COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
11月24日  舟久保研究員  
みなさん ありがとうございました。

みなさんこんにちは。ココラボ研究員の舟久保です。

難波研究室メンバーの挨拶が終わり、本日から、私たちコスモスイニシア研究員の最後のご挨拶をブログにUPしていきます。

「人に、環境に、やさしい家」をテーマに取り組んできた、ココラボ2008ですが、振り返ってみると、昨年の「1.5階の家」に比べ、研究すべき対象の裾野が広く、正直、手探りの中で、スタートを切りました。

世の中にはたくさんの環境配慮型商品があふれています。それはもちろん住宅に限りません。ハイブリッド自動車、省エネ家電といった、技術でクリーンな環境を追求する考え方もありますし、カーボンオフセットのように、自分が発生させたCO2を別の方法で相殺するという、システムでの環境配慮方法もあります。
つまり、エコというのは、いろんな発想に基づいて実現されているわけです。

そんな中で、住宅のエコとは何でしょうか。

私自身、最初は、「エコな家というのは、緑で覆って、太陽発電をつけるような家」程度の感覚でした。おそらく、そんな風に漠然と思われる方は、たくさんいらっしゃると思います。

現在、6ヶ月の研究を経てきましたが、エコな家を一言で表すならば、それは『人の生活シーンを快適に見守り続ける存在』だと思います。家はただ家としてあるのではなく、家族がずっと快適に住まい続けられるように、家自身も変わりながらあり続ける、そんな、まるで人格を持った家族の一員のような存在なのだと思います。

そのためには、これまで研究で解明してきたように、周囲の環境とうまく付き合うことにより、『自然な快適性』と『家族の絆を促進する空間』を実現できる家であることが理想形になると思います。

もちろん、これが絶対的なエコの家だとは思っていませんが、一つの明確な方向性を持った研究結果だと思います。皆さんからもご感想をいただけるとうれしいです。

これまでWEBの研究経過を見ていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る