COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪アンドレア≫
11月 8日  アンドレア  
スイスからの手紙

News from Switzerland...

こんにちは、アンドレアです。実は二ヶ月前に私はスイスの自宅に帰ってしまいました。時間はとても早く経ちます。東京と日本が今はとても恋しいです。

五ヶ月間、東京大学の難波研究室でココラボに加われたことはとてもうれしかったです。振り返ると、ココラボキックオフミーティングなどはとても面白かったです。日本でプロジェクトが始まるときどうするか、をみることができたのですから。
私はココラボの共同作業の中でとても多くを学びました。それは日本で建築を学ぶ上でもとても参考になりました。本当にありがとうございました

1108_1.JPG

スイスに帰ってからも私は建築の勉強を続けています。ですが今学期は大学の勉強は週に二回だけになります。残りの日はある建築事務所で働いているからです。バーゼルにある事務所で、日本の愛知万博ではパビリオンの設計を手がけたりしています。私はそこではローマの採掘現場に作る高い資料館のコンペをしています。全部で8000平米くらいのとても大きなものになるはずです。

暮らしですが、東京から戻ってからは5年前にルームメイトと借りていたアパートに入ることができて、そこに住んでいます。私はこのアパートがとても気に入っていたので戻ってこれてとてもうれしいんです。間取りをお見せしましょう。

1108_2.jpg

中庭があって秋にはとてもすてきになります。

1108_3.JPG

この写真で、私のココラボは終わりになります。皆さん今までどうも暖かいご支援、ありがとうございました。

コメント(0)│コメントを書く
7月21日  アンドレア  
階段が中心の家

みなさん、こんにちは。アンドレアです。今日紹介する敷地Dで進められているもう一つの案は二人の子供を持つ家族のための家です。最初はSOHO付きとして進めていたもので、家の和室をSOHOとすることもできると思います。

0721-1.jpg

0721-2.jpg

0721-3.jpg

0721-4.jpg

建物の中には車二台のためのガレージが含められています。北側から家に入るのですが、ガレージへも同じ向きで入ります。入り口は建物の真ん中にあります。入ると、靴や上着を入れる大きな収納、そして2階への直階段が見えます。

1階の説明です。左を向くとキッチン、リビング、ダイニング、和室があります。なので家族みんなが使う部屋は全部1階に置かれているということですね。台所はダイニングに向いて開いているので、ダイニングを通して自然光が入ってきます。また同じようにダイニングとリビング・和室は繋がっています。いつでも、庭の方を見ることができるはずです。
2階の説明です。寝室と大きな浴室があります。寝室は、夫婦のための主寝室と子供部屋が2つ、全部で3つです。子供部屋はリビングとダイニング上の、大きな吹き抜けに面しています。どの寝室にもテラスがありますが、南側は特に大きて、日射を有効に防いでくれます。

家の中心にある階段は1階と2階を垂直方向につないでいます。しかしまた同時に部屋同士をぐるぐる回る動線を水平方向に生み出しているのもこの階段です。更にその上には建物の空気を入れ替えるのに便利な鳩小屋がついており、光もそこから廊下へと入ってきます。

南と東立面には大きな窓がありますね。夏の太陽を入れないために、南側は深いテラスで、東側は庇を作っています。北側はおおむね閉じました。というのも寝室は東か西側に対して開けているからです。

部屋と家族の中心でもあり、環境配慮の中心でもあるような階段のある家だと思いますが、皆さんはどうお感じになりましたか?

コメント(0)│コメントを書く
6月25日  アンドレア  
建物と建物の関係

こんにちは。私はアンドレア・シェンクといいます。スイス出身で、向こうではバーゼルの建築土木学校で勉強していますが、研究生として難波研究室に半年間お世話になっています。これから半年間ココラボでもよろしくお願いします。

初めて四つの敷地を見たとき、それぞれ非常に似ているという印象を受けました。敷地面積がほぼ同じで、通りに面しています。しかし案を練っていくうちに、これらの敷地には一点、注意すべき違いがあると気づきました。両サイドの敷地は二つの通りに働きかけ、影響を与えるのに対して、真ん中の二つの敷地は、ほとんど東西の方向性が重視されます。

同じ素材で作られるということもありますから、四つの建物が一つの性質を持つべきだと思います。しかし、結局はそれぞれの建物が、隣接する敷地の建物との関係性の中で作られるべきという見方が重要だと私は思っています。

0625-1.jpg

写真は私の勉強しているバーゼルを流れている川の写真です。川岸には建物がずらりと並んでいるのですが、みなどこか似ていて日本の都会のビルみたいです。

みなさんは、どうお考えになりますか?

ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る