ニュースリリース

開いて、閉じて。変えながら、永く暮らす住まいを。
nendo × INITIA
新ブランド「INITIA CLOUD」発表

2015年06月30日

 株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、代表取締役社長:高木嘉幸、HP:https://www.cigr.co.jp)は2015年6月30日に、「'柔らかさ'のある住まい」をテーマにした新ブランド「INITIA CLOUD(イニシアクラウド)HP:https://www.cigr.co.jp/pj/i-cloud/」を立ち上げます。

  

新ブランド「INITIA CLOUD」は、Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出され、世界で活躍する佐藤オオキ氏が代表を務めるデザインオフィスnendoの監修により誕生しました。

「INITIA CLOUD」では、「マンション」「一戸建」「リノベーション」といったカテゴリーの枠を越え、家族構成の変化や個性の追求など、ライフスタイルが多様化する現代において、思いのままに空間を変えていくことで、暮らしが住宅に左右されず、住宅が暮らしに対応する「''柔らかさ'のある住まい」を実現します。

  

「INITIA CLOUD」の基本は、開放的な大きなスペースと、この空間の数ヶ所に設定されたスライドウォールの組み合わせです。扉を開くと大きな空間となり、扉を閉めることでよりプライベートな空間が生まれます。扉の開閉位置を変えることでさまざまな間取りやレイアウトが可能となり、さまざまなライフスタイルに対応する空間を生み出します。ひとつのスペースにひとつの使い方だけでなく、複数の用途を持たせることができることが大きな特長です。

  

 新築マンションの『イニシアクラウド二子玉川』を皮切りに、リノベーションマンション『パレ二子玉川』や一戸建『グランフォーラム梶が谷』など、今後さまざまなカテゴリーにおいて「INITIA CLOUD」シリーズを展開いたします。

 

20150630_IC_PALE_Model.jpg 

 

■ブランドコンセプト:'柔らかさ'のある住まいを。

暮らしのシーンは、いつまでも同じままではなく、また一様でもありません。家族構成の変化だけではなく、多様な働き方や個性的な生き方への希求など、ライフサイクル上におきる変化の頻度は増しています。住まいも、より短い時間軸での柔軟性が必要であると考えます。ライフスタイルが変わった時、住宅そのものが変化することで、より永く快適に暮らし続けることができる。暮らしが、ハードとしての住宅の制約を受けず、住宅が暮らしに柔軟に対応する。そのような住まいの形を、次の時代の価値として、提供していきます。

 

 

■ブランドロゴ

「INITIA CLOUD」のテーマである'柔らかさ'の象徴として、空にふんわりと浮かぶ雲をロゴとして採用しています。

身近でナチュラルな'柔らかさ'の象徴であるとともに、すごしかたの快適さを高めてくれる新しい'やさしさ'の象徴でもあります。

 

20150630_IC_Logo.jpg 

 

■'柔らかさ'のある住まいの、3つのテーマ

 

1.SCENE: 趣味や個性的なライフスタイルを表現するための'柔らかさ'

住まいを、実用的な生活の場と捉えるだけではなく、趣味や個性的なライフスタイルを実現したいというご要望にお応えします。スライドウォールを開閉することで手軽に間取りを変えることができ、趣味のシアタールームやライブラリースペースを作ったり、パーティースペースやカフェスタイルなどの来客のある空間まで、利用環境やイベントに応じて、あらかじめきめられた間取りにとらわれずに、ひとつの空間で複数の用途を持たせることができる'柔らかさ'があります。

 

20150630_IC_scene.jpg 

 

 

2.TIME: 子どもの成長、家族構成の変化にも対応する可変性の高い間取り

子どもの成長や家族構成の変化など、時とともに成長し変化していく家族のあり方に対応する住まいを実現します。間取りを自由に変えることができるため、リフォームなどによる経済的な負担を軽減することができます。より長期間にわたり、家族のライフステージに応じて柔軟に対応する'柔らかさ'があります。

 

20150630_IC_time.jpg 

 

3.TOUCH 質感も暮らしを豊かにする要素として組み立てています。

見て触れて心地よい、ぬくもりのある素材や環境に調和するオーガニックな色彩は、時の経過によって住まいに豊かさをもたらし、日々の生活に潤いを添えると考えます。空間としての柔軟性だけでなく、素材の選定による柔軟性も考慮し、過度な仕上げを行わず、素材そのものの魅力を活かしたシンプルな空間としました。住む人の肌になじみ、素材や色彩が持つ自然な風合いを味わうことができる、住まい本来の価値をはぐくみます。

 

20150630_IC_touch.jpg 

 

 

■『INITIA CLOUD』シリーズ紹介

 

□「INITIA CLOUD」の新築マンション

イニシアクラウド二子玉川』(7月下旬 事前案内会開催予定 資料請求受付中)

20150630_IC_purse.jpg『イニシアクラウド二子玉川』外観完成予想図 

 

<物件概要>(イニシアクラウド二子玉川イースト)

・所在地:東京都世田谷区岡本二丁目1111番(地番)

・交通:東急田園都市線「二子玉川」駅バス7分「砧南中学校前」バス停下車徒歩7分、
 東急田園都市線「二子玉川」駅西口より徒歩22分

・総戸数:41戸(他に管理事務室1戸)/構造・規模:鉄筋コンクリート造・地上4階建

・間取り:2LDK・3LDK/専有面積:77.19m298.34m2

・竣工時期:2016年1月下旬予定/入居時期2016年2月下旬予定

 

□「INITIA CLOUD」のリノベーションマンション

パレ二子玉川』(8月下旬竣工予定 資料請求受付開始)

<物件概要>

・所在地:東京都世田谷区多摩川2丁目

・交通:東急田園都市線「二子玉川」駅西口徒歩6分/専有面積:43.42m2/間取り:1LDK

・入居予定時期:2015年10月予定

 

□「INITIA CLOUD」の一戸建

グランフォーラム梶が谷

<物件概要>

・所在地:神奈川県川崎市高津区梶ヶ谷六丁目11番88号他(地番)

・交通:東急田園都市線「梶が谷」駅徒歩17分、
 東急田園都市線「梶が谷」駅バス4分「梶が谷5丁目」バス停下車徒歩6分

・総区画数:20区画(うち、建築条件付き宅地区画3区画)※建築条件付き宅地としてご案内中

 

※ 東急田園都市線を皮切りに展開。

 

 

■nendoのコンセプト

小さな「!」を人に感じてもらうこと。

私たちの日常には、たくさんの小さな「!」が見え隠れしています。

ただ、それに気づかなかったり、気づいても無意識に、

頭の中でリセットしてしまうことが多いのです。

でも、そういうささやかな「!」こそが、

一日一日を、豊かにしてくれているのだと思います。

だから、私たちnendoは、それらをそっとすくい上げ、

わかりやすいカタチにすることで、日常に還元していきたいと考えます。

nendoのデザインに触れた人に、小さな「!」をじわじわっと感じてもらうこと。

それがnendoの仕事です。(※nendoのホームページより掲載)

 

 

20150630_IC_Mr.Sato.jpg

デザインオフィスnendo代表 佐藤オオキ氏

1977年カナダ生まれ

2002年早稲田大学大学院修了、デザインオフィスnendo設立。

建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと多岐にわたってデザインを手がけ

Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出され、Wallpaper誌(英)、ELLE DECO誌をはじめとする世界的なデザイン賞の数々を受賞。

作品はニューヨーク近代美術館(米)、ポンピドゥーセンター(仏)、ビクトリアアンドアルバート博物館(英)など世界の主要美術館に多数収蔵されている。

 

 

 

 

■コスモスイニシア 

13年連続グッドデザイン賞受賞 それは、私たちの「暮らし創り」が評価された証です。
コスモスイニシアの考えるデザインとは、住む人の視点に立って暮らしやすさとは何かを徹底的に追及し、これまでになかった暮らし方や生活提案を創造しつづけてゆくこと。その思想は、私たちがこれからお届けするすべての住まいにも、確実に受け継がれてゆきます。

 

<参考>コスモスイニシアのモノづくり

これまでのプラン提案事例

●「フレキシブルリビング」

20150630_IC_flexibleliving.jpg

開ければ開放感ある空間で一緒にすごせる。閉じればひとりの空間に。多彩な空間設定が可能です。

2002年に、当時静岡大学で住居学を教えていた外山知徳教授とともに『絆プラン』という商品を企画しました。このプランは、子どもの勉強部屋を幼少期にいきなり分離させて設けるのではなく、子どもの成長に応じて、リビングの一角に親の気配を感じながら宿題ができるなど、現在ではスタンダードとなっている「フレキシブルリビング」を生み出しました。

その後、2003 年度は東京電機大学の山本研究室と『都市型小グロス集合住宅の研究』を、2004年度は東京工業大学の仙田研究室と『建物の共用空間と子どもの居場所に関する研究』を行い、毎年テーマを変えながら大学との共同研究を続けてまいりました。2006 年からは「ココラボ」と銘打って、毎年テーマを設け、企業・大学・消費者の双方向の住宅研究プロジェクトが始まり、「ココラボ」から生まれた住まいの提案を、商品に具現化して参りました。昨年度から今年度にかけては「シェアタウン」をテーマにした研究も進めています。

 このようにコスモスイニシアは常に次世代を見据え、社外の英知とコラボしながら新しい価値を創造しつづけてまいりました。

 

 

「彩り収納」(2005年導入開始)

しまうモノから発想し、しまうモノの指定席を設けた収納スペース。20150630_IC_Futon&Tallcloset.jpg

社内の女性有志5人によるプロジェクトの提案から商品化。

 

FUTON収納

「布団の収納場所が足りない」という声にお応えして、布団を収納できる奥行を確保。お客さまからは「ありそうでなかった!」と大変ご評価いただき、現在では多くのマンションで採用されるようになりました。

  

天井まで収納

天井を高く、また枕棚を設置することで、天井までたっぷり入るスペースを確保しています。
 

洗濯機置場 上部吊戸棚

洗濯機置場の上にも収納を装備し、空間を有効利用。洗剤やタオルはもちろん下部にハンガーパイプが設けられハンガーなどが綺麗に収まります。

 

トイレ吊戸棚

12ロールのトイレットペーパーを袋から取り出さずにしまうことができる設計に。さらに飾り棚を設置しているので、観葉植物などを置くスペースとしても便利です。

 

20150630_IC_wash&restroomcloset.jpg 

 

「シーナリーキッチン」(2014年導入開始)

LDと一体感を持たせ、美しい風景をつくりだす開放的なキッチンです。

LDK空間の中心的な存在となり、キッチンを起点としたコミュニケーションが

生まれる空間づくりを目指しました。

20150630_IC_scenerykitchen.jpg 

 

「ウェルカムホール」(2014年導入開始)

20150630_IC_welcomehall.jpg

第一印象を決める場所だから、ゆとりある広さと、シンプルな美しさにこだわりました。

・ゆとりある玄関空間を生む新発想

玄関空間単体で考えるのではなく、隣接する洋室との関係性から設計。使い勝手の限られていた洋室の一部を玄関側に用いることで、玄関幅を広げ、ゆとりあるホールのような玄関空間を実現しました。

20150630_IC_welcomehall_illustration.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40周年記念プロジェクト イニシア武蔵新城ハウス「やさしいシカク」(2014年供給済)

梁・柱凹凸のないフラットな天井と壁により、より空間の広がりを感じるリビング。

20150630_IC_musashishinjoLD.jpg

すっきりとした空間を活かし、間取りの使い方を指定せず、住まう方が自在に住みこなせる可動家具やスライドウォールを採用しています。

20150630_IC_musashishinjocroset.jpg 

 

●「INITIA CLOUD」(2015年発表)

コスモスイニシアは、従来の住まいの常識を超えるため、建築以外の分野でも世界的に高い評価を受けているデザイナーの佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendoと2014年1月から新商品の開発に取り組みました。

 

20150630_IC_nendo_INITIA.jpg 

暮らしのなかのちょっとした「!」を

デザインでかたちにすることで、

生活をより楽しく、豊かにする。

住む人の視点に立って暮らしやすさとは何かを

徹底的に追求し、これまでになかった暮らし方や

生活提案を創造しつづける。

 

 

コスモスイニシアのこれまでのモノづくりへの姿勢とnendoのコンセプトが共鳴する部分も多く、その中でもnendoは、「INITIA」の独自の強みとして間取りの柔軟性・可変性に着目しました。

この柔軟性・可変性をさらに際立たせることで、この度「INITIA CLOUD」が誕生しました。