COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
9月 1日  リジー  
間取りを変えられる家

0901-1.jpeg

現代の建築学は人間の住環境や生活の必需品を考える学問です。間取りの可変性というのはそんな建築学においてはまだ新しい、けれどとても大切な研究対象なんです。
建築家は「部屋というのは固定的であるほうがいいのか、それとも流動的であるほうがいいのか?」ということから考え始めます。そしてその疑問の答えは住む人とその人の環境の状態が変化し、必要な空間も変わってくるのだからそれに住空間も合わせて変化すべきだ、というものになるでしょう。
移動性というのは私たちの生活の大部分を構成していますが、生活空間においては可変性が必要になってくるのです。

家の可変性、という言葉は2つの解釈で論じることができます。

1つは家の基礎的な構成の可変性についてです。つまり例えば家で長年過ごしていると、家族は2つに分かれるかもしれませんよね。
もう1つは家の空間の可変性についてです。ここでは一般的にフレックスルームが使われることが多いです。みなさんが部屋の使い方を、家族の変化に応じて変えることができるということです。
建築家は可変性にとんで、柔軟な、バリアフリーな建物を提案します。そうすることで住まい手のしばしば変化する部屋に対する希望をより多く、かなえることができるからです。この場合、現在の生活様式がデザインの過程で新しい技術と組み合わされることになり、建物の特徴となります。

大きな一つの子供部屋は二つの小さい子供部屋となりえますし、子供たちが出ていったあとには親がそこを他の用途に使うことができる、新しい部屋が得られたようなものです。そこはオフィスになるかもしれませんし、大きなリビングになるかもしれませんし、更に他の部屋と繋いでまた新しい使い方ができるかもしれません。

夫婦が齢を取ったときには、寝室とリビングを1Fに降ろして、もう普段の生活では階段を登らずに住むような住み方もできるでしょう。2Fの部屋はお客さんや子供たちが戻ってきたときのための部屋にしておくのがいいと思います。

結局、住まい手は住空間の可変性においてとても大切な役割を持っているのです。生活というのは住まい手と建物の交流の中で生み出されるものなのですから。

コメント(0)│コメントを書く
8月30日  鴻野 吉宏  
エコ照明の話

こんにちは、お盆に実家に帰ってサイズアップした、鴻野です。

皆さん、お盆はいかがおすごしでしたか?僕の実家がある徳島県は、例年「阿波踊り」で盛り上がってます。僕も毎年、踊らないまでも参加して楽しい数日間を過ごしています。今年はその阿波踊りでエコ的な試みを発見しました。阿波踊りで使われる提灯の中の電球が、今年からはすべて蛍光灯にかわったんです。後で調べると、どうやらこの蛍光灯交換活動は「あかり交換活動」と銘打って、様々なところで行われていることがわかりました。洞爺湖サミットのときも行われたみたいです。

蛍光灯は普通の電球より消費電力が少なく寿命が長いのが特徴です。つまりは電力消費量と交換回数を減らすという利点があり、ひいては排出CO2の削減につながります。ただ、今までは蛍光灯はそれほどラインナップが多くなく、演色性も電球とくらべてあまりよくないという問題がありました。演色性とは光をあてられたものが昼光でみる場合とどれくらい同じように見えるかということです。しかし、最近では様々な種類の蛍光灯が販売されています。先ほどいった提灯の中身になるような電球型蛍光灯や普通の色とはちょっとかわった色の光を発するものもあります。

現在、僕たちが設計している住宅でももちろん内部の照明はすべて蛍光灯にするつもりです。そうすることで、地球環境に優しいだけでなく、家庭の照明代など家計にも優しい住宅になります。もっともそれだからといって、家のすべての照明をつけっぱなしなんていう生活を送っていれば元も子もないのは当たり前ですが。

みなさんも何か一つ家の電球を蛍光灯にかえてみませんか?そうすることで、必要なければすぐに照明を消す、夜は早く寝て日中お日様の光を活用するなど、エコの意識を照明から育んでいけるのではないでしょうか。

0830-1.jpg

0830-2.JPG

コメント(0)│コメントを書く
8月29日  李 鎔根  
韓国との住宅比較

こんにちは。イです。最近、雨の日が続いていて、気温が結構下がりました。暑さに弱い私にとっては本当にうれしいことです。今日は韓国の住居形態について話したいと思います。

2006年初めて日本に来た時、ビックリしたのが、木造住宅が多いということでした。もちろん、韓国も近代以前にはすべてが木造住宅でしたが、韓国戦争以降(1950-1953)、鉄骨、コンクリートが安い値段で大量に供給され、木造住宅は一般の人には高い住宅になりました。その後、70,80年代の経済成長の後、ヨーロッパ、アメリカの木造住宅が紹介され、それに魅力を感じた消費者が増え、1990年代初、ソウルの近郊に別荘として、2X4住宅が建てられました。でも、木造住宅についての知識不足が原因で、多くの欠陥住宅が発生しました。この後、アメリカの林産物センターがソウルで事務所を開き、アメリカ産木材と技術を伝えましたが、今までも、韓国においては木造住宅を探すのは難しいです。

実際に、2005年度の統計によると、ソウルの場合、団地ですんでいる人が、総人口の55%、一戸建てで住んでいる人は20%くらいです。そのうち、木造住宅の割合は2%くらいだそうです。日本に比べたら、木造住宅の数はかなり少ないと思います。

何で韓国の人は木造の住宅が好きではないかというのを韓国の林業研究院で調べました。その理由は、

1. 火事の危険
2. 値段が高い
3. 管理の不便
4. 寿命が短そう

でした。その以外には、冬に寒そう、防音の問題、などがありました。

そういうことで、韓国には多くの人は、木造よりは、鉄筋コンクリート造の住宅が好きです。 そして、韓国のECO-住宅も、団地を中心として研究が進められています。

0829-1.jpg
(ソウルのモクドンという町の様子)

コメント(0)│コメントを書く
8月27日  舟久保研究員  
いよいよ 明後日から 3rd ラウンド がはじまります!

みなさん、
1st ラウンド 「家の周りを見てみよう」 へのご意見、ありがとうございました!

さまざまなご意見をいただき、いろんな気付きがありました。
今後の提案に 積極的に盛り込んでいきたいと思います!

そして、
いよいよ明後日8/29(金)より、3rd ラウンド がはじまります!
テーマは「環境共生住宅の詳細説明」!
これまで、4つのプランニングと、それらが構成する街並みを紹介をしてきましたが、
次回は、環境配慮型住宅をつくるために、具体的にどんな事を
考えていくべきかに焦点を当て、様々な切り口から研究していきます。

それでは8/29(金)、3rd ラウンド UPをお楽しみに!
皆さんのご意見・ご感想、お待ちしています!

コメント(0)│コメントを書く
8月25日  長岡 晃平  
伽藍の魅力・町家の魅力

0825-1.jpg

こんにちは、長岡です。
今週は、このラウンドで検討してきた環境共生住宅の特徴について振り返ってみようと思います。

2nd round では外環境の視点から各案のスタディを行ってきました。検討したポイントは、街並の見え方と、敷地まわりの風の流れです。
街並みの調和を探るために、まず四軒とも南側に深い庇を伸ばす構成に変え、そして軒先の高さを揃えています。敷地の大きさから必然的に建物の奥行きもそろってくるので、これにより建物の外観は似通ったものとなり、調和がとりやすくなります。
風については、CFDによる解析を通して、 各敷地での風の流れ方が定量的に把握できるようになってきました。例えばAでは南面の西側に南からの風が支配的な一方で、Dでは通りを挟んだ南隣の敷地を越えてきた風がハの字の開いた部分に強く吹き込んでくることがわかります。 設計では得られた通風ルートをふまえて、建物形状や窓の配置を行うことになります。特に夏季は換気だけでなく採涼のために風の利用は有効となってきます。

このブログでは、町並みについてさらにもう少し説明しようと思います。
前述の街並み調整の条件として考えた、軒線の高さをそろえるというデザインは、見え方に関して二つの異なる魅力を持っています。それは、伽藍の魅力と町家の魅力と呼ぶことができるかもしれません。
伽藍とは簡単に言うと寺のお堂のことです。例えば左上の写真は有名な京都の寺院の伽藍です。この建物で圧巻なのは見上げた屋根の姿だと思っています。長く続いて上向きの視界を広く覆う軒先に全体としての強さを感じるからです。四軒がそろって南側に大きく庇を伸ばしている街並は、道路から見上げると一つの大きな軒のようで、伽藍のような印象の強さをよい意味でもつことができるのではないでしょうか。
町家と言われると、通りに面した建物の庇が、ずっと一定の高さで続いていく図を思い浮かべるのではないでしょうか。庇による一体感は確かに印象的な要素ですが、一方で街並を形作る建物の屋根高はまちまちですし、門構えの材料もここの家の時代によって様々に異なっています。個人的には町家の魅力見え方に魅力を感じるのは、こういった庇をそろえるというルールを共有しながら、各家の個性が現れていることです。このプロジェクトでは、それぞれの建物が外形や庇というルールで景観的に束ねられながらも、建物内部にそれぞれの生活に沿った異なるプランが収まっており、南面の大開口をとおして様々な生活の表情が現れてくる街並の姿を提示しています。

ココラボ2008も折り返し点を迎えました。今週から始まる3rd round では、2nd roundで考えた外環境からのアプローチを生かして、各建物の環境共生のためのいろんな仕組みについて紹介していきたいと思います。お楽しみに!

コメント(0)│コメントを書く
←| 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |→
ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る