ニュースリリース

分譲戸建住宅『グランフォーラム大田中央』
第1期1次・同2次販売の計11棟、両期とも即日申込完売
特徴的な高台立地、街並み・住棟配置計画、建物プランが高評価

2011年12月20日

   (株)コスモスイニシア(本社:東京都港区、社長:高木嘉幸)は、オリックス不動産(株)(本社:東京都港区、社長: 山谷佳之)との共同事業である、分譲戸建住宅プロジェクト『グランフォーラム大田中央』(所在地:東京都大田区、 総区画数:33区画)の第1期1次及び同2次の販売を行ったところ、第1期1次 6棟が登録件数 11件、最高倍率3倍、平均倍率 1.8倍、同2次5棟が登録件数5件、最高倍率1倍、平均倍率 1.0倍にて、両期とも即日申込完売となりましたのでお知らせいたします。
※登録受付期間:第1期1次 12月 10日・11日/同2次: 12月 16日

   今回販売対象の住棟は、敷地面積 96.11 m²〜126.44 m²、延床面積 92.32 m²〜99.38 m²、間取り3LDK・4LDK、販売価格 6,380万円-8,380万円の建売住宅 11棟です。
   本年7月末の資料請求受付開始以降、約 400件のお問い合わせをいただき、販売事前説明会を開催した 10月 30日から第1期2次の登録最終日である 12月 16日までに、約 90組のお客様にご来場いただきました。
   お申し込みいただいたお客様の属性では、年齢は 30歳代が全体の約 40%、40歳代が全体の約 60%、職業は会社員が全体の約 80%となっております。

   なお、今後のスケジュールは、第2期販売について、平成 24年1月下旬にて登録受付を予定しております。建物は 12月 6日より順次竣工しており、平成 24年1月下旬以降、順次引渡しを開始する予定です。

外観完成予想図



■当プロジェクトの主な特徴
<大田区中央5丁目、浅草線「西馬込」駅から徒歩9分の見晴らしの良い高台に立地>
計画地は、大田区のほぼ中央に位置する「大田区中央」の住所において、中でも、「中央5丁目」の、周囲を一望する見晴らしの良い高台に立地しています。池上本門寺を始めとした周辺の豊かな自然環境と、都営浅草線始発駅「西馬込」駅から徒歩9分の高い利便性を兼ね備えた稀有な立地特性を有しています。

<特徴が異なる5つの「住区」で構成された全 33 区画の街並み>
敷地面積 94.05m²〜126.44m²の全33区画からなる大規模な街づくりを特徴としています。「街」は全体として調和を図りつつも、建物外観(外壁・門柱)と外構計画(シンボルツリー・植栽)の特徴がそれぞれに異なる5つの「住区」で構成し、街並みに印象の変化を演出しています。
また、A-D住区内は、良好な街並み景観を阻害する電柱を地中埋設しています。


敷地配置イメージイラスト



<6棟一体の「コの字型」住棟レイアウト>

A住区イメージイラスト



各「住区」(E住区除く)には、中央に共有空間を設け、その周りに6棟をコの字型に配棟するレイアウトとしています。これにより、住棟同士の間に最大で約8mの幅を確保した「広場」のような空間を実現し、風通しや陽当たりが良好なコミュニティを育むスペースとなると共に、全棟の玄関へのアプローチや駐車スペースにもゆとりを創出しています。


<高台立地を生かした「スカイバルコニー」を設置するなどの特徴的な建物プラン>

6号棟スカイバルコニー写真



高台の立地特長をより生かすため、屋上に「スカイバルコニー」を設置(一部住棟除く)しています。スカイバルコニーにはスロップシンクを設け、ガーデニングやアウトドアリビングとしても利用できます。また、「軸組在来工法」を採用することで、リビングを始めとした居室に背の高い窓やコーナー部分に出窓を設置し、明るく開放感のある室内空間を実現しています。

■現地案内図


■物件概要
物件名 グランフォーム大田中央
所在地 東京都大田区中央5丁目71番2他(地番)
交通 都営浅草線「西馬込」駅南口より徒歩9分
総区画数 33 区画
用途地域 第一種低層住居専用地域
建蔽率/容積率 50 %/100 %
構造・工法 軸組在来工法・2階建
売主 (株)コスモスイニシア・オリックス不動産(株)


<第1期1次・2販売概要>

登録受付期間 第1期1次 12月 10日・ 11日/同2次: 12月 16日
販売棟数 11棟
敷地面積 96.11m²〜 126.44m²
延床面積 92.32m²〜 99.38m²
間取り 3LDK・4LDK
販売価格 6,380 万円- 8,380万
最多価格 6,880万円(3棟)
建物竣工時期 平成 23 年 12 月6日以降順次予定
入居時期 平成 24 年1月下旬以降順次予定