研究室ブログ COCOLABO BLOG

アーカイブ
2006
2007
2008
ここがみんなの会議室。コメントで参加するココラボ2009!「デキゴトが生む家 みんなの脱・n+LDK会議」
あなたのコメントから、あたらしい家、あたらしい暮らしが生まれます。
<< November,2009
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
11. 9.(Mon)  石田 遼  
COCOLABO 2009 GRAND FINALE

top.jpg

今回でココラボ2009もとうとう最終回となりました。
全20回、半年間の長い間どうもありがとうございました。
最後に研究を振り返ってそれぞれの回が全体の中でどういう意味を持っていたのかということを
研究ページでは書いていなかった舞台裏に迫りつつまとめたいと思います。

”マイクロパタンランゲージ”、これはFinal Roundのテーマですが、実は研究全体の裏テーマでもありました。コンパクトなマンションユニットの設計ツールとなるランゲージ(=言語)を作ること、これが研究を始めるにあたっての大テーマだったのです。もちろんその背景にはブログでも紹介したアレグザンダーによるパタンランゲージの存在がありました。

パタンランゲージというすこしとっつきにくい言葉をどのようにわかりやすく伝えていくか、そしてなにより設計ツールをつくる、という大きくて漠然とした目標にどのように近づいていくか、そのようなことを考えた時にでてきた言葉が”デキゴト”でした。デキゴトという言葉はアレグザンダー自身eventという語を使っているし、なにより一般の方にもわかりやすいということで”デキゴトが生む家 ~みんなの脱n・LDK会議~”という表テーマが考案されました。ではここで今までのすべての研究テーマを見てみたいと思います。

1st ROUND 「小さなデキゴトから考える」
研究No.1【デキゴト = 行為の重なり】
研究No.2【デキゴトから考えた家】
研究No.3【女性のライフスタイルから考える】
研究No.4【女性のライフスタイルが生む家】

2nd ROUND 「いろいろなデキゴトから考える」
研究No.5「モノとのかかわりから考える」
研究No.6「モノと住む家」
研究No.7「家族の在り方から考える」
研究No.8「家族の在り方が生む家」

3rd ROUND 「デキゴトとカタチの結びつきを考える」
研究No.9「たくさんの家からデキゴトを探そう」
研究No.10「外部とつながるデキゴトを考える」
研究No.11「環境からデキゴトを考える」
研究No.12「共用空間/集合からデキゴトを考える」

4th ROUND 「素材、光、時間、デキゴト」
研究No.13「Material」
研究No.14「Lighting」
研究No.15「時間変化×デキゴト」
研究No.16「時と共に変化する家」

Final ROUND 「マイクロパタンランゲージ」
研究No.17「マイクロパタンランゲージ」
研究No.18「マイクロパタンランゲージによる設計」
研究No.19「マイクロパタンランゲージによる角部屋の設計」
研究No.20 「デキゴト×集合住宅」

これらのラウンドは大きく前期(1・2 Round)/中期(3・4 Round)/後期(Final Round)の3つにまとめることができます。

program.jpg

前期(1・2 Round)では行為の重なり(=デキゴト)から間取りを考えていきました。女性、収納、家族の在り方など様々な切り口からデキゴトを考え,そこからどのように新しい間取りが作れるのか、ということを考えるとともに、裏テーマとしてはマイクロパターンランゲージの事例を、設計を通じて集めるという段階でもありました。また、読者のみなさんに対しては、”デキゴト”という言葉を通じて少しづつアレグザンダーのパタンランゲージへの導入とする、という意味もありました。

中期(3・4 Round)では前期で扱ったライフスタイルに加え、もっといろいろな視点からコンパクトな住宅を考えるために、角部屋・環境・共用部・素材・光・時間変化などのテーマを設けました。裏テーマはより広範なマイクロパタンランゲージの収集です。研究的な回と間取りを伴った提案的な回を交互にもってくることで全体としてリズムを持たせることも考えました。またブログではパタンランゲージの説明をし、裏テーマへの伏線としました。

後期(Final Round)では満を持して、マイクロパタンランゲージという語を登場させました。ここではまずそれまで集めたパタンを一斉にカタログとして示しました。ここで裏テーマと表テーマが一致することになります。その後はパタンの有用性を調べるためにマイクロパタンランゲージを用いたプロトタイプの設計を行いました。そしてさらに、集合住宅全体を設計することでマイクロパタンランゲージの射程の長さを示しました。ひとつの住戸の中での微細な設計が都市というおおきなスケールでどのように影響を与えうるのかということがビジュアルな形で表わせたのではないかと思います。

このように書いてみるとすべてがはじめから決まっていたようですが、実際には毎回試行錯誤の繰り返しでなんとか最後までたどり着けて一同一安心しているところです。マイクロパタンランゲージは万能のツールではありませんが、多くの可能性を秘めていると思います。その可能性とは、誰もがツールとして使え、そして使うことによってさらに充実したツールになっていく、というところです。実際、研究17でマイクロパターンランゲージを一覧にして紹介した後も、研九18,19,20ではいくつもの新しいパタンが発見されています。パタンランゲージはこのような今流行りのwikiのような性質を持っているのです。(ちなみにwikiはアレグザンダーの理論をもとに作られています!)そういう意味では僕たちの研究はやっとスタートラインに立てた、というところかも知れません。

さて、長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。そしてなにより、今まで応援ありがとうございました。ブログへの書き込み、アンケートの温かい(ときに厳しい)コメント、ワークショップで子供たちからもらった元気、グループインタビューでのみなさんの生の声、それら全部が研究の原動力でした。

このブログを読んでみなさんがもう一度研究を見返してくれれば本当にうれしいです。そしてアンケートやブログにコメントをいただければなおさら!パタンランゲージを進化させていくのはなによりフィードバックなのですから。

最後にもう一度、本当にありがとうございました。

石田

コメント(0)│コメントを書く
11. 4.(Wed)  ケラマン理菜  
光について

皆さんお久しぶりです。ケラマン理菜です。
今学期私は建築事務所でインターンシップをしています。事務所で毎日働くことは私にとって初めてなのでまだ慣れない事も多いですが頑張っています。

今日は建物の中の光について話します。光はいろいろな意味で人間や部屋の雰囲気にとても大きな影響を与え、不思議な力を持っているものだと思います。
外から入ってくる日光はもちろん、部屋の中の照明の色や方向、強さによっても部屋の雰囲気はまったく変わります。
光と壁の色によって、部屋の広さ、高さや奥行き感が違ってきたり、人の気分まで影響されると思います。

家やアパートの中で理想的な光ってどのようなのでしょうか?本を読む時、家族や友達と食事をする時、お風呂でリラックスしたい時、そのような様々な場面にあうような光の構成を考えれば住まいはより快適な、居心地が良い住まいになると思います。
外から家の中へ入ってくる日光はファサードによってコントロールされます。太陽の光を直接完全に部屋の中へ通すか、シャットアウトするか、もしくはカーテンの役目を果たすようなレイヤーを使うか。
アパートを選ぶ時重要な基準はなにかと考えた時“明るい部屋“は私にとってとても重要な点です。それはだれだってそうでしょうと思っていながらも自分の周りの人に聞いてみて気がついた事は、女性の方が男性よりも光を気にしているようです。それは本当にそうなのでしょうか、それともただの偶然だったのでしょうか。。?

%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A31.png


コメント(0)│コメントを書く
10.27.(Tue)  佐藤 隆志  
マイクロパタンランゲージとは

1027.jpg

こんにちは。佐藤隆志です。

これまでの私たちの研究の成果と言えるマイクロパタンランゲージが、10/16にHPにアップされました。マイクロパタンランゲージとは、集合住宅でのコンパクトで豊かな暮らしを実現するための工夫を集めたもので、設計する側と使う側との共通の言葉として、両者の橋渡しをしてくれます。

8/31のブログでクリストファー・アレグザンダーの「パタンランゲージ」について紹介しました。私たちのマイクロパタンランゲージも、大きくはアレグザンダーの「パタンランゲージ」の流れを引き継いでいると言えます。
しかしアレグザンダーの「パタンランゲージ」は30年以上も前に提唱されたものであり、現代の生活に合っていない部分もあります。そこで私たちは、現代の「集合住宅でのコンパクトで豊かな暮らし」にフォーカスし、それに合ったパタンランゲージを考えました。それがマイクロパタンランゲージです。ちなみに「マイクロ」という言葉は、「コンパクト」という意図を込めてつけられています。

現在はマイクロパタンランゲージを使って実際にデザインしてみようという段階に入っています。その結果の一部として10/23に集合住宅の住戸のプロトタイプデザインを発表しました。たくさんのパタンの中からいくつかを選び、設計に盛り込みました。選ぶパタンの違いによって多様なデザインが生み出されることがよく分かると思います。また、ただ図面を見るよりも、どこでどんなデキゴトが生まれそうかということが分かりやすくなっているのではないでしょうか。

今回発表した住戸はあくまで私たちが良いと考えてデザインしたものです。実際には、「このパタンを盛り込んでほしい」とか「このパタンは私には必要ない」といった使い手の要望をもとに、設計者と使い手の対話を通じてデザインが生み出されるというのが私たちの考えるデザインの理想の在り方です。ですので、今回発表したデザインに対するみなさんのいろいろな考えをお聞きしたいと思っています。

是非みなさんのご意見をお寄せください。

コメント(0)│コメントを書く
10.19.(Mon)  福田 浩士  
陰影

こんにちは。福田浩士です。
今日は住宅の中の陰影の話をします。

現代の多くのマンションでは、壁が白い壁紙に覆われ、床には白っぽいフローリングが敷かれていることが多いと思います。その空間からはシンプルでユニバーサルな“箱”という印象を受けます。これは日本の伝統家屋にあった奥行き感、もしくは物質が生み出す陰影の世界観がなくなったといえると思います。

例えば住宅の座敷を見渡すと、柱、障子、欄間、袋戸棚、違い棚、格子、幅木、長押、敷居、鴨居など多くの構成要素があり、そのため表面は非常にデコボコしています。壁は砂壁で、白ではなく灰色をしています。また、障子を開け放しておけば次の部屋、そのまた次の部屋が現れるため、これもある種デコボコしていると言えます。そこに入ってきた太陽の光は、モノに吸いつき、またはモノに絡めとられ、空間に奥行き感を生みだします。そしてその陰影には、屋根によってできる大きな影、次に違い棚や梁による中くらいの影、そして格子などによる小さな影など様々なスケールが存在します。僕にとってそんな陰影の世界はかなり落ち着くものです。

また、このような陰影を感じることは自然や時間を感じことにもなります。太陽光というのは朝・昼・夜の時間帯によっても変化します。そして雲の動きによっても大きく変化するのです。太陽が雲に隠れれば暗くなるし、遮る雲がなければ明るくなります。その中で本を読んだり考え事をするのはとても気持ちのいいものです。

陰影は美しくも感じますが、それだけでは「色」がなく味気ないこともあるので植物を取り入れたり、家具や小物を使うことで色を補いたいですね。この日本建築の“陰影”の世界観を現代建築に応用されている建築家はいらっしゃいますが、僕自身もこのことについて考えてみたいと思います。

コメント(0)│コメントを書く
10.15.(Thu)  黒田 真悠  
開放的であること

こんにちは、黒田です。
ついにココラボもつ残すところあとファイナルラウンドだけになり、いよいよクライマックスを迎えました。

今回は僕らがコンパクトな住まいを設計するにあたって、一貫して考えている一つのコンセプトについて書きたいと思います。
それは簡潔に言うとずばり「開放的であること」です。
僕らの提案するプランをどれもドアが無い、カーテンで仕切る、玄関の壁が半透明、などどれもよく言えば開放的、悪く言えば開けっぴろげだと言う特徴を持っています。実際グループインタビューでもこんなにプライバシーが無くて大丈夫なのか、こんな家に住めるのか、などの疑問も頂きました。

しかし、それこそが僕らが一番主張したいことでもあるのです。開放的な家に住むためには、家族間で互いのプライバシーを守る何らかのルールを決めなければなりません。そして、そのようで家族同士で話し合ってルールを決めること、そして開放的な状況でも見えない壁を作り出すこと、それが都市で生活していく上でもっとも重要なことの一つだと思います。

開放的な家で様々なルールを考えながら住みこなしていくこと、それこそが本当にサステナブルな暮らし方なのかもしれません。

コメント(0)│コメントを書く
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |→
ブログメンバー

石田 遼
「体を動かすことが好きです。最近運動不足ですが・・・。ゴルフは特にうまくありません。」
プロフィールを見る

チャン・ドゥエジン
「シンガポールから日本の建築を勉強しにきました。最近はじめて自分の自転車を買いました。」
プロフィールを見る

ケラマン理菜
「まったく日本人の顔をしているのに漢字と敬語が苦手な日本人です。」
プロフィールを見る

黒田 真悠
「よくネガティブだと言われますが、自分では後ろ向きではなく内向きなのだと理解しています。」
プロフィールを見る

佐藤 隆志
「日々イエスマンになろうと努めていますが、なかなかうまくいきません。」
プロフィールを見る

福田 浩士
「お酒は弱いけれど、大好きです。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の清華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「30歳を過ぎ、ようやく物が片付けられるようになりました。」
プロフィールを見る

春田研究員
「全体的に細長いんです。まだまだ成長中です。いろいろな意味での自分の成長も期待しています。」
プロフィールを見る