COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪2ndROUND
家の周りを見てみよう≫
8月27日  舟久保研究員  
いよいよ 明後日から 3rd ラウンド がはじまります!

みなさん、
1st ラウンド 「家の周りを見てみよう」 へのご意見、ありがとうございました!

さまざまなご意見をいただき、いろんな気付きがありました。
今後の提案に 積極的に盛り込んでいきたいと思います!

そして、
いよいよ明後日8/29(金)より、3rd ラウンド がはじまります!
テーマは「環境共生住宅の詳細説明」!
これまで、4つのプランニングと、それらが構成する街並みを紹介をしてきましたが、
次回は、環境配慮型住宅をつくるために、具体的にどんな事を
考えていくべきかに焦点を当て、様々な切り口から研究していきます。

それでは8/29(金)、3rd ラウンド UPをお楽しみに!
皆さんのご意見・ご感想、お待ちしています!

コメント(0)│コメントを書く
8月25日  長岡 晃平  
伽藍の魅力・町家の魅力

0825-1.jpg

こんにちは、長岡です。
今週は、このラウンドで検討してきた環境共生住宅の特徴について振り返ってみようと思います。

2nd round では外環境の視点から各案のスタディを行ってきました。検討したポイントは、街並の見え方と、敷地まわりの風の流れです。
街並みの調和を探るために、まず四軒とも南側に深い庇を伸ばす構成に変え、そして軒先の高さを揃えています。敷地の大きさから必然的に建物の奥行きもそろってくるので、これにより建物の外観は似通ったものとなり、調和がとりやすくなります。
風については、CFDによる解析を通して、 各敷地での風の流れ方が定量的に把握できるようになってきました。例えばAでは南面の西側に南からの風が支配的な一方で、Dでは通りを挟んだ南隣の敷地を越えてきた風がハの字の開いた部分に強く吹き込んでくることがわかります。 設計では得られた通風ルートをふまえて、建物形状や窓の配置を行うことになります。特に夏季は換気だけでなく採涼のために風の利用は有効となってきます。

このブログでは、町並みについてさらにもう少し説明しようと思います。
前述の街並み調整の条件として考えた、軒線の高さをそろえるというデザインは、見え方に関して二つの異なる魅力を持っています。それは、伽藍の魅力と町家の魅力と呼ぶことができるかもしれません。
伽藍とは簡単に言うと寺のお堂のことです。例えば左上の写真は有名な京都の寺院の伽藍です。この建物で圧巻なのは見上げた屋根の姿だと思っています。長く続いて上向きの視界を広く覆う軒先に全体としての強さを感じるからです。四軒がそろって南側に大きく庇を伸ばしている街並は、道路から見上げると一つの大きな軒のようで、伽藍のような印象の強さをよい意味でもつことができるのではないでしょうか。
町家と言われると、通りに面した建物の庇が、ずっと一定の高さで続いていく図を思い浮かべるのではないでしょうか。庇による一体感は確かに印象的な要素ですが、一方で街並を形作る建物の屋根高はまちまちですし、門構えの材料もここの家の時代によって様々に異なっています。個人的には町家の魅力見え方に魅力を感じるのは、こういった庇をそろえるというルールを共有しながら、各家の個性が現れていることです。このプロジェクトでは、それぞれの建物が外形や庇というルールで景観的に束ねられながらも、建物内部にそれぞれの生活に沿った異なるプランが収まっており、南面の大開口をとおして様々な生活の表情が現れてくる街並の姿を提示しています。

ココラボ2008も折り返し点を迎えました。今週から始まる3rd round では、2nd roundで考えた外環境からのアプローチを生かして、各建物の環境共生のためのいろんな仕組みについて紹介していきたいと思います。お楽しみに!

コメント(0)│コメントを書く
8月22日  舟久保研究員  
これまでのアンケート集計結果を発表します!

皆さんこんにちは!
今日からココラボブログが再開になります。

第2ラウンドは、「外環境」をテーマに、街並みと風のシミュレーションをしましたが、
本日時点でのアンケートの集計を発表したいと思います!

研究No.6の【途中経過報告】では、計画地建物プランニングの変遷について話を展開しましたが、約85%の方から今後の研究展開に期待をいただいた結果となりました。

その後、研究No.7で、この新プランに基づき、A敷地からD敷地まで、4つの案の風環境をシミュレーションしましたが、この研究にはなんと90%を超える方々から支持をいただきました!
通風の発想が、今後の住宅を考えていくにあたり、非常に皆さんの興味の対象となりえていることがわかりました。

またそれを受けた研究No.8についても、研究としての高い評価を頂き、こちらも90%の方に評価をいただきました。今後は更に詳細なポイントについて研究展開していきますので、是非この研究展開を見続けていただければと思います!

アンケートに答えていただいた方々の統計を見ると、
男性:約50%、女性:約50%と、男女同程度の方からご意見をいただきました。
また、年齢については、20代の方々が約50%、30代の方が25%となっています。これから家庭を持ったり、もしくはこれから家を持とうという世代の方々から多くのご意見をいただきました。ありがとうございました。
家族構成については、一人住まいの方が55%、3人で暮らしている方が25%となっています。

今日は、アンケートの結果を紹介させていただきましたが、このように統計を取ったり、ご意見を反映させていくことで、今後もどんどん提案がブラッシュアップされていきます!
これからも、どしどし ご意見をお寄せいただければと思います!!

コメント(0)│コメントを書く
8月14日  舟久保研究員  
本日からお盆休みに入ります!

第2ラウンドの途中ですが、
ココラボブログは、
本日8/15(金)~8/21(木)まで
お休みになります。

また、8/22(金)より開始いたしますので、
ぜひ皆さんアクセスしてくださいね!!

お盆中も、どんどんご意見お待ちしています!!
よろしくお願いします(^^)

コメント(0)│コメントを書く
8月13日  井上研究員  
ココラボワークショップ

こんにちは。ココラボ研究員の井上です。
先日、東京大学工学部建築学科にてワークショップが開催されました。

最初は子供たちに楽しんでもらえるかという不安もありましたが、そんな不安をよそに子供たちだけでなく学生の皆さんもとても活き活きとダンボールを組み立てているのがとても印象的でした。

玄関に花を飾り、窓をくりぬき、クッションや食器を並べると生活感が出てきて、本当の家のように楽しい生活が想像されました。子供たちの自由な発想で創られた夢のある家々を見て、改めて家族のふれあいや家作りの楽しさの原点を勉強させてもらった気がしました。

その中で興味深く意外だった事は、屋根を作っていた家族があったという点です。
今回用意したダンボールは組み合わせられるよう切込みを入れて積み上げられるようにしてあったのですが、それを敢えて屋根に見立てて上に載せていたのです。予想外の展開でしたが、その自由な発想に拍手でした。

0813-1.jpg.jpg

参加された皆さん、楽しんでいただけましたでしょうか?

今回、各方面のメディアの取材も多数お越し頂きましたので、UPされた記事を一部ご紹介します。

http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/200808096.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080810-00000002-fsi-bus_all

1 | 2 | 3 |→
ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る