研究室ブログ COCOLABO BLOG

アーカイブ
2006
2007
2008
ここがみんなの会議室。コメントで参加するココラボ2009!「デキゴトが生む家 みんなの脱・n+LDK会議」
あなたのコメントから、あたらしい家、あたらしい暮らしが生まれます。
<< July,2009 >>
SMTWTFS
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
7.23.(Thu)  黒田 真悠  
モノのある風景

0723-1.JPG

こんにちは、黒田です。皆既日蝕、雨で見られなくて残念です。

今回は「モノ」をテーマに設計をすすめてきたので、ちょっとそれについて書きたいと思います。(ちなみに上の写真はモノに溢れた僕らのブースです笑)グループインタビューでもわかったのですが、現代の住宅に置いてもっとも問題となるのがモノをどう収納するかという問題だと思います。

実はここでテーマを「収納」ではなく「モノ」とあえてしたのにはわけがあります。今までの家ではリビングなり個室なりに収納が付属していて、モノはそこにしまわれるという形をとっていました。極論するなら、モノというのは、必要でないとき、基本的には邪魔者であり、それをどうやってしまうかということが問題だったのではないかと思います。

でも考えてみれば私たちが普段する行為のほとんどはモノに関わっている訳ですよね。今の生活の大部分を形作る「モノ」に対して、そのような消極的な姿勢でいるのはどうなのかという疑問があって、そこで今回はただ「収納」するのではなく積極的にモノがある風景、モノから決まる間取りを描けないかと考え「モノ」というテーマにしました。

僕らは今回2つの案を考えましたが、実はこのテーマは全体を通底するテーマでもあります。なので、みなさんも僕らの作った案を参考にしていただき、ちょっと「モノ」という観点から家を見直してみると新しい発見があるかもしれませんね。

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー

石田 遼
「体を動かすことが好きです。最近運動不足ですが・・・。ゴルフは特にうまくありません。」
プロフィールを見る

チャン・ドゥエジン
「シンガポールから日本の建築を勉強しにきました。最近はじめて自分の自転車を買いました。」
プロフィールを見る

ケラマン理菜
「まったく日本人の顔をしているのに漢字と敬語が苦手な日本人です。」
プロフィールを見る

黒田 真悠
「よくネガティブだと言われますが、自分では後ろ向きではなく内向きなのだと理解しています。」
プロフィールを見る

佐藤 隆志
「日々イエスマンになろうと努めていますが、なかなかうまくいきません。」
プロフィールを見る

福田 浩士
「お酒は弱いけれど、大好きです。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の清華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「30歳を過ぎ、ようやく物が片付けられるようになりました。」
プロフィールを見る

春田研究員
「全体的に細長いんです。まだまだ成長中です。いろいろな意味での自分の成長も期待しています。」
プロフィールを見る