COCOLABO

あなたと考える新しい住まいの研究室 COCOLABO

みんなでわいわい、ココラボカフェ。ブログで語ろう「人に、環境に、やさしい家」。
≪2008年07月02日≫
7月 2日  森永研究員  
『生活を楽しむ』ということ

研究員の森永です。
ホームページとブログで、Aプランを見て頂きましたが、皆様如何でしたでしょうか。
環境を考えて住宅を建てるというと『省エネ』とかなんとか、
なんだか少し堅苦しいイメージがあったのではないでしょうか?

じっくり図面を見て頂けるとおわかり頂けると思いますが、
東大の学生の皆さんが提案する住まいは、
『生活を楽しみ』ながらも『地球環境にやさしい』住まいです

自然の恵みを楽しみ、上手に利用すること。

よく昔の日本の住宅や住まい方が、環境を語る時に引き合いに出されることがありますが、残念ながら昔の日本に完全に戻るのは難しいです。

0702-1.jpg

でも、その住まい方のエッセンスを取り入れることはできます
深い庇や、バルコニーは、夏の日差しを遮り、冬の日差しは部屋の中に入れます。
2階建て、3階建てであっても、風の通り道をきちんとつくれば、
自然と心地よい風が吹き抜けます。
木々の緑は水をたたえた自然のカーテン。
美しい木漏れ日を創り出すと同時に、太陽の日差しを遮り、温度を快適に保ちます。

クーラーや暖房を極力付けずに、無理せず快適に暮らせるならば・・・

エアコンが好きで好きでたまらない!という人以外は、
そんな暮らし方を望むのではないでしょうか?

ホームページで提案している家をご覧頂いて、この家であれば風、太陽、雨、緑、
をうまく利用して、こんな楽しみ方ができそうだ!
というご提案があればどしどしメッセージを下さい!!
例えば、中庭のある家であれば、夏の夜、窓を開け放して星空を見て、音楽を聴きながらお酒を飲めるといいなぁ、とか、縁側で風と草のにおいを感じながら、家族と笑い合いつつ
スイカが食べられるといいなぁとか、
そんな御意見など、頂けると嬉しいです♪

コメント(0)│コメントを書く
ブログメンバー

横山 翔大
「ルームシェアをこの4月からはじめました。窓を開けると一面のお墓が広がっています。」
プロフィールを見る

李 鎔根
「韓国から日本の建築を勉強しに来ました。牛丼が大好きです。Y屋よりはM屋が好きです。」
プロフィールを見る

鴻野 吉宏
「大学にメタボ検診がなくてよかったと思う今日この頃です。」
プロフィールを見る

フランセス・ネルソン
「私はロードアイランド州のデザイン学校を出て、今は東大で研究員をしています。」
プロフィールを見る

岡崎 啓祐
「海から遠いのに湘南ナンバー付けている自称湘南ボーイです。もちろんサーフィンできません(笑)」
プロフィールを見る

リジー
「ドイツのシュトゥットガルド大学で建築・都市デザインを学んでいて、これから1年間東大で研究をします。」
プロフィールを見る

長岡 晃平
「ニュータウン生れ、ロードサイド育ちです。今は古アパートで一人暮らしをしています。」
プロフィールを見る

アンドレア
「スイスのバーゼルに住んでそこの大学に通っています。これから半年間東京大学で研究をします。」
プロフィールを見る

ツィー・チャン
「中国の精華大学からきました。芸術とデザインを学んでいました。今は東京大学の研究生です。」
プロフィールを見る

谷口 景一朗
「6年間の大学・院生活もあと半年で終了(予定)です。そろそろ大学近辺の食事情にも飽きてきたのでちょうどいい時期かもしれません。」
プロフィールを見る

舟久保研究員
「人も環境もメタボにやさしくなってほしいです。。。」
プロフィールを見る

森永研究員
「事業を通してどういった社会貢献ができるか日々模索しています!」
プロフィールを見る

大塚研究員
「去年思い切った減量をしました。当時75kgあった体重も今では62~3kg。」
プロフィールを見る

井上研究員
「運動不足が気になる今日このごろ。カッコいい自転車でも買おうかなぁ。」
プロフィールを見る

馬場研究員
「業務ではマンションや戸建物件の商品企画等を行っています。」
プロフィールを見る

岡研究員
「ついに三十路を迎え、体力の衰えを隠しきれません。」
プロフィールを見る