研究室ブログ COCOLABO BLOG

アーカイブ
2006
2007
2008
ここがみんなの会議室。コメントで参加するココラボ2009!「デキゴトが生む家 みんなの脱・n+LDK会議」
あなたのコメントから、あたらしい家、あたらしい暮らしが生まれます。
<< October,2009 >>
SMTWTFS
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
10.15.(Thu)  黒田 真悠  
開放的であること

こんにちは、黒田です。
ついにココラボもつ残すところあとファイナルラウンドだけになり、いよいよクライマックスを迎えました。

今回は僕らがコンパクトな住まいを設計するにあたって、一貫して考えている一つのコンセプトについて書きたいと思います。
それは簡潔に言うとずばり「開放的であること」です。
僕らの提案するプランをどれもドアが無い、カーテンで仕切る、玄関の壁が半透明、などどれもよく言えば開放的、悪く言えば開けっぴろげだと言う特徴を持っています。実際グループインタビューでもこんなにプライバシーが無くて大丈夫なのか、こんな家に住めるのか、などの疑問も頂きました。

しかし、それこそが僕らが一番主張したいことでもあるのです。開放的な家に住むためには、家族間で互いのプライバシーを守る何らかのルールを決めなければなりません。そして、そのようで家族同士で話し合ってルールを決めること、そして開放的な状況でも見えない壁を作り出すこと、それが都市で生活していく上でもっとも重要なことの一つだと思います。

開放的な家で様々なルールを考えながら住みこなしていくこと、それこそが本当にサステナブルな暮らし方なのかもしれません。

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー

石田 遼
「体を動かすことが好きです。最近運動不足ですが・・・。ゴルフは特にうまくありません。」
プロフィールを見る

チャン・ドゥエジン
「シンガポールから日本の建築を勉強しにきました。最近はじめて自分の自転車を買いました。」
プロフィールを見る

ケラマン理菜
「まったく日本人の顔をしているのに漢字と敬語が苦手な日本人です。」
プロフィールを見る

黒田 真悠
「よくネガティブだと言われますが、自分では後ろ向きではなく内向きなのだと理解しています。」
プロフィールを見る

佐藤 隆志
「日々イエスマンになろうと努めていますが、なかなかうまくいきません。」
プロフィールを見る

福田 浩士
「お酒は弱いけれど、大好きです。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の清華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「30歳を過ぎ、ようやく物が片付けられるようになりました。」
プロフィールを見る

春田研究員
「全体的に細長いんです。まだまだ成長中です。いろいろな意味での自分の成長も期待しています。」
プロフィールを見る