COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
7月14日  フランセス・ネルソン  
光のあふれる家

最近、デトックス・ティーにはまっている、フランセス・ネルソンです。今回私は、敷地Cのもう一つの案について紹介したいと思います。

0714-1.JPG
0714-2.JPG
0714-3.jpg

そもそも、建築におけるサステナビリティの基本は、建物を小さくすることで、環境への影響を小さくすることです。敷地Cのもう一つの案は、ミニマルなプランで、敷地Cを最大限活用しようというものです。ここでのプランはとてもシンプルなものです。パブリックな空間(居間、ダイニングキッチン、和室)が1階にあり、プライベートな空間が吹き抜けの周りを囲むように2階にあります。

玄関は南東につくりました。そして、その玄関を入ると、様々な部屋が連なっているようになっています。居間には吹き抜けがあり、ダイニングキッチンでは母親が料理をしている姿が見え、居心地よい和室があります。プライバシーのために、2階のおのおのの部屋には、北西に歩いていった先の階段から上がります。

2階の真ん中には主寝室があり隣に子供室があります。 子供室は、時間の変化で必要があれば、二つの部屋に分割することもできます。また、2階にある広いテラスで家族が団欒するなんてこともできます!このテラスは南面にあり、家族みんながリラックスできる屋外の空間でもあり、家族のプライベートな屋外の空間としてもつかえます。

自然光を取り入れる窓はいろんなところにあります。その中でも主なものは南面と北面の窓でしょう。夏は自然と家の中を風が通るように、冬は太陽の日射を効率的に家の中に取り込むために、これらの窓は大きく家の中心にあけました。また、西日や、夏の暑い朝の光があまり行ってこないように、西面と東面の窓は最小限必要なところにあけています。

そして、最終的には屋根の南面にソーラーパネルをおいて太陽熱給湯や太陽光発電もできるように考えています。

みなさん、こんなシンプルだけど光や風を効果的に使い、家計にも住む人にも、そして環境にも優しい家はいかがでしょうか?いろんなコメントをお待ちしてます。

コメントを投稿
コメントはブログ管理者の確認後の掲載となります。予めご了承ください。

ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る