COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪2008年07月26日≫
7月26日  リジー  
日本とドイツの生き物の違いは……?

0726-1.jpg

こんにちは。リジーです。
私は最近特に、日本とドイツの環境の違いを改めて感じています。
日本が暑くてジメジメしているということだけではなく、あらゆることにおいて違いがあると思います。その中で、今回は昆虫の話をしたいと思います。

その中の一つはとても変な形をした甲虫でした。長さがなんと8センチくらいでとても長い!彼は仰向けになって横たわっていて一見死んでいるように見えましたが、二日後には自分でひっくり返って動いてました!こんな変な昆虫見たことありません。

また、ゴキブリもその中の一つでした。私は今までゴキブリというものを全く知りませんでした。ドイツにはいません。多分ゴキブリたちにとって十分な暖かさがないのでしょう。本当にラッキー!
 
そして、私の中で一番驚きだったもの。私は今もあれがなんだったのか分かりません。カタツムリに似ていましたが、それに以上にとても大きかった!色はライトグリーン!体はキャタピラの一種のようにも見えました。私は初めて見ましたが、毒を持っている風には見えませんでした。

私が今まで見た中で最も美しかったものは珍しい蝶でした。手と同じくらいの大きさで、特にカラフルな翼を持っている蝶です。驚くくらいきれいでした。

もちろん、ドイツでも日本でも見られる昆虫はたくさんいます。例えば蛾や蜘や蟻などです。
ささいなことですが、このようなちょっとした日本とドイツの違いを知ることによって、私は大きな環境の違いを感じることが出来たと思います。

そして、私には一つ、決して答えを知りたくない質問が一つあります。
「日本に蛇はいるの?」

ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る