COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
10月18日  舟久保研究員  
環境配慮の思想

こんにちは。ココラボ研究員の舟久保です。

今日は、環境配慮型の住宅をどんなふうに考えてきたか、その背景についてお話いたします。

環境配慮型の住宅と一口に言っても、実は様々な切り口があり、世の中にも多様なコンセプトで、姿を現わしています。
太陽光発電や、高効率のガス給湯器など、積極的に機械を採用し、生活していく上でのランニングコストを下げることをコンセプトとする家、建物を自然の一部として捉え、緑で積極的に建物を覆うコンセプトの家、等々、実に多様です。

今回、私たちは、『人に、環境に、やさしい家』をテーマに掲げ、それを実現するものこそが、日本の住空間の質を上げる、本当の環境配慮型住宅だという思いを持ちながら、研究をしてきました。その結果、見えてきたものは、『建物それ自体が住みやすく快適であること・そのために自然現象をうまく快適さにつなげられる工夫を建物に施すこと』というコンセプトでした。いわゆる、『パッシブ』な視点です。そのヒントは、日本で長い間培われてきた、古来からの日本家屋のつくりにありました。

庇を深く出すことは、家の格を強調するものだと思っていましたが、実は太陽の光を夏遮り、冬取り込むために必要な建築要素であることがわかりましたし、部屋をふすまで区切っていくゾーニングも、冠婚葬祭のために大きなスペースを必要とするからというだけでなく、屋内の風通しを有効に確保するための工夫だったこともわかりました。

これらのことは、もちろん、四季を持つ日本だからこそ成り立つ考え方というところもあります。そう考えると、世界各所で、環境配慮型の住宅はその風土条件によって、違ったものになってくるのかも知れません。エアコンのなかった時代、地球上のどこでも、そういった先人の知恵の集積によって、環境配慮型の住宅が作られ続けてきたのかも知れません。その多様性も非常に面白いですね。

『人に、環境に、やさしい家』が増えていけば、その結果、環境が人にとってやさしいものになり、人も環境に対してやさしくなっていくのだと思います。そうすれば、環境への負荷を減らしながら、持続発展していく未来が作れそうな気がします。
今後の住宅のありかたが、そんな風に変わっていければ、本当に素晴らしいことだと思います。

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る