COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪2008年07月09日≫
7月 9日  井上研究員  
「開発」と「環境」について

こんにちは。
研究員の井上です。

今日は「開発」と「環境」について書きたいと思います。
皆さん、「開発」と聞いてどんなイメージをお持ちになりますか?

新築マンション、ニュータウン、新しい観光スポット等のように、きれいに整備されたプラスイメージもある半面、おそらく環境破壊などのマイナスイメージも同時に想像されるんじゃないかと思います。

私の実家の近くでも小さい頃によく遊んだ雑木林が消え、分譲住宅やマンションがどんどん建てられています。虫を捕りに行ったり、秘密基地を作ったりした懐かしい場所が今は無いのだと思うと切ない気分になります。

そう言っている私自身も今ではいわゆるデベロッパーの一員として住宅地開発をすることにより生計を立てているのですから皮肉なものですが・・・。

0709-1.JPG

開発」は解体や伐採に始まり、造成、建築、資材の運搬、廃材の排出等、さらには完成した建築物を使用する時までも、その全ての行為が環境に多大な負荷をかける行為となるうえに、規模もかなり大きなものとなります。

そういった行為の発注主である我々デベロッパーは、周辺環境・地球環境の両方の意味で悪者かもしれませんね。

でも逆に、我々だからできることは限りなくあるんじゃないかと私は思います。

0709-2.jpg

規模が大きい分、小さな事の積み重ねで大きな効果が得られるでしょうし、自然と共存できる街づくりを計画していくのも我々にしかできない仕事であり、使命だと思っています

今回のココラボも、我々だからこそできる事の一つだと思います。
「人に、環境に、やさしい家」そして街。
そんな街に住みたいと思う方々と一緒に家づくり・街づくりを考えていけたらいいなと思っています。

コメント(0)│コメントを書く
ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る