cocolabo
あなたと考える住まいの研究室 COCOLABO
TOP
コンセプト
研究テーマ&研究室の紹介
ココラボブログ
イベント
年間スケジュール
ココラボ2006
研究発表
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回

あなたのご意見を
お聞かせください!
あなたは各研究室のプランを見て、どのように感じましたか?ぜひ研究に参加して、ご意見をお聞かせください!
※2007年のコメント受付は終了いたしました。たくさんのご意見をいただき、まことにありがとうございました!

会社員の夫37歳、アーティストの妻37歳、娘6歳、息子4歳の家族構成。

子供が小さい頃は何かと目が離せません。
家事をしながら、また親が自分の友人と談話している間も子供の様子が確認できたら安心です。

この提案では、見渡せる大きな空間と
子供の好きなこもれる感じの小さな狭い空間がささやかにつながっています。

子供がいつも誰かの気配を感じて過ごせる空間となっています。
img
一階のキッチン・ダイニングからは-0.5階のリビングルームと母の作業場がよく見渡せます。それぞれ各々のことをしていても、常に他の家族の気配が感じられる空間にいます。
img
家中子供の居場所で、いつも家族とつながっています。
img
吹抜けの大きな空間と、キッチン下のこもるような書斎、ベランダに面した母の作業場はひとつながりの空間です。子供が成長したら、しつらえの変化によってこの一連の空間はいろいろな使われ方がされます。
img
-0.5階の書斎のある空間とキッチン・ダイニングの床は開口を通してつながっています。
※画像および平面図には、安全上必要な手すりなどは省略されています。

TOPに戻る
あなたのご意見をお聞かせください!
※2007年のコメント受付は終了いたしました。
たくさんのご意見をいただき、まことにありがとうございました!
ページの上部に戻る