あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO
メンバープロフィール MEMBER’S PROFILE


ケラマン理菜 (ドイツ出身)
まったく日本人の顔をしているのに漢字と敬語が苦手な日本人です。

私の原風景/育った家の風景:
私は4歳まで日本で暮らし、その後ドイツに渡りました。
ドイツは私の第二の故郷になりました。そういうわけで私の中には2つの国のアイデンティティが存在します。なぜか日本にいる時はドイツのアイデンティティ、ドイツにいる時は日本のアイデンティティの方が強いのです。それは私にとってとても面白い時もあれば少し孤独な気持を与えることがあります。
建築を志したきっかけ:
建築は人間の三つ目の衣服です。
小さい時からヨーロッパと日本の建築を見てきて、アートも好きな私は何を試してみようかと思ったとき、建築を志しました。その人間の三つ目の衣服のような必要な物、人々に役立つような物を作りたいと思いました。
最近はまっていること:
吉野家の牛丼にハマっています。意外と普通でしょ?夜遅く帰ってきても温かい美味しい食事ができるなんて日本は便利な国ですね。
これまでに良いと思った住まいの工夫:
私は13歳から18歳の時全嶺制の中学・高校へ行きました。そこでは一つの部屋を他の学生とシェアして、その上その同じ部屋で寝る、勉強する、時間を過ごすという状況でした。その経験以来とてもコンパクトな住み方ができるようになりました。
ウィンドウを閉じる