ニュースリリース

<お知らせ>
2007年に設立した小学校低学年向けの野球大会(埼玉県南部)
『コスモスイニシアJr.カップ』 第10回記念大会
野球を通じ地域交流を深め友好の輪を拡大

2017年03月29日

 株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、社長:高木 嘉幸、HP:https://www.cigr.co.jp/)は、2007年より公式戦の少ない小学校4年生以下の低学年を対象とした野球大会『コスモスイニシアJr.カップ』に協賛してまいりました。今年度、第10回記念大会が閉幕いたしましたので、お知らせいたします。

 

 『コスモスイニシアJr.カップ』は、公式大会と同等の競技意識・目的意識を持って臨む試合の機会を提供することを目的として、埼玉県さいたま市大宮地区の熱意あふれる少年野球チーム指導者のみなさまと当社の協働という形態でスタートいたしました。第1回は8チームの参加から始まった本大会も、開催の回を重ねるごとに参加チームが増え、第10回記念大会では28チームに参加いただきました。公式大会に参加機会の少ない小学校4年生以下の選手にとって、公式大会と同等の大会として定着しつつあるとともに、白熱した試合が展開されています。

 

 第10回記念大会の閉会式では、日本女子プロ野球リーグ(JWBL)埼玉アストライアの選手による野球教室やミズノ株式会社による野球道具のお手入れ(メンテナンス)教室を開催するなど、本大会に参加している選手の子どもたちがより野球にふれる機会を提供しています。

 

170329_jr.cup.jpg

 当社は『コスモスイニシアJr.カップ』をはじめ、さまざまな活動を通じて地域交流を深め友好の輪を広げてまいります。

 今後も、企業として商品・サービスを通じて社会課題を解決するため、CSVビジョン『Next GOOD「よい暮らし」「よい社会」の、次のこたえを。』求める取組をお客さま・社会と共に創ってまいります。

 

 170329_jr.cup8.jpg

 

● 2016年第10回記念大会の閉会式でのイベント

 本大会に参加している選手に、より野球に親しんでいただくため、現役の日本女子プロ野球リーグの選手から野球を学んでいただく機会として「ベースランニング教室」や総合スポーツメーカーミズノ株式会社から野球道具(グローブ)のメンテナンスの大切さを学んでいただく機会として「野球道具のお手入れ(メンテナンス)教室」を開催いたしました。

 そして子どもたちの親睦を深めるため、参加チーム対抗の「ベースランリレー大会」や「野球クイズ大会」を開催し、子どもたちのみならず保護者のみなさまや各チームの指導者のみなさまからもご好評いただくことができました。

 

170329_jr.cup2.jpg

 

●  日本女子プロ野球リーグ(JWBL)「埼玉アストライア」:楢岡美和選手、磯崎由加里選手、川端友紀選手ほか

https://www.saitama-astraia.com/

●  総合スポーツメーカーミズノ株式会社リペアクラフトマン:御園 俊夫氏

http://www.mizuno.jp/

 

170329_jr.cup3.jpg● 本大会の参加チーム(28チーム)

170329_jr.cup4.jpg170329_jr.cup5.jpg170329_jr.cup6.jpg170329_jr.cup7.jpg

 

●  コスモスイニシアJr.カップのホームページ

https://www.cigr.co.jp/csv/project/

https://www.cigr.co.jp/csv/project/jrcup.html

●  コスモスイニシアJr.カップのFacebook

https://www.facebook.com/InitiaCup/

●  コスモスイニシアCSVビジョン

https://www.cigr.co.jp/csv/

以上