COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
10月17日  横山 翔大  
住まい方のルール

みなさんこんにちは、横山です。ココラボも今日研究No.15がアップされるので残すところあと一回となりました。いよいよクライマックスです。

今回の研究は、今までココラボによせられてきたたくさんの質問の中で特に多かったものについて応えながら、環境共生住宅の環境的工夫を振り返っていく内容です。是非ごらんください。

吹き抜けの掃除や子供室の明るさなど、ココラボモデルでの生活に密着した内容になったかと思います。今僕は親元を離れ、ルームシェアをしている最中なので、この写真を撮りながらずっと考えていたことがあります。

それは、住まい手同士の間で作られるルールについてです。

どんなに仲の良い友達同士であっても、家族であっても、家に住んで一緒に生活するならばルール作りは欠かせないことです。実家に住んでいたときもなんとなく子供室にはノックして入る、やご飯の時にはテレビを消す、いない部屋の電気は消す、そういったプライバシー、団欒、節約などのためにこまごまとしたルールの中で暮らしていました。

今のルームシェアではゴミ出し、掃除、洗濯、料理など自分たちでやらなければならなくなったので、実際の生活ではものすごい数のルールがあることを実感しています。今までは全部親任せだったので……

1017-1.JPG
我が家のルール1 お墓をあまりじろじろ見ない。

1017-2.JPG
我が家のルール2 キッチンではうるさくしない。(右側には扉も壁もないので)

同様に、ココラボモデルでもたくさんのルールが必要になると思います。
特にココラボモデルではたくさんの環境的工夫があるので、うまく住みこなすためには引っ越してくる家族は前の家とは違ったルールを決めなくてはいけません。

掃除は高いところをする必要があるからお父さんの担当です。
幼少期、子供室には鍵どころか扉もありませんから子供たちはどうしても入ってきて欲しくないときは廊下にぬいぐるみを置いておくという決まりにしましょう。
南面は大きな窓になっていますから、お風呂から出たすぐあとは階段の裏側から上の階に行きましょう。

こんな風に家族で一緒に住むルールについて話し合うのが、引越し初日の光景でしょうね。
みなさんの家にはどんなルールがありますか?

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る