COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪FINAL ROUND
環境共生住宅に住もう≫
11月18日  李 鎔根  
バイバイです

こんにちは。李です。

11月5日の横山研究員から始まった、“バイバイブログ”の後、リジ、アンドレア、谷口、フランセス、鴻野、岡崎 研究員が次々ブログを書きました。今から書こうとしているんですが、特に谷口研究員のブログを読んでみたら、全部まとめている感じで、何を書いたら良いのか本当に困っています。

難波研に入る前、難波研のホームページにリンクされている“COCOLABO2007”のホームページを見るようになりました。その時、このようなプロジェクトはとても面白そうと思いましたが、今年もCOCOLABOを難波研と取り組むことになって、参加するようになり、もう6ヶ月経って、終りになってしまいます。

前回のブログで話しましたが、韓国は一戸建てよりは、マンションの方が多くて、大学でも住宅は2年生の時、1回設計するのが全部だし、建築家としても一戸建てを設計する機会もあまりないので、私にとって、COCOLABOはとてもいい経験でした。特に、木造で環境にやさしい家というのは、日本じゃないとできないテーマで、ユニークな研究だと思います。

私は、まだ日本語で文章を書くのが下手なので、辞書を引きながらブログを書いていると、いつも後ろから聞こえてくる横山研究員の“李さん!ブログ締切りです”と言われるのが本当にストレスでしたが、これが最後のブログだと考えたら、さびしいです。

 ウェブでの公開はこれで終了ですが、研究室の皆は、2008のCOCOLABOの研究を続けますので応援してください。今までありがとうございました。

コメント(0)│コメントを書く
11月15日  岡崎 啓祐  
ラスト クエスチョン!

もうココラボは終わってしまうので、最後に一つ、質問を書かせてもらってお別れしたいと思います。それは、外壁についてです。

今まで僕たちは外壁については模型等では表現してきませんでした。しかし実際の建築を考える場合は具体的に決めねばなりません。

今回使えるのは、窯業系サイディングというものです。これはセメントと繊維質の物を原料にした材料で、日本の住宅はほとんどこの外壁材を用いています。

この壁の特徴は、「どんな形でもつくれること」
それゆえレンガ風でも木風でも石風でも、構造等に関係なく自由自在です。

環境共生住宅と言った時、それはいったいどの柄?
性能は同じでイメージだけ異なる。これは一見非常に自由で楽しいかもしれませんが、何を持って選べば良いのでしょう。

今はありませんが、好きな柄が選べるということは、極端な話ヒョウ柄や有名ブランドのモノグラフも作れるということです。

僕が知りたいなと思うのは、外壁というものを、皆さんは何をもって選んでいるかということです。

それは幼い頃の懐旧の念から。テレビや雑誌等のイメージから。値段から。見た目のイメージから。もしくは周りに合わせて。
様々だと思います。

みなさんは、どのように選んでいるのでしょうか??
もしよかったら、何かご意見を書いていただければ幸いです!

今までありがとうございました。

コメント(0)│コメントを書く
11月14日  鴻野 吉宏  
これまでの設計案の振り返り

ココラボブログを読んでいただいている皆さん、鴻野です。

ぼくがココラボブログに記事を書くのも今回で最後になりました。今回はそんな最終回を記念して、今までの敷地Cの設計案の変遷を振り返ってみたいと思います。僕たちは今回のこのココラボで徐々に時間をかけ、新しい環境的な知識を取り入れながら案を発展させてきました。

1114_1.jpg

最初はL字型のプランでした。このプランも様々なバリエーションがまだありますが、これがL字型の最終です。

1114_2.jpg

その後すべての敷地は矩形のプランになります。それは空間の一室化や表面積の軽減、街並の統一などの意味があります。

1114_3.jpg

ここで、敷地Cはその他の敷地のプランと違い、1.5層の階を提案に入れます。

1114_4.jpg

その後も様々にプランを変化させていき、現在の案にいたります。

1114_5.jpg

要約してみるとあっけないと思われるかもしれませんが、設計が始まった5月から現在までの半年間様々な変更が加えられてきました。このココラボを通して環境や構造、プランなど様々なことを学ぶことができました。そして、興味をもってこのブログとWEBを見てくださった皆さんありがとうございました。

このブログでぼくは皆さんとはお別れになりますが、将来建築やその他のことを通してまたお会いできるかもしれません。そのときは、「あのココラボの…」といってもらえればうれしい限りです。

コメント(0)│コメントを書く
11月12日  谷口 景一朗  
意識の共有

みなさん、こんにちは。谷口です。
5ヶ月にわたるココラボもひとまず終了しました。
僕はCFDや風洞実験を介して、住宅設計の中で『通風』について考えることの可能性や大切さを皆さんにお伝えできればと思い、建築環境系という立場からココラボに参加させていただきました。少しアカデミックすぎて取っ付き難いところもあったかもしれませんが、いかがだったでしょうか?皆さんが少しでも今まで以上に環境のことに興味を持っていただけたら幸いです。

最近世の中には、エコカーや省エネ型エアコン、節水型の洗濯機など「省エネ型」「環境配慮型」のモノが溢れています。
けれども、そのような製品が増えるほど、それを使っている人の環境に対する意識や工夫が希薄になってしまうという矛盾が一部で起きてしまっているように思います。高性能の製品を手に入れたことに満足して、使い方を工夫したりといった日々の努力を怠ってしまっている気がするのです。
しかし、たとえ高性能な製品であっても、無計画にそれらを使用していては真の意味での省エネにはならないはずです。機器の性能はもちろん重要ですが、それ以上に使い手の工夫が省エネルギーには不可欠だと思うのです。

これは、住宅についても同じではないでしょうか?
高気密・高断熱で太陽の光がよく入り風通しも良い。そんな高性能な住宅であっても、その住宅のことを良く知らずにただ日々を過ごしていたら、それは決してサステイナブルな生活とは言えないでしょう。その住宅の良さを住まい手の方が十分に理解して初めて、その住宅は環境共生住宅と呼べるのです。

ココラボでは、この住宅で計画されたさまざまな環境的配慮や住まい方の提案を、毎週の研究紹介でみなさんに出来る限り説明してきました。窓の配置と風通しとの関係や吹き抜け空間と熱環境の関係、さらには間取りとライフスタイルの関係や素材についてなどの情報を、みなさんと共有してこれたのではないかと思っています。
設計者と住まい手の方とのこのような意識・情報の共有が、環境にやさしい住宅の重要な要素なのだと、ココラボを通じて強く感じるようになりました。

今回ココラボで提案してきた住宅が、ただ建物の性能だけに頼るのではない住宅の形のひとつとしてみなさんに記憶していただければとてもうれしく思います。
最後になりましたが、半年間さまざまなご意見やご感想をいただきまして本当にありがとうございました。

コメント(0)│コメントを書く
11月10日  フランセス・ネルソン  
お別れの挨拶

みなさん、お久しぶりフランセスです。
先月はどうなったのでしょうか。私は一ヶ月前にアメリカに戻ってしまったのですが、もうそんなにたってしまったことが信じられませんよ!日本を出てから、シアトルに少しだけ家族と滞在して、久しぶりのアメリカに体を慣らしていました。日本に一年以上も住んでいたので、アメリカではあらゆるものが大きいんだということをだいぶ忘れていました…テヘッ
スーパーの通路、レストランで出される食べ物、道路や路地の幅、なんでもとっても大きいんです!私はすぐに東京の密度が恋しくなりました。地下鉄の仕組みや道がとっても多様で、どこにでも簡単にいくことができます。日本のおいしい、すばらしい食事も恋しいですね。
シアトルで数週間過ごした後、シアトルからロードアイランド州のプロビデンス、というところまでだいたい4200kmくらいありましたけれど、車で移動しました。そこに私の家があるからです。写真はその家です。1950年代風の伝統的な民家です。

1110_1.jpg

アメリカの北東部にはニューイングランドという場所がありますが、秋にはとても美しい景色をみせてくれます。葉っぱは黄色や赤に色づき、空気は涼しくはつらつとしています。
建築家として働き始めるまでの最後の数ヶ月は、このプロビデンスで過ごすつもりです。今のところ私はポートフォリオと去年の日本の住宅に関する建築をまとめている最中ですが、母校のデザイン学校でチューターと学生相談員をしています。
来年にむけて新しい試みもいくつかしていますが、やはり東京での、難波研究室での日々を懐かしく思います。研究室ですごした時間はすばらしく、難波先生からはとても多くのことを学びました。
数ヶ月の内に私の研究成果をまとめて、是非皆さんに報告したいと思っています。それまでどうかお元気で!

コメント(0)│コメントを書く
←| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |→
ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る