ニュースリリース

入居後も暮らし方の変化や好みに応じてカスタマイズできる仕掛け『KASUTAMA(かすたま)』を新築マンションに導入 -「イニシア豊洲コンフォートプレイス」を始め5月以降販売開始物件で展開予定-

2012年04月23日

株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、社長:高木嘉幸)は、暮らし方の変化や好みに応じて入居者自身が簡単に住空間をカスタマイズできる新しい仕掛けとなる『KASUTAMA(かすたま)』を、平成24年5月から販売開始する新築マンションに順次導入していきます。

KASUTAMA(かすたま)は、入居後の住空間に対する変化や気づきを、ハード面とソフト面の両方でサポートします。 KASUTAMA(かすたま)のロゴマーク
KASUTAMA(かすたま)のロゴマーク



○KASUTAMA(かすたま)の主な特徴


●ハード面 〜KASUTAMA(かすたま)のための新しい建物仕様〜


1.アレンジウォール(二重壁)・・・これまでビス等を打ち込めなかった戸境直貼壁に、額やかざり棚を取り付けやすくするために、石膏ボードの二重壁部分を増やしました。
2.スムースドレッサー(洗面)・・・使い勝手に応じて収納機能をアレンジできるセレクタブルアイテムを採用。また、これまで中央にあったボウルを片側に寄せることで、忙しい朝の時間に2人が並んで立てる工夫など、使いやすさの向上を図りました。
3.彩りインターホンパネル・・・ご入居後にも、新聞受け部分を5種類の機能別アイテムから選んで購入・変更ができたり、ご家庭のプリンターなどで作成した表札をはめ込むことができるよう、カスタマイズを楽しめる新しいシステムを導入したインターホンパネルを採用。大切なくらしのウェルカム空間の演出を、より自在にお楽しみいただくために、ここにもアイデアを詰め込みました。


●ソフト面


1.KASUTAMA(かすたま)アイテムの販売を開始
2.くらしのメンテナンスグッズをプレゼント・・・KASUTAMA(かすたま)導入物件のご購入者を対象とします。
3.KASUTAMA(かすたま)イベント実施・・・実際のカスタマイズを疑似体験できるワークショップイベントの開催を予定しています。


【KASUTAMA(かすたま)アレンジ例】【ワークショップイベント(イメージ)】
「ウォールステッカー」で自分らしくアレンジ



○コスモスイニシアの住まいづくりのポリシー「こだわりづくり。あなた仕上げ。」



住まいとは、家族の成長や暮らし方に応じて変化していくものだとコスモスイニシアは考えています。その変化の中で、いつまでも快適に楽しく暮らして頂くために、住宅事業者として提供する建物仕様「こだわりづくり」に加え、住み始めてからも、住む人の手による「あなた仕上げ」を応援する仕掛けとなるKASUTAMA(かすたま)の導入に踏み出しました。
KASUTAMA(かすたま)物件第1号となる5月販売開始の「イニシア豊洲コンフォートプレイス」を皮切りに、今後の販売において順次導入していく予定です。

●KASUTAMA(かすたま)サポート内容
ハードでのサポートソフトでのサポート
【アレンジウォール(二重壁)】
あらかじめDIYアレンジできるように、リビングとリビング横居室の戸境壁を二重壁とし、フックなどの打ち込みを可能とします。
【くらしのメンテナンスグッズプレゼント】
思い立ったらすぐにKASUTAMAできるように、対象マンションをご購入いただいた方には、メンテナンスグッズをプレゼント。また、住まいのちょっとした補修ができるように、補修キットも販売予定です。
【スムースドレッサー(洗面)】
ボウル片寄り、二面鏡方式、アレンジできる鏡裏の収納スペースで、朝の時間をスムーズにする、ワザありのドレッサーを採用。
【KASUTAMAイベント】
"『KASUTAMA』の魅力は、自分で仕上げた時の達成感だが、キレイには仕上がらないかも"といった悩みを解決すべく、「壁面コーディネート」「整理収納」「バルコニー菜園コーディネート」と、それぞれの専門家を招いたワークショップを開催予定。暮らし方のテクニックの数々を実際に体験しながら、ご自身の手でテクニックを学べる実践講座を開催。
【彩りインターホンパネル】
家族を迎える、ゲストを迎える住まいの入り口だから、住む方の好みに合わせて、インターホンのカラーセレクトや、アレンジができるような工夫をこらしたインターホンを採用
【KASUTAMAアイテム販売方法】
・引渡し前はオプション販売会にて受注。
・引渡後―入居者懇親会にて受注。



●5月販売物件/イニシア豊洲コンフォートプレイス、イニシア田端、イニシア川口、イニシア浦和岸町、イニシア門前仲町、イニシア浦和常盤
以降順次展開予定