COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
9月24日  舟久保研究員  
木の ちから

0924-1.JPG

みなさん こんにちは。
ココラボ研究員の舟久保です。

最近は、暑さもだいぶ去り、ちょうどいい穏やかな気候になってきましたね。
今日も、本当にいい天気で、オフィスワークを放り投げて、外出したい気分です。

今回の研究テーマは、「安心・安全を考える」です。
この視点で、自然素材にこだわり・地球環境にもやさしい住宅を紹介しました。
その中で、今回、国産材の杉を使って、部屋内に表していく構法を提案していますが、
実は、研究ページで説明している利点に加えて、
もうひとつ、「木を表わしてつかう」ことに大きな利点があるんです。

いったい、それはどんなことなのでしょうか。。。??

みなさんは『フィトンチッド』というものをご存知でしょうか?
これは、木から生成される揮発性の物質になります。
このフィトンチッドには消臭・脱臭の作用があるほか、なんと、抗菌効果もあるんです!

森林に入ると、独特のさわやかな空気を感じますが、
実は、これは、フィトンチッドによるものであることが分かっています。

木を積極的に使い、屋内に向けて表していく。
そこに、フィトンチッドによる消臭・脱臭・抗菌効果が付加されていく。
まさに、安心・安全な家にぴったりの提案ではないでしょうか。

ぜひ、たくさんのご意見をいただけたらうれしいです!

コメント (1)

こんにちは、舟久保さん
 皆さん方の方が研究経験が豊富なので釈迦に説法をさせていただきます。
 まず木材の種別を建築の利用目的別に分類します。構造材に使えるとか造作材に使えるとか又は両方にとかです。次にフィトンチッド効果を分類してみます。脱臭効果が高い、芳香性が高いとか分類してみます。そうすると利用方法が明確になりますね。次に色とか意匠に関する特質を加えると設計の具体的イメージが湧くかなと思います。
 あと建築基準法で普通の木材が使用できる部位も決まっているので、そういったことも考慮に入れると建築における木材の使用イメージが具体的になるかも知れません。
 製材のみならず、フィトンチッドは、集成材等でも効果が得られるのでしょうか。効果が得られると木造建築の可能性が広がりますね。
 また興味深い話題の提供をお願いいたします。

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る