COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪1stROUND
いろいろな家を考えてみよう≫
7月16日  馬場研究員  
他国のCO2削減の取り組み

暑い日が続き、ついつい冷房にたよりがちな今日この頃ですが、先日のように晴れていたかと
思うと急に、暴風雨が吹きすさむなど、異常気象かと思うような光景を目撃すると気候の変化は
身近でも起きている!?と大げさかもしれませんが、ついつい思ってしまいます。TVで『CO2の
削減に協力しましょう!』と謳っているだけでは解決しないのではないか...と一市民としては
心配してしまいます。

そこで、環境問題で先進的なドイツの取組みについてご紹介したいと思います。

ドイツでは、まず、一般家庭にいわゆる再生可能エネルギーであるソーラー発電に
必要な設備を導入して、普及させることを目的とし、電力会社に対して 家庭で発電した電力を買取る
事を義務化しています。しかも市民に十分メリットのある形にするため、電気料金は
通常より割高で設定し、10年程度で初期投資の元が取れるような金額設定としています。

しかし当然ながら、それでは電力会社の経営は悪化していまいますので、普通電気料金の
値上げで賄います。つまり、何もしない家庭はただ、電気料金が上がってしまいます。しかし、
ソーラー発電をする家庭は通常の電気料金は高くなりますが、発電した電力は高く買い
取ってもらえるので、それ程、痛手を被りませんし、設備投資の元が取れたあとは全体の
電気料金は安くなることになります。

さらに、ドイツ政府は更なるCO2の削減を図るため、環境税を導入しています。環境税は
ガソリン・電気・ガスなどの炭素を排出するエネルギーに対してかけ、CO2排出量の多い、
エネルギーの消費の抑制を目的としています。

しかし、ここでも当然、産業界から反発があったようです。特にCO2の排出の多い産業は
税制が技術の後退を招くと猛反発していました。
そこで政府は産業界への環境税の大幅な減税と、企業の年金負担分を集めた環境税
から払い戻すという優遇措置によって同意を得て、環境税を導入するに至りました。
導入後は、産業界が心配していた技術の後退という不安とはよそに、逆に厳しい排ガス
規制のもとで培われた技術を途上国に輸出することによって、新たな販路を生むという
経済効果があったようです。

0716-1.jpg

決して軽くはない市民の負担を強いる環境税ですが、そのコスト負担のあり方が産業界
だけではなく、市民全体で負担すること、また、市民一人一人の意識として、『CO2を出す
ことにはお金がかかる』という意識を定着させることができたことが京都議定書の削減目標を
達成できる国の取組みのようです。日本のように削減目標への到達が難しく、排出枠を購入する
ことによって、削減目標を達成するとういう試みは、排出枠市場の価格の上昇を考えると
すさまじい金額の税金の負担を国民が強いられる可能性があり、結果として一家庭の財布に
置換えた時に、とても高いものになるかもしれません。

コメント(0)│コメントを書く
7月14日  フランセス・ネルソン  
光のあふれる家

最近、デトックス・ティーにはまっている、フランセス・ネルソンです。今回私は、敷地Cのもう一つの案について紹介したいと思います。

0714-1.JPG
0714-2.JPG
0714-3.jpg

そもそも、建築におけるサステナビリティの基本は、建物を小さくすることで、環境への影響を小さくすることです。敷地Cのもう一つの案は、ミニマルなプランで、敷地Cを最大限活用しようというものです。ここでのプランはとてもシンプルなものです。パブリックな空間(居間、ダイニングキッチン、和室)が1階にあり、プライベートな空間が吹き抜けの周りを囲むように2階にあります。

玄関は南東につくりました。そして、その玄関を入ると、様々な部屋が連なっているようになっています。居間には吹き抜けがあり、ダイニングキッチンでは母親が料理をしている姿が見え、居心地よい和室があります。プライバシーのために、2階のおのおのの部屋には、北西に歩いていった先の階段から上がります。

2階の真ん中には主寝室があり隣に子供室があります。 子供室は、時間の変化で必要があれば、二つの部屋に分割することもできます。また、2階にある広いテラスで家族が団欒するなんてこともできます!このテラスは南面にあり、家族みんながリラックスできる屋外の空間でもあり、家族のプライベートな屋外の空間としてもつかえます。

自然光を取り入れる窓はいろんなところにあります。その中でも主なものは南面と北面の窓でしょう。夏は自然と家の中を風が通るように、冬は太陽の日射を効率的に家の中に取り込むために、これらの窓は大きく家の中心にあけました。また、西日や、夏の暑い朝の光があまり行ってこないように、西面と東面の窓は最小限必要なところにあけています。

そして、最終的には屋根の南面にソーラーパネルをおいて太陽熱給湯や太陽光発電もできるように考えています。

みなさん、こんなシンプルだけど光や風を効果的に使い、家計にも住む人にも、そして環境にも優しい家はいかがでしょうか?いろんなコメントをお待ちしてます。

コメント(0)│コメントを書く
7月12日  李 鎔根  
家族の成長と変化

こんにちは。イです。
最近、すごく暑くなりました。日本の暑さはやはり韓国の暑さより上だと思います。。。

私は今日のブログで、家族の成長と変化について話したいと思います。ココラボに参加することになり、まずは日本住宅論という本を読みました。日本と韓国は近くても、遠い国という言葉があります。文化的に似ている事も多いですが、違うところも多いので日本住宅は韓国の住宅とどう違うのかが知りたかったのです。その本の中で、印象に残ったのが、ある団塊世帯の人が引越しした家の間取りを順番に集めておいた図でした。

田舎の実家で祖父、両親、妹 → 東京に進学して寮 → 妹も東京に進学して一緒にアパート → 結婚した後1LDK → 長男が生まれて2LDK → 次男が生まれて3LDK → 子供が成長して家を増築 → 子供が独立したことによって4LDKで二人が住む

つまり、家族の成長、変化によって部屋が必要になったり、要らなくなったりするということで、家の間取りの可変性の大事さについての説明でした。最近似ている経験をしましたので、それについて話します。私は今、亀を飼っています。

0712-1.jpg

今、2ヶ月目で、名前は、チョルスとヨンヒです。名前を作るのが難しかったので、韓国の小学1年生の教科書に一番よく出る名前をつけました。^^

0712-2.jpg

左の写真が始めてうちに来たときです。直径20cmぐらいの皿が亀たちの初めての家でした。その時、亀は約3cmくらいでしたが、それにしても何かかわいそうで、その次の日、右の写真に見える家と部屋になる石を買いました。2番目の家は長さ30cm、幅20cmぐらいの水槽でした。2番目の家に引越しした日は結構大きい家だと思いました。でも、私が失敗したのは亀の成長の速度について調べなかったことです。約一ヶ月の後、亀たちは3cmから、約5cmになりました。それによって、水槽の壁面と石の間を亀が通る時、時々亀たちがその間に挟まってしまうことになりました。それで、3番目の家を買いました。

0712-3.jpg

3番目の家は40cm , 30cmで、前の家より2倍大きくなりました。家が大きくなったからかは分かりませんが、2番目の引越しの後、亀たちは非常に活発になりました。

0712-4.jpg

どうでしょうか?家というのが亀の家みたいに安かったらいいけれども、そうではないので、私には家族の成長と変化と家について考える良い機会になりました
ところで、吉祥寺の公園の池で、30cmくらいの大きい亀が泳いでいるのを見ましたが、残念ながら、私が飼っている亀と同じ種の亀でした。今、本当に心配しています。^^;

7月11日  鴻野 吉宏  
Lの魅力

こんにちは、いつも大学では体がデカイので、ゴードンと呼ばれている鴻野です。

今日は、アップされた研究No.4「敷地Cについて」についてお話したいと思います。
この敷地Cは若干ですが敷地の境界が斜めになっており、そのため、他の敷地A、B、Dに比べて建てられる建物の幅が小さくなっています。また、駐車場が前面にあるために、単純な矩形であると建物の奥行きも浅くせざるを得ません。そこで、この敷地Cではそれを逆手にとって、「L字の形で二階建て」という案を提案することにしました。

L字の形にすることにはいろんなメリットがあります。その一つは、建物の奥行きが浅くなることです。ほら、手を広げた人が2.7人分で壁と壁に触ることができます!そうすることで、各部屋が三面以上で外に接します。そのため、多くの窓から光を取り入れることができます。また風を取り入れることもより簡単になりますし、風が入ってくるところと抜けるところの距離が近くなることで、部屋の中に風の通り道ができやすくなるのです

0711-1.jpg

さらには、L字の建物の庭に設けられた大きなシンボルツリーがあります。この木は、夏には葉が生い茂ることで夏の日射がリビングに入ってくるのを防ぎ、冬には葉が落ちることで冬の日差しが家を暖めることを妨げないようになっています。

僕たちは、間仕切りのない一室のような家を目指しています。この家ではリビングの上部を大きな吹き抜けにすることで、普通の二階建ての家のように1階と2階が分かれているのではなく、もっと、一体的な空間となるようにしています。

この、吹き抜けに面する2階には子供室をもうけました。こうすることによって、たとえば、吹き抜けに面した広い机で子供が勉強をしている時、階下で家事をしている母親はその気配を感じることができるでしょう。また、ベッドスペースに子供にいても気配はわかります。こんな、家族が一体となって感じられる空間はどうですか

0711-2.jpg

このように典型的な二階建ての建物でも、その形や空間構成でさまざまに環境共生や親子の関係について考えることができます。皆さん、この敷地CのL字プランはどうでしたか?様々な意見、待ってます!

コメント(0)│コメントを書く
7月 9日  井上研究員  
「開発」と「環境」について

こんにちは。
研究員の井上です。

今日は「開発」と「環境」について書きたいと思います。
皆さん、「開発」と聞いてどんなイメージをお持ちになりますか?

新築マンション、ニュータウン、新しい観光スポット等のように、きれいに整備されたプラスイメージもある半面、おそらく環境破壊などのマイナスイメージも同時に想像されるんじゃないかと思います。

私の実家の近くでも小さい頃によく遊んだ雑木林が消え、分譲住宅やマンションがどんどん建てられています。虫を捕りに行ったり、秘密基地を作ったりした懐かしい場所が今は無いのだと思うと切ない気分になります。

そう言っている私自身も今ではいわゆるデベロッパーの一員として住宅地開発をすることにより生計を立てているのですから皮肉なものですが・・・。

0709-1.JPG

開発」は解体や伐採に始まり、造成、建築、資材の運搬、廃材の排出等、さらには完成した建築物を使用する時までも、その全ての行為が環境に多大な負荷をかける行為となるうえに、規模もかなり大きなものとなります。

そういった行為の発注主である我々デベロッパーは、周辺環境・地球環境の両方の意味で悪者かもしれませんね。

でも逆に、我々だからできることは限りなくあるんじゃないかと私は思います。

0709-2.jpg

規模が大きい分、小さな事の積み重ねで大きな効果が得られるでしょうし、自然と共存できる街づくりを計画していくのも我々にしかできない仕事であり、使命だと思っています

今回のココラボも、我々だからこそできる事の一つだと思います。
「人に、環境に、やさしい家」そして街。
そんな街に住みたいと思う方々と一緒に家づくり・街づくりを考えていけたらいいなと思っています。

コメント(0)│コメントを書く
←| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |→
ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る