あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO
メンバープロフィール MEMBER’S PROFILE


石田 遼 (東京都出身)
体を動かすことが好きです。最近運動不足ですが・・・。ゴルフは特にうまくありません。

私の原風景/育った家の風景:
僕は4歳までアメリカで育ち、その後東京都心の社宅で育ちました。隣家まで数百メートルというアメリカの田舎で育った私にとって東京の社宅はあまりにも狭く「お母さん、この家、入ったらすぐ外だよ」と言ったそうです。しかしすぐに日本の生活にも慣れ、社宅の中を毎日元気に走り回っていたのをよく覚えています。社宅の一室というよりは全体が自分にとっての“イエ”だったのでしょう。
建築を志したきっかけ:
僕の父親は証券会社勤務なのですが、僕は最近になるまで父が何をしているのか理解できませんでした。将来息子に「お父さんの仕事は何?」と言われたときに、「アレを作ることだよ」と建築を指さして言える、そんなわかりやすさにひかれたということが理由の一つだった気がします。
最近はまっていること:
最近実家が引っ越しをしていまだに段ボールが積み上げられた状態になっています。うちにはこんなにもモノがあったのかと驚くばかりですが、なんとなく箱を開けてみると思わぬものが発見されて面白く、家での暇つぶしには最適です。
これまでに良いと思った住まいの工夫:
僕の祖父は日曜大工が得意で家の中が様々に改造されています。戸が自動で閉まるしかけの滑車、梁と梁の間の鉄棒、脱衣所で座れるようなイス兼脱衣籠などなど。そんなに広くない家を縦横無尽に使う工夫がいっぱいです。コンパクト化のカギはこういう遊び心にあるのかもしれませんね。
ウィンドウを閉じる