COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
11月20日  長岡 晃平  
隠さない設計

こんにちは、長岡です。
ココラボも最後まで無事に終える事が出来ました。始まった当初はとっかかりがつかめず右往左往していたので、五ヶ月間を振り返ってみると、リアリティのある4案になんとか収斂させる事が出来たな、というのが今の正直な感想です。

住み手が環境的工夫をはっきりと知った上で使う事が出来ること。これについては谷口研究員が先で述べた通りですが、重要になってくるのは、これを実現するためにどのようなデザインが可能か、ということだと思います。

今回の設計では、 環境的工夫に関わる仕組みを見せること(隠蔽しないこと)と、建物の構成の大枠が環境的工夫によって説明可能にすることを目指してきました。建物は、庇、南側の開口や吹抜・屋根窓、壁の少ない空間、フレキシブルなプランといった要素によって説明可能なシンプルな構成を持ち、水回りや収納といった副次的部分の配置や動線の設定は、その単純さを邪魔しないようになされています。一方で、建物の外形状や外装、内装仕上などは、ある程度自由のきく部分として残っていますが、クロス張りの内壁や何重にも分かれた屋根といった「家らしさ」を演出するデザインを用いなかったのは、構成を隠し仕組みの明快さを損ねると考えたからです。

環境的工夫が、過不足ない表現であらわされている。そういった透明性というか、意図的な機能表現を今回は敢えてしています。その是非について、皆さんはどう思われますか?

ひとつの敷地・住宅について長い期間をかけ、様々な環境的工夫を一つのプランに収斂させていくという密度の高い作業は、学校の短い設計課題にはない貴重な経験となりました。いろいろな局面にコメントをくださった方々、またアンケートで案を評価し時に批判してくださった方々、設計する上で参考にさせていただきました。本当にありがとうございました。

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る