COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪FINAL ROUND
環境共生住宅に住もう≫
10月 8日  井上研究員  
国産杉のはなし

皆さんこんにちは。
研究員の井上です。
今回のココラボ研究では国産杉の利用を提案していますが、それがどのようにして自然環境に貢献できるのかをお話ししようと思います。

木造住宅の構造材として利用される木材は当然木を伐採して利用されるわけですが、伐採と聞くとマイナスのイメージが先行するのではないでしょうか。ところが、実は木を伐採して利用することは森の為にも良い事なのです。

幼い木は成長期に大量のCO2を吸収しながらどんどん身体を大きくしていきます。しかしながら、ある一定の大きさまで成長して大人になるとCO2の吸収量が少なくなってしまうのです。
さらに、大きく枝葉を広げた成木は地表に影を落とし、地表の植物や幼木の成長の妨げとなります。地表の植物が育たなくなるという事は、様々な生物が生息する森としての多様性が失われてしまう事にもつながります。
ですから、成長の終わった大木は伐採して利用し、その場所で新たな幼木が大量のCO2を吸収しながら成長するという事は人間にとっても、森にとっても利益がある事なのです。

1008-1.jpg

1008-2.jpg

成長が早く、建材としても利用できる杉を、日本では国策として戦後大量に植林しました。その植林された杉材はすでに成長期を終え、利用に適する充分な大きさとなっているにも関わらず放置されているのが現状なのです。
余談ですが花粉症の原因となるスギ花粉も、彼らが毎年せっせと放出しているんですよ。

残念ながら日本では植林と伐採の仕組みが未成熟で、建材として利用するにはコストが割高となるため一部でしか利用できておらず、大半は海外から安価な木材をわざわざ遠い国から運んで利用しています。
運搬時のCO2排出量を考えたら、利用に適した森がすぐ近くにあるのになんてもったいないことをしているのだろうと思いますよね。

国産材の利用が一般的になるためにはまだまだ問題は山積していますが、国産材を積極的に利用しようという動きは近年高まりつつあります。
我々ココラボチームの国産材利用の提案には、実はこのような背景があったのです。
皆さんはこの現状についてどのように思いますか?

10月 6日  岡崎 啓祐  
敷地Bのまとめ

こんにちは。岡崎です。
今日は、前回の横山研究員のブログと同じく、敷地Bについてのまとめです。

1006-1.jpg

研究No.13の「ダイアグラム」にあるように、B敷地のコンセプトは、

・個室や寝室、キッチンや庭の中心に位置する広々としたリビング
・様々な使い方ができる個室群

です。上の絵は、リビングを中心とした日常生活を描いています。広々としたリビングは、それぞれの部屋からすぐにアクセスでき、また庭とテラスに面して気持ちのよい空間になっていることが分かると思います。

庭では季節を感じる草花が植えられ、それらは日射の調節にも役立ちます。
その前の広々としたウッドデッキでは、ガーデニングなどの趣味の空間として使える上、太陽の光の反射を抑え、室内に優しい光を入れます。

二階の個室は、今は子供部屋が二つとなっていますが、部屋をつなげて一つの空間とすることも出来ます。 一階も同様に変化可能です。ライフスタイルに合わせた間取り作りが出来ます。

B案は、4つの住宅の中では最も標準的なものとなっています。なので、内部も外部も出来るだけシンプルな構成にしました。

コメント(0)│コメントを書く
10月 3日  横山 翔大  
敷地Aのまとめ

みなさんこんにちは。ベトナムから帰ってきたらあまりの日本の寒さにビックリ!して風邪気味の横山です……

今日はアップされた研究No.14のA敷地の最終案の更なる説明です。

1003-1.jpg

A案の一番の売りは東西に長い吹き抜けです。間取り図だけだと分かりにくいのですが、実際は階段の奥や子供室、ルーフバルコニーまでリビングから見渡すことができます。
リビングが家族の団欒の場になるのは勿論、家族が自分たちの部屋に戻っているときでも、例えば夕飯の準備をしているお母さんは息子さんがちゃんと宿題をやってるかどうか様子を伺ったり、ルーフバルコニーでお姉さんが植木に水やりをやっているのを確認することができます。
こんなふうに家族の絆が強まるのがA案の売りだと思います。

そうそう、天井にある屋根窓は結局A~D案全てに備わる有効な通風アイテムですが、吹き抜けの上にあることで明るい室内を実現するのにも有効となります

今回の研究ではアンケートでA案とB案、どちらがよかったかを伺っています。よろしければ是非アンケートにお答えください!

コメント(0)│コメントを書く
←| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る