cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

あなたのご意見を
お聞かせください!
あなたは各研究室のプランを見て、どのように感じましたか?ぜひ研究に参加して、ご意見をお聞かせください!
※2007年のコメント受付は終了いたしました。たくさんのご意見をいただき、まことにありがとうございました!

子供達が家を出て、一人暮らしになった65歳の父は、
定年退職(食品関係の企業)をきっかけに、共用空間を持つ部屋に改築。
食の大切さを伝える、大人数で集えるキッチンを中心としたプランとします。

キッチンは共用庭に面しており、靴のまま庭と室内を行き来でき、住人や友人の集いが庭で行われる時は、この部屋を拠点として、食事や語らいの場が提供されます。

1.5階の高さが、室内においてのパブリックからプライベートへのグラデーションを作り出しています。
img
キッチン、リビング、父の個室が異なるレベルに展開します。上に行く程、親密度の高い空間になります
img
共用庭から父の個室までの間に、パブリックからプライベートへのゆるやかなつながりを、高低差により生み出します。
img
下層がキッチンと水回り、中間層がリビング、上層が父の個室という構成になります。
img
キッチンでは皆でにぎやかに料理を楽しみ、その上のリビングは少人数でゆっくりとくつろぐ場になります。
※画像および平面図には、安全上必要な手すりなどは省略されています。

TOPに戻る
あなたのご意見をお聞かせください!
※2007年のコメント受付は終了いたしました。
たくさんのご意見をいただき、まことにありがとうございました!
ページの上部に戻る