮影)

すっきりとした空間を活かし、間取りの使い方を指定せず、住まう方が自在に住みこなせる可動収納やスライドウォールを採用しています。ライフステージの変化に応じた多彩なレイアウト・住まい方が実現できます。

共通の風景
沿道、中庭の豊かな植栽計画により、
四季の情景を住まう人が共通で感じる全体計画

沿道には、「ココロを潤すやさしさ」をテーマに、
街と建物に緑の潤いをもたらす植栽計画を施し、
穏やかな緑で暮らす方と道行く人を包みます。
建物によって囲まれた空間には、常緑の高木や落葉樹の高木ヒメシャラ、
さらに中木、低木で構成された中庭を設けました。

中庭完成予想図

“土の壁”エントランス
左官職人による左官仕上げの“土の壁”を施したエントランス

エントランス完成予想図

エントランスホール完成予想図

オンからオフへ切り替えるエントランス空間の一部の壁面には左官職人による“土の壁”を採用しています。
手仕事によりぬくもりのある空間演出を実現しています。

家具としてのキッチン
リビング空間のインテリアの一つとしてデザインしたシーナリーキッチン

リビング・ダイニング・キッチン

キッチン

キッチンから見える風景だけではなく、リビングから見えるキッチンの風景も大事にし、設備と空間を別々に考えるのではなく、「LDK」の同じ空間としてデザインしています。 キッチンで作業する人とリビングにいる家族を同じ空間でつないでいます。

魅せる住宅設備
住まいの中に見える設備はシンプルで飽きのこないデザイン性の高いアイテムを採用

洗面室

住まいの中に見える設備も一つ一つシンプルでデザイン性の高いものを採用しています。細かな配慮をしたこれらの設備は家具のように、空間に溶け込みます。

武蔵新城というポジション
アクセス性、生活利便性、毎日の暮らしにちょうどよい住環境

13路線※使える武蔵小杉駅から2駅、溝の口駅は1駅。
どこへ行くにもフットワーク軽いアクセス。
駅前に8つの商店街を構え、生活にちょうどよいが揃う
武蔵新城タウン。

トップ

2016年

2015年

2014年