COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

3rd ROUND「人に、環境に、やさしい家にしよう」
研究No.11 家計簿を考える2

全部で7つの省エネルギーの工夫があります。
研究No.11では、省エネの工夫を敷地Aを例に説明します。研究No.10では主に風を取り入れる工夫や効果について紹介しました。今回は電気・ガス・水道という家で暮らしていく中で月々にかかっていくエネルギーとお金を減らす工夫の紹介です。

無駄なくエネルギーを使って地球に優しい暮らし方をするのがココラボの環境共生住宅に共通する目標です。それでおまけに家計にも優しい暮らし方だったらいうことありませんね!

太陽熱温水器は屋根におき、太陽の熱でお湯を作る機械です。

色のついたところは光が入ってくるところを表しています。庇と西側につく袖壁で、夏は太陽の光をカット、冬はそのまま入るようにしています。

アクアレイヤーというのは昼に太陽の熱を貯めて、夜に放熱する、自然エネルギーを使った床暖房です。

外断熱は内断熱で生じてしまう、外の過酷な気温が入り込んできてしまう隙間(ヒートブリッジといいます)がなく、冷暖房に無駄なエネルギーがかかりません。
あなたのご意見をお聞かせください!
アンケートコーナーはこちら
ココラボブログはこちら
ページの上部に戻る