COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪2ndROUND
家の周りを見てみよう≫
8月 1日   
風の通る家

0801-3.JPG

みなさん、はじめまして。東大環境系研究室の谷口と申します。
ココラボでは、難波研究室と共同研究というかたちでシミュレーションを交えながら、主に通風計画のサポートをしています。よろしくお願いします。

さて、さっそくですが研究No.7を見ていただけたでしょうか。少々専門的なところもあったので、とっつきにくかったかもしれません。そもそも、どうして住宅の設計にわざわざ通風のシミュレーションが必要なのか?そんな疑問をもたれた方もいるかもしれません。
そこで、今回は住宅の通風計画をより詳細にスタディすることから広がる住宅設計の可能性について考えてみたいと思います。

0801-1.jpg

もともと日本の伝統的な住宅は、風通しが抜群に良いものでした。
夏の暑い日には障子や襖などを開け放つことで好きなだけ風を取り入れ、反対に冬の日には、囲炉裏や炬燵などで暖を採る、「採暖」という考え方で寒さを凌いできたのです。
しかし、高度経済成長とともに空調技術が普及すると、住宅は「高断熱・高気密」化しはじめます。日射や温度差、隙間風などによる熱の出入りを抑えることができる住宅では、空調エネルギーが少なくてすむのです。
ところが、もともとは隙間だらけだった日本の住宅は、高断熱・高気密化することで以前のように簡単に風を取り入れることが難しくなり、さまざまな問題が起こるようになってきました。シックハウス症候群などがその一例です。
そのため、現在の住宅設計では計画的に換気・通風の設計を行うことが必須となっているのです。

ではここで、皆さんが住宅の通風計画をすることを想像してみてください。
夏を涼しく過ごすために私たちは、南風を考慮して南に大きな窓をつけ、たくさん風を取り入れようとするでしょう。
でも、住宅の南隣に高い建物が建っている場合はどうなるでしょうか。同じように南に大きな窓をつけても隣の高い建物が邪魔になりほとんど風が入ってこないかもしれません。
また、敷地が斜面にある場合は、風は思いもよらぬ方向から吹いてくるかもしれません。
このように敷地に吹く風は敷地ごとに異なるため、どこでも同じような通風計画をしていると実は全く風通しの良くない住宅ができてしまう危険性があるのです。

そこでココラボでは、対象となる敷地A~Dの建物のみでなく、その周りの建物や地形も再現した上で通風シミュレーションを行っています。それによって、敷地にはどのような風が吹いているのかを正しく把握することができ、設計に生かすことが出来るのです。

0801-2.jpg

どのような敷地でも同じように設計をしていては本当の意味で「人に、環境に、やさしい家」とは言えません。敷地の特徴を設計者も住まい手の方もきちんと理解することが不可欠なのです。
通風に関しても、まずは設計者がシミュレーションなどを通して正しい風の流れを把握することで、住まい手の方が環境にやさしく快適に暮らすための手引きとなる、そんな設計を進めていくことが重要ではないでしょうか。

今回のシミュレーション結果を受けて、次の研究では建物の形や窓の位置を提案していく予定です。ぜひ、期待してください!

7月30日  鴻野 吉宏  
C敷地 トルネードプランの紹介

みなさん、こんにちは。鴻野です。最近、本当に暑くなりましたね。けれども、大学では環境に配慮するために、夜はクーラーが止められることになりました。大学に泊まり込んで夜通し作業をする建築学科の学生には死活問題ですが、これもサステイナブルの一環です。
 
さて、今回のブログではC敷地の新しい案の紹介をしたいと思います。

0731-1.jpg

研究No.6ではC敷地の新しい案は見ていただけましたか?僕らはこの案を、トルネードプランと呼んでいます。この家は、ダイアグラムを見ていただけるとわかりますが、リビングルームが吹き抜けになっていて、その隣のダイニングキッチンは0.5階の高さにあります。つまり、主寝室、リビング、ダイニングキッチン、和室、子供室という風に、渦巻きのように空間が連続しているんです

0731-2.jpg

こうすることで、この家は視線の変化をつけながら、より一体的に使えるようになっています。たとえば、ダイニングキッチンでご飯を作っているお母さんからは、リビングでくつろいでいるお父さんや2階のスタディスペースで勉強をしている子供たちを両方見守ることができます。また、2階では隣り合って和室と子供部屋を配置し、和室を普段は子供たちの遊び場として使えるように考えています。和室の方がより吹き抜けに向かって開いているので、子供たちの個室よりももっとリビングダイニングに渦巻きの流れ的に近い位置にあります。

また、このプランは家の中を通る風のながれも考えています。このプランでは渦巻きのように風が通る…ということはさすがにないですが、南のリビングの窓や東にある2階の子供部屋や和室の窓から入った風が、なめらかに0.5階の高さにある北側のキッチンの窓に抜けることを考えています。

緩やかにつながる空間が内部に組み込まれた敷地C、トルネードプランはいかがですか?いろんな質問や、意見をお待ちしています。

コメント(0)│コメントを書く
7月28日  舟久保研究員  
これまでのアンケート集計結果を発表します!

皆さん、研究No.6「途中経過報告」は見ていただけたでしょうか??
これまで1つ1つのプランについて考えてきましたが、今回の研究からは、「外環境」がテーマになります。その前に、研究No.5までのアンケート集計結果を発表したいと思います!!

研究No.1の【街並みスタディ】では、計画地での“マスタープラン”について話を展開しましたが、約85%の方から今後の研究展開に期待をいただいた結果となりました。
その後、マスタープランに基づき、A敷地からD敷地まで、4つの案を展開しましたが、皆さんはどの案が気に入りましたか??
統計を取ると、A敷地の「平屋案」、敷地の「ハの字案」が、80%以上の方々から支持される結果となりました!Aでは「LDKのつながりと解放感」、Dでは「中庭の開放性と住宅空間の柔らかいつなげ方」について、評価をいただきました。B敷地「スキップ案」、C敷地「L字案」は、おおむね60%の方々から支持を受けました。「スキップフロアの半層づつ上がっていく感じ」、「広々とした吹き抜け」がとても評価されています。一方、「空間がつながりすぎることによるプライバシーの確保について」や「よりいっそうの環境的視点の要望」といったご意見もありました。

今後は、可変システムによって プライバシーを確保できるように検証していくことと、外部環境も合わせた、環境配慮の考え方について、更に研究を深めていければと考えています!

アンケートに答えていただいた方々の統計を見ると、
男性:約60%、女性:約40%と、男性の方から多く意見をいただいています。
また、年齢については、20代の方々が約50%、30代の方が25%となっています。これから家庭を持ったり、もしくはこれから家を持とうという世代の方々から多くのご意見をいただきました。ありがとうございました。
家族構成については、一人住まいの方が40%、2人で暮らしている方が25%となっています。

今日は、アンケートの結果を紹介させていただきましたが、このように統計を取ったり、ご意見を反映させていくことで、どんどん提案がブラッシュアップされていきます!
これからも、どしどし ご意見をお寄せいただければと思います!!

コメント(0)│コメントを書く
7月26日  リジー  
日本とドイツの生き物の違いは……?

0726-1.jpg

こんにちは。リジーです。
私は最近特に、日本とドイツの環境の違いを改めて感じています。
日本が暑くてジメジメしているということだけではなく、あらゆることにおいて違いがあると思います。その中で、今回は昆虫の話をしたいと思います。

その中の一つはとても変な形をした甲虫でした。長さがなんと8センチくらいでとても長い!彼は仰向けになって横たわっていて一見死んでいるように見えましたが、二日後には自分でひっくり返って動いてました!こんな変な昆虫見たことありません。

また、ゴキブリもその中の一つでした。私は今までゴキブリというものを全く知りませんでした。ドイツにはいません。多分ゴキブリたちにとって十分な暖かさがないのでしょう。本当にラッキー!
 
そして、私の中で一番驚きだったもの。私は今もあれがなんだったのか分かりません。カタツムリに似ていましたが、それに以上にとても大きかった!色はライトグリーン!体はキャタピラの一種のようにも見えました。私は初めて見ましたが、毒を持っている風には見えませんでした。

私が今まで見た中で最も美しかったものは珍しい蝶でした。手と同じくらいの大きさで、特にカラフルな翼を持っている蝶です。驚くくらいきれいでした。

もちろん、ドイツでも日本でも見られる昆虫はたくさんいます。例えば蛾や蜘や蟻などです。
ささいなことですが、このようなちょっとした日本とドイツの違いを知ることによって、私は大きな環境の違いを感じることが出来たと思います。

そして、私には一つ、決して答えを知りたくない質問が一つあります。
「日本に蛇はいるの?」

7月25日  舟久保研究員  
2ndラウンド 「家の周りを見てみよう!」が始まります!

みなさん こんにちは。
本日、2ndラウンド 「家の周りを見てみよう!」 がサイトにUPされました!

前回は、各々の家ごとに 「人に環境にやさしい家」 とはどんなものかということについて考えました。
今回は、「外環境」をキーワードに、隣の家との関係や、風・緑などの外部要因について研究をしていきたいと思います。

家が並ぶことによって、環境にどのような影響を及ぼし、また、家にもどのような住環境がもたらされるのでしょうか。

本日、早速 研究No.6 「途中経過報告」が発表されています!

皆さんも、ぜひココラボに参加して、
ドシドシご意見・ご感想をお寄せください!

コメント(0)│コメントを書く
←| 1 | 2 | 3
ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る